31歳、独身です。
一緒の職場で働いている千裕は40歳で小学生の子供が1人いる人妻です。
千裕が、「仕事のことで相談がある」と言うので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。
食事をしてバーに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートな話になっていた。
だんだん話がエッチな方に行き、「彼氏が欲しい」など言っていた。
旦那とはもう10年ほどエッチをしていないと言う。

バーを出て、赤レンガ倉庫の前の公園に行く頃、2人は自然と手を繋いでいた。
公園に着き、海を見ながら話していたら一瞬会話が途切れ、お互い見つめ合い、千裕が目を閉じた。
唇が合わさった。
両手を千裕の腰に回すと、千裕も首に手を回してきた。
最初はフレンチなキスだったが、舌を入れるのにさほど時間はかからなかった。
唇を顎から首に移しキスを続けると、千裕は微かに「アンッ」と声を出した。
首から耳たぶにキスをして、耳元で「2人きりになれる所に行きましょう」と呟くと、千裕は小さく頷いた。
千裕が俺との関係を了解し、旦那を裏切ることを覚悟した瞬間だ。

ホテルのツインを予約した。
公園からホテルに向かう時、千裕は腕を組んできた。
ホテルにチェックイン、部屋に入ると窓には港の夜景が広がっている。
その夜景に見入っている千裕を後ろから抱き締め、耳元にキスをした。
両手をお腹から胸に持っていき、ワンピースの上から揉んだ。
体をこちらに向け、激しくキスをした。
千裕も公園でのキスには若干の遠慮があったが、部屋に入ると10年分の欲求を爆発させているのか、かなり激しく舌を絡めてくる。

両手を柔らかいお尻に移して揉んだ。
スカートを捲り上げ、網タイツとパンツを膝くらいまで下ろし、生のお尻の感触を楽しんだ。
ワンピースの後ろのチャックを下ろし、肩から紐を外すと、パサッとワンピースが床に落ちた。
千裕も俺のシャツを脱がしてくれた。
ブラを片手で外し、もう片方の手で千裕の太ももの付け根を撫でた。
まだ触っていないが、千裕のオマンコの温度か肌に伝わってきた。
太ももまでエッチな液体が垂れてきていた。

膝まで下ろしたパンツとタイツをすべて取った。
千裕は結婚して初めて旦那以外の男の前で全裸になった。
俺もズボンを脱いで全裸になる。
窓際で全裸のまま体を絡ませた。
千裕の体を窓側に向け、片足を上げさせる。
23階だから外からは見えないが、大衆の前で千裕の体を披露した。
千裕は40歳とは思えぬほどスタイルが良く、真っ白な体をしている。
本当に俺好みのエロい体だ。

窓に手をつかせ、足を半開きにしてオマンコを触ると、もうぐっちょり。
背中に舌を這わせながらクリトリスを弄ると、千裕はたまらず、「アンアン」と声を出す。
舌を徐々に下に移動していくと、「シャワーを浴びさせて」と言った。
2人で一緒に入りたかったが、今回が初めてなので、とりあえず千裕1人でバスルームに入った。
待ってる間、俺はこれから始まる情事のことで頭がいっぱいで股間に血液が集中しているのがわかった。

20分ほどして、バスタオルを巻いた千裕が戻ってきた。
入れ替わりで俺がバスルームに行き、シャワーを浴びた。

部屋に戻るとバスタオルを巻いた千裕がソファでテレビを観ている。
俺は千裕の手を取り、ベッドへ向かった。
ベッドに横になりバスタオルを外し、まじまじと千裕の体を見た。
やはり綺麗だ。

千裕「電気消して」

俺「暗くしたら綺麗な体が見れないから、このままで。恥ずかしかったら目を瞑ってて」

千裕「恥ずかしいよぉ」

超可愛い!

千裕は、163cm、45㎏、B82-W53-H86。
色白で、胸とお尻が本当に白い。
乳首は薄いブラウン。
真っ白なお餅のような胸だ。
ウエストも普通にくびれ、おヘソの横に小さいホクロが一つある。
お尻も肉付きが良く、マショマロのようなお尻だ。
太もももムッチリとしていて、膝から下は太くもなく細くもなく、全体的にいかにも抱き心地が良さそうな体をしている。

最後にオマンコだが、大陰唇はちょいこげ茶で、ビラビラはあまり使われていないのか綺麗。
中は真ピンクで、クリトリスは割りと小さめで半分皮が被っている。
後で知ることになるが、その皮を剥いてクリトリスを剥き出しにすると、かなり大きかった。

電気を消さず、そのまま千裕の唇にそっとキスをした。
千裕は目を閉じて腕を俺に絡ませてくる。
舌を入れて歯茎の裏を舐めてあげると千裕も舌を絡めてくる。
柔らかくて白い胸を揉み、乳首を人差し指と中指で挟んで刺激した。
唇を口から耳にもっていき、耳の穴まで丹念に舐めてあげる。

「アン」と千裕は声を出す。

耳から首、脇から腕へ手の指まで舐める。
そして舌が乳首に達すると、千裕は「アンアン」と気持ちいい声を聴かせてくれた。

乳首を舐めながら指をヘソから下にさげていき、陰毛を掻き分けながらクリトリスに到着。
人差し指と薬指で広げて中指でクリトリスを擦ると、「アー、気持ちいい」と大きな声で喘いだ。
薬指と中指をオマンコの中に入れ、舌でクリトリスを舐めたときには、「アー、ダメ、ダメ、変になっちゃう~」と俺の髪の毛をグチャグチャにしてきた。
舌で転がしながら2本の指でGスポットを刺激していたら、「イク、イク、イク、イク!」と腰を浮かせ、千裕は結婚してから初めて旦那以外の男で絶頂を迎えた。
ただ、「旦那とのエッチではイッたことがない」とは言っていたが・・・。

そろそろ俺のはち切れんばかりのチンコを挿入しようと、指で千裕のオマンコを広げ、「入れるよ」と俺。

「今日危ない日だから避妊して」と千裕。

そう言われても、ここはシティホテルのため、枕元にコンドームは置いてない。

「持ってないよ、やめますか?」

「そのままでいいから入れて!」

「いいですか?入れますよ」

「うん」

カリの部分でクリトリスを刺激して、いざ挿入。

「アアアー」

千裕が結婚して初めて旦那以外の男をオマンコに受け入れた瞬間だ。

「大きい」

俺のは普通だと思うので、旦那のが小さいのだろう。
最初は挿入感を楽しむべくピストンはしない。
焦らされて我慢できないのか千裕は自ら腰を動かし始めた。
エロの素質を持ったいい女だ。
俺は徐々にゆっくりとピストンを始めた。

「アー、好き、アー、気持ちいい」

ピストンを速めると、亀頭が子宮に当たる。

「ア゛、ア゛、ア゛」

もう千裕は声になってない。
今日はとりあえずノーマルで終わらせようと思ったので、正常位オンリーで攻める。
俺も溜まっていたので射精感が近づいてきた。

「イキそうだ、イキますよ!このままでいいですか?」

「来て、気持ちいい、変になっちゃう、イク、イク、イク!」

千裕は腰を浮かせてブリッジのような体勢でイッた。
中に出した瞬間、千裕は体をピクピクさせた。
千裕が旦那以外の男の前で初めて乱れ、旦那以外の精子を子宮に注ぎ込まれた瞬間だった。