自分の初体験の話になるんだが・・・良ければ聞いてくれ。

自分は正直、女性にモテるタイプの容姿ではない。
だが中学生の時、なぜか学年で一番イケてるグループの一員だった。
理由は、グループの男達とは小学校の低学年から何度も同じクラスになっていたおかげで、仲が良かったという部分がある。
なので学年の女子からもかなり好意的に見られてて、女子との私物の貸し借りやプレセントなんかを貰ったりもあった。

当然、そんなグループに属していたのでヤンキー女のグループとも交流があった。
でも、可愛い女子のグループには必ず1人はうるさいブスが混ざってるもので、仲良くはしてもらっていてもモテることはほとんどなかった。
自分はせめてウザがられないようにと、一歩引いたスタンスで女子達とは接していた。

受験で自分は、進学校→県外の大学→県外企業に就職。
なのに最初の配属先は地元って流れ。
高校、大学では中学時代のイケメングループのご威光もないので、当然モテず、童貞のまま地元に戻るはめになった。
もともと転勤族の実家も転勤で、もう地元とは縁もなくなっていた。

(やべえなあ・・・、社会人になっちまったのにまだ童貞だよ・・・)

そんな悩みを抱えながら働いていたんだが、秋頃に会社の先輩から、その当時流行っていたテレクラを勧められた。
休日の前日にワクワクしながらプリカを購入し、深夜に電話スタート。
比較的入れ喰いで繋がって、何人かの女の子と会話し、こちらの電話番号を教えて、再度の連絡を待った。
1人、ガラの悪そうな感じの子に繋がったんだが、年も同じだったし、こちらの番号を伝えて、その日はとりあえず寝ることにした。

翌朝起きてびっくり。
留守電に10人近い女の子からの返信が入っていた。
一番若かった19歳の女の子にデートの誘いの返信をして、その日の午後に会う約束をした。
出かける用意をしていると、昨晩の同い年のガラの悪そうな子から電話が。

「デートの約束を取り付けられたよ」って伝えたら、「結果を聞かせてよ」って凄い喜んでくれた。

19歳の女の子に会ってみると、正直タイプではなくてがっかり。
カラオケ店に向かう途中で自分からバックレてしまった。

(俺は痩せた子がタイプなんだよ・・・ごめんな・・・)

結局そのまま1人で街でブラブラして夜に帰宅。
新しい留守電はその間は1件も入っていなかった。
童貞喪失は諦めて晩飯でも食いに行こうかと思ったところに電話が。

俺「もしもし・・・、どちら様ですか?」

?「ねえ、あたし、あたし。デートの結果はどうやったん?」

電話の主は例のガラの悪そうな子だった。
内容は詳しく話さずに、まあ失敗だったと告げると優しく励ましてくれた。
そこで俺が、「これから晩御飯でもどう?」と誘うと・・・。

?「まだ子供が寝てないから21時過ぎくらいなら・・・」

同い年で、てっきり独身だと思っていたらなんと子持ち。
しかも2人。
旦那は40オーナー!
不思議に思いながらも待ち合わせてファミレスへ。

会ってみてびっくり。
中学の時の女ヤンキーグループにいたTだった。
向こうも知り合いだとは思わなかったようでびっくりしてた。
まあ下心丸出しのテレクラということでお互い恥ずかしかったんだけど、とにかく一緒に食事をすることに。

ヤンキー女グループの中でも彼女はちょっと異質な存在だった。
いいとこの子が悪ぶってるんじゃなくて、家庭環境が少し複雑だという噂があった。
自分はイケてるグループだけどオマケみたいな立場。
まあ本来交わることのない人種なので、彼女のことはすっかり忘れていた。
8年ぶりの再会だったんだけど、お互い一発でわかったのが不思議だった。
彼女は中学からそのまま進学も就職もせず進路不明。
そんな彼女の進路には興味もなかったので、彼女の噂を聞くこともなかった。

「デートの失敗、残念やったねえ」

そう慰められながら、お互いの中学卒業後のことや中学時代の思い出話で1時過ぎまで盛り上がった。
そして別れ際に彼女が一言。

T「ウチな、家にお風呂ないねん。明日の休み、子供をお風呂入れたいからちょっと付き合ってよ」

(子供をお風呂にって・・・、旦那はいいんかいな?)

