みなさんのお話を読んでいたら、私の話も聞いてもらいたいと思うようになりました。
現在、私は37歳、彼は44歳になります。
彼と付き合うようになってから5年くらいになります。

ある時、両親のことで悩んでいた私は上司である彼の家へ相談に行きました。
平日の夜だったこともあり、こんな時間に相談に行ってもいいか電話で聞いたところ、明るい声で「いいよ。待ってる」とのことでした。
私は以前から彼の爽やかな明るい人柄が大好きで、中年と呼ばれる年齢を感じさせない子供のように無邪気なところも素敵だし、誰にも優しく自分には厳しい彼に憧れのようなものを持っていました。

以前からよく家にお邪魔していたこともあり、彼の奥さんとも顔見知りで、行くと彼が1人でビールを飲みながら待っていてくれました。

「あの、奥さんは?」と聞くと、「今日は実家に行っていないよ」とのこと。

(じゃあ彼と2人っきり?)

急にドキドキしてくる自分を感じていましたが、彼はいつものようにさりげなくコーヒーを出してくれて、色々と相談に乗ってくれました。
私は憧れの彼と2人っきりで、一緒にいて話を聞いてもらえるだけで満足で、その時には相談の内容はどうでも良くなっていました。
私はまだ帰りたくなかったのですが、とりあえず話も終わったのでどうしようかなともじもじしていると、彼の方から、「カラオケでも行く?」と。
本当に嬉しくて、「うん!」と喜んで答えている自分がいました。

近くのカラオケで1時間くらい2人で歌い、恋人のようにデュエットもしました。
久しぶりに旦那や子供のことも忘れて本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

「もう帰らなくっちゃ駄目?」

カラオケを出たところで彼に聞くと、「僕はまだ平気だけど、お子さんや旦那さんは大丈夫なの?」と聞かれて、「もう寝てるから大丈夫」って言っている私がいました。

彼の車は2人乗りのオープンカーで、一度乗ってみたかったこともあり、「ドライブしたい」と言うと、「僕は飲んでるから、君が運転してくれるならいいよ」と言われ、2人でドライブに行くことに。
その車は左ハンドルだったので、シートの調整やライトのつけ方など色々とわからなくて、彼が助手席から手を伸ばして手伝ってくれました。
彼の体が近くにくるたびにいい匂いや体温が感じられ、思わず抱きつきたくなる衝動に駆られて身体の奥が熱くなり、叫びたくなるくらい興奮しました。
何とか気持ちを抑えて運転していると、心地よい夜風が身体の熱を冷ましてくれてほっとしました。

私は高校生で初めて経験した後、2人目の主人と23歳で結婚して以来、浮気の経験などなく、いいなと思う人が現れても何か出来るわけでもなく、自分の性格的にも主人を裏切ることなんて出来ないとずっと思っていました。
だから今回も抱きつきたくなる興奮を抑えることが出来て、内心ほっとしていました。
後から聞くと彼も同じで、私に手を出せずにいたようです。

海岸までドライブしました。
そろそろ夏も終わりということもあり、カップルが何組かいるだけ。
波の音しかしない、とってもロマンチックな雰囲気でした。

車を降りて波打ち際まで歩いて行く途中、私は砂に足を取られ思わず彼にしがみついてしまいました。

「大丈夫!?」

彼が手を差し伸べてくれたんですが、とうとう我慢できなくて、「お願い!今日だけ!」と、自分の腕を彼の腕に巻きつけてしまいました。
憧れの彼の腕にぶら下がるようにしがみついたまま私は黙っていましたが、心臓の鼓動は早鐘のようにドキドキして、体全体がどうにかなってしまいそうに興奮していました。
彼が何か言いましたが、ものすごい興奮状態だったので耳に入らず、何を言われたのかわかりませんでした。

