『どうしょう』

不倫相手の晴美から珍しくLINEで相談が来た。
いつもは挨拶程度なんだが・・・。

『どうした?浮気がばれたか?』

俺は冗談めいて返事をした。

『違うし!旦那が、私が他の人としてるのを見たいって』

晴美はこの2年くらい、旦那とは夜の生活がなかった。
彼女からしてみたら、たまの俺との情事で満たされていたようなのだが、旦那はそうじゃなかったらしい。
中年に入り、元気がなくなって、刺激が欲しいと思うようになってきたらしい。
最初は冗談だと思って相手にしなかったようなのだが、ある掲示板に『妻を抱いて欲しい』という募集を出したた投稿を見せられて、ヤバいと思ったようだ。
旦那の前で他の人とセックス・・・。
まあ、普通は嫌だろう。

いくつか掲示板に返事があって、相手の写真見せられても断り続けていたら、今度は旦那の知り合いの写真持ってきたと言う。
そこで、『じゃあ俺がその投稿に返事するわ!』ってことで話を付けた。

待ち合わせの場所に行くと、体格のいい旦那さんと晴美が待っていた。
初めて会う設定なので愛想よく挨拶した。
お茶を飲みながら旦那さんから説明を受けた。

・妻が痛がることは止めて欲しい。
・あとで旦那さんが抱くので中出しは止めて欲しい。

晴美は説明を聞きながら耳まで真っ赤にしていた。
俺は晴美の身体を熟知している。
普段は中出し!
口内発射はいいが、顔射は嫌がる。

程なくして俺たち3人はラブホテルに入った。
緊張している旦那さんにソファーを勧めた。
そして、「ご主人、もし途中でやりたくなったら参加しては?」と提案した。
晴美は一瞬、『余計なことを言わないで!』と言いたげな表情をした。

いつも晴美とやるときは部屋をかなり暗くするのだが、旦那さんに見せないといけないので、やや明るめにした。
俺はいつものように晴美を抱き寄せて、目を見ながら唇を寄せた。
旦那がいるということで、さすがに軽く抵抗するも唇を合わせると激しくキスをしてきた。
晴美の方から舌を絡ませてくる。
旦那とはしないような激しいキス。
旦那さんの食い入るような目と合った。
晴美はキスだけですでに反応していた。
晴美の手を俺のペニスに当てると、ズボンの上から形を確かめるように撫でてきた。

「大きい?」

わざと聞いてみた。
晴美は「うん」と返事をした。
弱点の耳に息をかけた。

「駄目~、そこ駄目!」

逃げるように頭を振る。
鳥肌が一気に立ってきた。
旦那さんがズボンの上からペニスを押さえているのがわかった。
さんざん耳を攻めながら晴美の下を全て脱がした。
すでにあそこはいつでもOKとばかりに濡れていた。

いつもならクリトリスで何度かイカせて、焦らしながら挿入するのだが、旦那が見てるので今日は一気にいこうと思った。
彼女の顔が旦那に見えるように向きを変え、怒張したペニスをおまんこに宛てがい、数回入口で馴染ませてから一気に晴美が一番感じる奥まで挿入した。
いきなり奥に入れられた晴美は思わず仰け反った。

「ああ~すごい・・・」

そう言うと俺に夢中で抱きついてきて、恍惚の表情しながら身体中を痙攣させて果てた。
旦那さんの唾を飲み込む音がする。
まだ彼女のおまんこに突き刺さったまんまだ。
彼女の片足をあげるとペニスで奥を擦りつけた。

「駄目~またイッちゃう!あんイクイクイク・・・」

今日はイクのがめちゃくちゃ早いなと思いながら、続けざまに3回イカせてやった。
ペニスを抜くと晴美はベッドに倒れ込み、しばらく痙攣していた。

俺は旦那を見た。

「旦那さんもどうですか?」

「すごいです。妻の『イク』という声を初めて聞きました。私はまだ見てますから・・・」

その声は渇いてしゃがれていた。
まさか、今目の前で繰り広げられているセックスが、奥さんとその不倫相手だとは夢にも思わないだろう。
俺は旦那さんの気持ちが知りたくて、トイレと言って洗面所に入った。
そして耳をそばだてた。

