高校の時の話です。

うちの学校には『実習』という、企業に行って働く体験学習がありました。
当時担当だった長縄先生は、ウルフっぽい髪型の既婚の男性でした。
親しみやすく人気もありました。

「たける、今日の仕事はどうだった?」

「はい!上手くできたと思います」

コンビニの駐車場に停めた先生の車の中で報告しました。
先生は車を駐車場から出して、人気のないところに停めました。

「・・・なあ、たける。オナニーはしたことはある?」

「な、ないです」

とっさに嘘をつきました。

「いいこと教えてあげるよ」

そう言って長縄先生は俺の膝に手を乗せて擦ってきました。

「せっ、先生。ダメですよ」

「これは、いいことなんだよ」

先生が俺のジッパーに手を伸ばしてきました。
初めてのことのでビックリしたけど、興奮もしていました。

「なんだ、もう勃ってるじゃないか」

「ち、ちがいます」

とっさに俺はペニスを両手で隠しました。

「ざっと13センチくらいか。可愛いな」

長縄先生は俺の手をどけてペニスを触ってきました。
いけないことだと思いながらも、湧き出る興奮を味わっていました。

「たける、どうだ。気持ちいいだろ。目を瞑ってみろ、もっといいことしてやるから」

長縄先生はニカッと笑いながら話してきました。
俺はその言葉に従いました。
快感のその先を知りたい気持ちが優先したからです。
薄目で見ると、長縄先生の顔が股間に近づいてきたのが分かりました。
その瞬間、生温かい感触が身体を走り抜けました。
そう、長縄先生は俺のペニスを咥えたんです。
あまりのことに呆然とする間もなく、俺は気持ちよさに体を委ねました。

「たける、どうだ。感想は?」

「はい・・・。温かいです」

「じゃあ今度はオナニーの仕方を教えてやるよ」

そう言うと長縄先生は、スラックスを膝まで下げました。

「こうやって擦るんだよ」

「はい・・・」

俺は長縄先生の行為を見て興奮しました。
そして同じように自分のペニスを擦りました。

「違う、こうやって擦るんだよ」

長縄先生は俺の手を自分のペニスに導きました。
俺のより全然デカくて、たぶん18センチくらい。
それに反りがあって、太さもありました。
長縄先生は俺の手の上に自分の手を乗せて握り方をレクチャーしてくれました。

「もっと強く握って」

俺は長縄先生のペニスを強く握ってしごきました。
次第に長縄先生の声が漏れてきました。
長縄先生は一度行為を中断すると、DVDを出して映像を流しました。

「いいものを見せてあげるよ」

その動画は、寝ている男の体をもう1人の男がそっと触るという内容でした。
最初は短パンの上から股間を触り、短パンをズラしてペニスを引きずり出します。
その直後、男はパクッとペニスを咥えました。
俺はその行為にビックリして目を逸らしました。

「よく見てごらん。これは男同士でするもんだよ。たけるにもさっき先生がしてやっただろ?」

俺はゴクンと唾を飲みました。
異常なことはわかっていましたが、その先を知りたくて仕方がなかったんです。

(俺も異常なのかもしれない・・・)

俺はこの時、そう思いました。
他人のペニスを触ったときの生温かい感触がまだ手に残っていました。
自分でもしてみたい気持ちになりましたが、「してもいいですか?」と言うことは出来ませんでした。

「・・・ペロッとしてみようか?」

長縄先生が押し殺した声で言いました。
俺は覚悟を決めて長縄先生のペニスを握りました。

「そうそう。じゃあここを一周ペロッとしてみようか?」

長縄先生は亀頭を舐めるように指示してきました。
先生の股間からはボディソープの香りがしました。
思い切って舐めてみました。
それは無味無臭で、柔らかいゴムのようでした。

「感想は?」

「柔らかいです」

長縄先生は後頭部に優しく手を置きました。

「もう一度してごらん」

自分からしたら変態だと思われるので黙っていたけど、すごく続きがしたくてたまらなかった俺は長縄先生の言葉に従いました。
すごく興奮しました。

「・・・上手だよ、たける。ペロッはできたから、今度はパクッとしてみようか?」

俺の待っていた言葉です。
俺は長縄先生のペニスの根元を片手で握り、口を近づけていきました。

「あ・・・」

含んだ瞬間、長縄先生が声を漏らしました。

「感想は?」

「温かいです」

長縄先生は手を俺の頭に乗せて、わしゃわしゃと撫でてきました。

「もう1回して」

俺は待ってましたとばかりに先生のペニスを頬張りました。
学校で人気の長縄先生。
それが、こんな事をする人で、しかも俺は今、先生の大切なところを舐めている。
それだけで俺は幸せでした。
でも、先生はそれ以上を俺に求めることはせず、自分でペニスをしごきはじめました。

「たける、見てろ。もうすぐ精子を出すぞ」

長縄先生の手の動きが激しさを増しました。

「あ・・・イクっ」

長縄先生は果てました。
初めて他人のイクところが見れて、長縄先生が喘いでもいるところも見れて、とても幸せでした。
その後、先生は素っ気なくパンツを戻すと、まるで何もなかったようにいつもの先生に戻りました。

「明日は最終日だから頑張れよ」

「はい。ありがとうございました」

「何がありがとうなんだ?(笑)」

俺は夢でも見ていたのかと思いながら、長縄先生の車を見送りました。