波打ち際の流木に腰掛けると、彼が優しく肩を抱いてキスしてくれました。
長いキスの後、彼がギュっと抱き締めてくれて、本当に幸せな気持ちになりました。

「心臓がドキドキしてる」

彼の手を取って胸に押し当てると、彼はそのまま優しく胸を包んでくれました。
彼はそのままTシャツの下からブラジャーのホックを外し、乳首を指で挟みながら手のひらで優しく胸全体を揉んでくれました。
私は乳首がとっても感じやすくて、彼の指が乳首に触れた瞬間、息が止まってしまうかと思うくらい体全体に電流が走り抜け、思わず声をあげていました。
自分の声に驚いて周りを見渡しましたが、みんな自分達のことで忙しいのか波の音で聞こえなかったのか、誰にも気付かれなかったようでほっとしました。
その後しばらく流木に座りながらキスをしたり体を触ってもらったりしていましたが、「家へ帰ろうか?」と彼が言ったので、もう一度彼の家へ戻りました。

彼の家へ着くと、靴を脱ぐのももどかしく、子供が服を脱がされるようにバンザイをしてTシャツとブラを外され、床に横になって乳首を吸われ、胸を揉まれました。
彼が、「外じゃないから思いきり声を出してもいいよ」と言ってくれたので、大きな声をあげてしまいました。
乳首にキスされただけで、自分でもびっくりするくらい大きな声が出ました。
こんなに感じるとは思っていませんでした。

彼が、「すごく感じやすいし、きれいだね」と言ってくれたんですが、顔とかはっきり見られる明るい場所で大きな声をあげて感じている自分が、恥ずかしいような嬉しいような複雑な気持ちでした。

当然の成り行きで彼の手が私のGパンに伸びてきました。
でもその時、私は生理中だったので、「汚れてるから駄目」と言うと、彼はとっても残念そうな顔になりました。
私も大好きな彼を受け入れたかったのですが、初めてなのに生理中なのはやっぱり嫌で、「お願い、今日は我慢して」と言いました。
その代わり、勇気を出して、「大きくなったおちんちんが可哀想だからお口でしてあげる」と言って、彼のズボンに手を掛けておちんちんを出してあげました。
初めて見る彼のおちんちんは、私でこんなに感じてくれていたのかと思うくらいパンパンになっていて、狭いズボンの中に閉じ込められていたことを思うと可哀想で、思わず頬擦りしてしまうくらい愛おしく感じました。

彼のおちんちんはすごく反り返っていて、『早く入れたい』と訴えているようでした。
私は、「今日はお口で我慢してね」と言って咥えました。
上下に動かしながら傘のところを舌で刺激すると、彼は「気持ちいいよ」と喜んでくれて、とっても嬉しく感じました。
そして上下に動かしながら袋も触ってあげると、彼が「うっ」と言って口の中でイッてくれました。
じつは男の人の精液を口で受け止めたのは初めてだったんですが、大好きな彼の精液だと思うと嬉しくて、しばらく口の中で味わってから飲み込みました。
話では、苦いとか渋いとか臭いとか聞いていましたが、彼の精液はトロっとしていていい香りで、彼のを私の口で受け止めたと思うと幸せな気持ちになりました。

その日はそれで終わって家へ帰りました。
主人も子供もぐっすり寝ていました。
シャワーを浴びてみんなの寝顔を見ていると罪悪感が生まれてきて・・・幸福の絶頂から奈落の底に落ちたようで震えが止まりませんでした。
身勝手な思いで自分だけ幸せになって家族を裏切った罪の意識で、(絶対にもうやめよう。母親として失格だ。一生懸命働いてくれているやさしい夫に申し訳ない)と思いました。

次の朝、罪悪感から家族みんなに目を合わせられなかったのですが、みんなはいつも通りに家を出て、私も仕事に向かいました。
朝、会社に着くと彼がいつも通りの笑顔で「おはよう」と声をかけてくれました。

(やっぱり彼が好き)と思ってしまう自分の身勝手さに腹が立ちました。

それから何事もなく2週間くらい過ぎて、仕事で彼と一緒に車で外出する機会がありました。
何人か一緒だったんですが、遅い時間になったので直帰することになり、彼の家と私の家が最後で車の中で2人だけになってしまいました。
私が苦しんでいることを知らない彼は、2人になった途端、手を握ってきて、車を暗い駐車場に停めました。
私は、彼のことが大好きだということ。
でも主人や子供を裏切ることが出来ないことを伝え、「どうしていいかわからないの」と泣き出しました。
彼は「わかったよ」と言って、優しく肩を抱いてくれました。
ひとしきり泣くと少し落ち着いてきたので、彼の腕の中で色んな話をいっぱいしました。
彼は何も言わずにずっと話を聞いてくれました。