それまでは懐かしい知人としてで、女性としては意識していなかったので、その発言にびっくり。
とりあえず明日のお昼にお風呂へ行こうということで約束したんだが、別れ際に彼女が言った。

T「カラオケしたいし、カラオケ設備がある所がいいなあ・・・」

彼女と別れた後、童貞なりにお風呂とカラオケの両立の意味するところは・・・!
ニヤニヤしながら帰宅し、久々に見た大人になった同級生の彼女を思い出して抜きました。

ちなみに彼女の容姿は、痩せ型で女性にしては少し背が高め。
顔は昭和のエロ本によくあるような、なんか影のありそうなセーラー服を着たままヤられてる、やさぐれた女って感じで、髪型は全盛期の大黒摩季みたいな感じ。
ちょっと大人びた感じだったけど、影のある雰囲気は中学の時そのままだった。

翌日の昼食後に落ち合って、いざ出発。

俺「風呂とカラオケがセットって、そんなんある場所、俺、1ヶ所しか思い浮かばんわ・・・」

Tは煙草をふかしながら無言。
子供2人(幼稚園と幼稚園前)は後部座席ではしゃいでる。
盛り上がらない車内の会話・・・。
国道沿いのホテル街に進んでも彼女は無言。
ホテルの駐車場に車を停めたら子供達と荷物を手際よく抱え、スタスタと進む彼女。

子供がいたんじゃ今日は無理かな?
俺、音痴やし、カラオケ苦手やし、帰りたい・・・。

部屋に入るとすぐに彼女は子供達を風呂に入れる。
覗く勇気もなく、その後は彼女に促されて俺も1人でお風呂に入ることに。
お風呂の後は彼女とベッドに腰掛けてカラオケ大会。
普段、自分が聞くようなジャンルとは全く違う彼女の選曲に戸惑う俺。
そんな俺に気遣ってか、彼女が選んだ曲が、なぜかロンリーチャップリン・・・。
子供達が室内を駆け回る中、彼女と歌うことに。
歌い終わると彼女が子供達に一言。

T「ちびまる子ちゃんが始まるよ、大人しく見ときな」

チャンネルをテレビに切り替えると、彼女が俺の隣へ。
そのまま横にピッタリとくっ付かれて、そのまましばらく時間が流れる。
心臓はバクバクだったけど、余裕のあるふりをしながら・・・。

俺「子供いるし、まずいよね?」

T「いいから・・・」

初めて見る家族以外の女性の生の裸。
子供を2人産んでるのに乳首もピンクであそこも綺麗なまま。
バストもちょっと前までは母乳も出てたらしいんだが・・・残念。
初体験から母乳プレーのチャンスだったのにw

キスした時に彼女から舌を入れてきたのでビクッとなってしまい、童貞であることがひょっとしたらバレてたかも。
彼女のヤニ臭いキスにちょっと戸惑いながら胸を吸ってると、ちょっと変な臭いが。
彼女、軽いワキガだったんだ・・・。
でも不思議と嫌悪感はなかった。
脇は舐めなかったけど。

初めて舐めたアソコ。
感想は・・・。

(ちょっと生臭いけど、舐められないことはないな・・・。いや、むしろ舐めまくりたい!)

彼女のアソコを舐めてる時、彼女は俺の頭の上に布団をやたら掛ける。

(恥ずかしがり屋なのかな?)

なんて思いながら暗闇に目が慣れてくると、何か見たことあるような、だがあり得ないものが見えてくる。

(ば、薔薇?)

なんと、8年ぶりに再会した同級生の太ももには一輪の薔薇の花が咲いておりました。
ちょっとびっくりしたんだけど、アソコを一心不乱に舐めながらも目は薔薇に釘付け。
舐めながら、(ああ、彼女はこれを見られたくなかったんだな)と思いながら挿入へ。
でも入れ方がわからないもんだから・・・。

俺「俺、上に乗ってもらうのが好きやねん。いい?」

童貞ってことがばれてないかな?
彼女は感じているんだろうか?
それよりも、2人の子供達は?

俺はどうやらオナニーのし過ぎで射精障害になっていた模様。
彼女が腰を振るのを眺めながら色んなことを考えてた。
今、冷静に思い返すと、薔薇ではなく牡丹だったのかもしれない。
中学の時の彼女との会話シーンを思い浮かべながら、(同い年なのにずいぶんと過酷な人生を歩んで来たんだろな・・・)なんて考えながら一生懸命に腰を振る彼女を眺めていると・・・。

ガシャンッ!

聞き慣れない音が・・・。
彼女も突然の音にびっくりして振り返ると・・・、さっきまでテレビアニメに釘付けだった下の子が、室内にある大人のおもちゃの販売BOXのレバーを下げて遊んでいたのです。
慌てて彼女と一緒に子供の手を押さえて確認すると、小さなミニバイブがBOXから飛び出していました。

T「ゴメンね・・・。どうしよう?返品出来るかな?」

俺「返品不可って書いてある・・・困ったな。あのさ、コレ使ってもいい?」

というわけで、初体験なのにいきなり変態オヤジさながらのオモチャプレイまで経験出来るという、思い出深い初体験でした。