「あんなに簡単にイカされて・・・そんなに良かった?」

晴美の声は聞き取れなかったが、あとから聞いた話だと、「久々のエッチだったし、あなたが見てるし、それに凄い硬くて太いから・・・」と話したらしい。

しばらくしてベッドに戻ると晴美は髪を直していた。
まだ終わってない。
まだ数回ピストンしただけだ。
俺は収まらないペニスを旦那さんにわざと見せつけるように、ペニスを晴美の顔に近づけた。
彼女は旦那の存在を気にすることもなく、いつものようにペニスをしゃぶりだした。
深く咥えたところで晴美の頭を押さえた。
目を白黒させながら俺の太ももを叩く晴美。
ペニスを口から出すと、俺を睨みつけるように咳き込んだ。
晴美はわざと音を立てて、ペニスをしごきながら、いつも以上にいやらしくしゃぶってくる。

「奥さん、上手いね~。旦那さんが羨ましいなぁ」

俺はうそぶきながら彼女のフェラをしばらく堪能した。
旦那さん我慢できないのか、しきりにズボンの上からペニスを押さえてる。

「ありがとう。じゃあ上から来て」

俺は騎乗位を要求した。
じつは彼女から、旦那と騎乗位をやったことがないと聞いていた。
俺はわざとリードするように晴美の陰部にペニスを宛てがい、ゆっくりと腰を下ろすように指示した。
ペニスが彼女の中をいっぱいにしながらめり込んでいく。
奥まで入った途端、下からペニスを凄まじい速さで打ちつけた。
余裕がなくなった彼女は一気にボルテージが上がり、野獣のように自ら腰を前後に振りだした。

「・・・いい・・・気持ちいい・・・あっあっあっ、駄目、イキそう!」

その後は旦那にとってかなりショックな映像となった。
晴美は騎乗位が弱い。
簡単にイク。
まあ俺からしたら楽だし、恍惚の表情で乳房を揺らしながら勝手に果てる人妻は最高だ。

「・・・イキそう・・・あんあっあっ・・・イクイクイク・・・」

晴美は果てると、全身痙攣させながら俺の方に倒れ込んでくる。
いつもなら、これを2回くらいやって許してやるのだが、旦那さんが見てるので続けざまにこれを繰り返した。
3回目で晴美は、「許して・・・」と言ってきた。
もちろん許すはずがない。
その後はほぼイキっぱなしになり、泣きながら何度も身体を硬直させ、震わせた。
最後は意識朦朧となった。
旦那さんがペニスをしごき出した。
旦那さんのペニスからすぐに精液が飛び出した。
騎乗位から、休み間を与えずに晴美の片足を上げ、指でGスポットを責めてやる。

「そこ駄目!」

彼女が叫ぶ!

「あ~」

俺はそのまま指でスポットを掻き出すように刺激した。

「・・・お願い・・・もうやめて~」

その瞬間、指先が温かくなり、旦那さんに向けて潮を吹いた。
凄い量だ。
続けるとすぐにまた潮が出る。
布団や床がびしょびしょだ。
その後、晴美をバックから犯し、旦那には口でご奉仕させた。
旦那さんの2回目の射精は晴美の口の中だった。
俺の知る限り、晴美が旦那の精液飲んだのは初めてのはず。

それからも休息を挟みつつ、2時間ほど晴美を攻めた。
涙と涎でグチャグチャな顔に俺はたっぷりと射精した。

後日談。
その夜から1週間くらい毎日、晴美は旦那に襲われたようだ。
そして旦那からは、「こんなにエッチな女だとは思わなかった」と、何かあるたびに言われているらしい(笑)