ふと話が途切れて、彼の顔が目の前で、彼の唇も目の前で、何もかもが目の前で、どちらからともなくまたキスをしてしまいました。
すると、あの罪悪感はどこへ行ってしまったのかと思うくらい、乳首にキスされた途端に弾け飛んでしまい、車の中なのに私は大きな声を張り上げていました。
車の中で、それも家から割と近い場所で、私はブラウスもブラも脱がされて、彼に身を任せてしまっていました。
彼がスカートの中に手を入れてきたとき、一度は拒んでみせましたが、感情が理性を上回ってしまい、最後は自分から腰を持ち上げてしまいました。

彼は乳首を吸いながら内股を優しく撫でてくれて、私のパンティの中心部はお漏らしでもしたようにびしゃびしゃに濡れていました。
彼がまだ私の中心に触っていないのに、どこからこんなに水分が出てくるんだろうというくらいで、こんなに濡れたのは初めての経験でした。
早く触って欲しくて、自分からパンティを脱がせてもらいやすいようにお尻を持ち上げていました。
でも脱がせてもらえず、彼の指が中心に来てくれそうで来てくれないので、自分から腰をずらして指に当たるようにするんですが、彼の指はすっとどこかへ行ってしまいます。
もう私は早く触って欲しくて気が変になりそうでした。

やっとパンティを脱がしてもらったときには、それだけでイッてしまいそうなくらい興奮している自分がいました。
いきなり彼が私の一番敏感な突起物にチュウチュウと吸い付き、中に指を入れて奥の色んなところを触られると、何がなんだかわからず泣き叫んでいる私がいました。
狭い車の中で股を全開にして、主人にも見せたことのない痴態を見られていると思うと余計に興奮してしまいました。
彼の指で子宮の裏側を擦られながら同時に突起を軽く噛まれた時は、軽く意識が飛んでしまいそうなくらいにイッてしまいました。
後から彼に聞くと、「ものすごい声だったよ」だそうです。
彼の手は手首までびしゃびしゃになっていて、タオルで手を拭かないと駄目なくらいだったと笑っていました。

しばらく息を整えてから、ピンピンに反り返った彼のモノを正常位で受け入れました。
さっきあれだけ乱れてイキまくったのに、また彼のモノが入り口に触っただけで何がなんだかわからなくなってしまい、今度は絶叫してしまっていました。
さっき指で触ってもらったところに彼のモノ当たった瞬間の快感は、筆舌に尽くしがたいものでした。
イキそうになると彼が遠ざかり、また突き上げてきて・・・。
何度か繰り返されて、「もう駄目!イカせて!」と叫ぶと・・・。

「僕もイクよ!」

「来て!来て!イクー!」

絶叫したところまで覚えています。
彼がイク瞬間、彼のおちんちんが尖った鉄の棒のように感じて、引くときは傘が全開に開いて内臓が掻き出されるかと思うほどの快感でした。

「イクぞ~!」

その声と同時に私の一番奥深いところに彼の液体がビュッとかけられた瞬間、私の意識は再び飛んでしまっていました。
主人ともそれなりにイクことはあったのですが、セックスがこんなに素晴らしいものだとは知りませんでした。
これが本当のイクなんだと初めて実感しました。

彼は私の意識が戻るまで私の中にいて優しく抱き締めてくれていました。
彼のモノは一度イッても小さくならずに私の中でピクピクしていて、私もギューってして余韻を楽しんでいました。

自宅の前までずっと手を繋ぎ、車から降りた私は何食わぬ顔で家に戻りました。
主人と子供達はゲームをしながら、「おかえり!」「今日の晩ご飯は何?」といつもと同じ。
私は彼の残り汁がジワ~っと出てくる幸せな余韻を味わいながら家族の夕食の支度をしました。
なぜか前回とは違い罪悪感もなく、(彼も家族も両方好き!)と思いました。
とても自分勝手な考え方だと思います。
でも彼とのセックスは私の人生にとって忘れられない、離れられないものなんです。
自分勝手ですみませんが、これからも二股を続けていきたいと思っています。