私は地方の某県の市立大学に通う女子です。
2年生になり、ある科目の授業で2年生の男子と知り合いました。
彼は浪人しているので私より1つ年上でした。
顔立ちはソフトで、しゃべり方が優しくて、私はすぐに彼に惹かれました。
田舎の山の中にある公立大学ですから地味な学校ですが、彼はよその県から来ている人で、雰囲気は垢抜けていました。
授業の後、大学のカフェで何度かコーヒーを飲んだり、市内の繁華街に買い物に一緒に行ってもらったこともあります。
彼は原付バイクの通学ですが、私は軽自動車で通学しているので、お買い物の時は私の車で行きました。

そんなことを何回か繰り返していましたが、彼の方からは一向にアプローチしてきません。
彼女はいないと聞いていたので安心はしていましたが、(私には気がないのかな・・・?)と不安になったりしていました。

(あまり女の子に興味がないのかな?もしかして・・・)とも思いました。

顔立ちがほんの少しですが女の子っぽいところもあったからです。
私は夏には20歳になるので、それまでには初体験をしておきたいと思って、ちょっと焦っていました。

彼のアパートから近いコンビニでバイトしてて、夕方から深夜にかけての日と、深夜から朝にかけての日があるということでした。
その日は、夕方から深夜のバイトの日だったので、私は終わりの時間の深夜に車で行ってみました。
そのコンビニは郊外店なので、かなり広い駐車場があるので便利でした。
彼は私を見るとはにかんだような顔をしました。

「もう終わりでしょ?」

「うん」

私は雑誌を立ち読みして待ちました。
終わった時に、「これから部屋に遊びに行ってもいい?」と思いきって言いました。

「これから?」

「うん」

「でも汚いよ」

「平気、平気」

(せっかく女の子の私から、こんなに遅くに来ているのに・・・)

私は気を取り直して、「ねぇ、アパートに車停められる?」と聞くと、駐車場は住人用だけでいっぱいだから無理ということでした。
彼の原付では2人乗りはできないので、バイクも車もコンビニに停めたまま、歩いて帰ろうということになりました。
彼のアパートは歩いて7分くらいでした。
途中、急な坂道があったので、結構しんどい感じでした。

部屋は典型的なワンルームタイプで広くはありませんでしたが、彼の小綺麗な見た目に反して、足の踏み場もないほど散らかっていました。
私は部屋のまん中に置かれている座卓テーブルの空いてるスペースに座りました。

「家の方は大丈夫なの?こんな遅くに出かけて?」

「うん、急ぎのレポートを女友だちの所で徹夜でやるって言って出て来たから。だからお風呂も入ってきてるし」

「あ、そうなんだ。しっかりしてるね」

(あんたがしっかりしなさいよ・・・)

「何にもないけど、夜食にカップ麺でも食べる?」

「うん、食べよう!」

2人でカップ麺をすすりました。
彼はお酒は飲まないので飲み物はコーラでした。
私はヒラヒラの可愛いミニスカートを穿いていたので、座っている時に脚を組み替えたりして何度もパンツが見えたはずです。
彼も少し動揺しているように見えました。

「ねぇ、エッチなDVDとか観てるんじゃない?」

「そんなのないよ」

そっちに話題を振ろうとしましたがだめでした。

「あ、なんだか肩が痛いな・・・」

「え?」

「私、肩こりで・・・。ちょっと肩、揉んでくれる?」

「あ、いいよ」

彼は私の背後に回り、肩をゆっくりと揉んでくれました。

「痛くない?」

「うん、上手じゃん、とっても気持ちいい」

ここまでお膳立てをしたら、普通はそのまま迫ってくると思いましたが、彼は肩を揉み続けるだけでした。

「ねぇ、ちょっと背中も・・・肩だけじゃなくって、背中も凝ってるみたいだから。そこ、横になっていい?」

私はべッドにうつ伏せになりました。
いきなり人のベッドに入るなんて図々しいかと思いましたが、他に方法を思いつきませんでした。
ベッドは男の子の体臭がして、私は欲情してきました。
まじめな彼は私の言う通りに背中も指圧してくれました。

「あ、すっごくいい感じ・・・なんだか、すーとする。ね、もうちょい下、腰のあたりも」

腰のくびれを揉まれると、私はだんだん感じてきました。

(あ・・・感じる・・・)

もうアソコがヒクヒクして、濡れていました。
私は自分でもお尻の形には自信があったのですが、彼は目の前に美味しそうなお尻があっても手を出してきませんでした。

(彼は細身が好みなのかな?もう少しダイエットしとけば良かったかな)

「ねぇ・・・今度は・・・」

私は仰向けになりました。

「次はどこ?」

(もう、バカ・・・!)

「あ、脚の付け根・・・」

「脚の付け根?」

「うん、この辺り」

私はスカートをちょっと捲って、そのあたりを指差しました。
もうパンツが丸見えでした。
また彼は黙って言われたまま、そこを揉んでくれました。

「あっ、あぁ・・・」

私が変な声を出しているのに、彼はパンツを脱がせようともしませんでした。

「ちょっとこれ、邪魔だから脱ぐ・・・」

「えっ!?」

我慢できなくなった私は、自分でパンツを取って股を拡げました。
そして自分の指でアソコをクパァと拡げました。
私は自分でオナニーする時、鏡を見ながら自分のアソコをクパァしちゃうんです。
ここまですれば男の子は我慢できないはずだと思いました。

「ね、ここもジンジンするから・・・」

私は彼の手を取りました。
やっと彼は私の股間を愛撫し始めました。
その愛撫はぎこちないものでしたが、クリトリスを擦られると気持ちがよくなり、さらに溢れてきました。

「あっ、あっ・・・!」

私が股を開いたまま腰を動かすと、彼も我慢できなくなったようで思いきり舐めてくれました。

(このために家でお風呂に入って綺麗に洗ってきたんだから!)

彼は舐めながら、せわしなくジーンズとパンツを脱ぎ、硬くなったモノを私に握らせました。

(男の子のってこんなんなんだ・・・)

どうやら彼も初めてだったのか、入れ方がよくわからないようでしたが、私はまた自分でクパァと開いて、入れやすいようにしてあげました。
膣の入り口に当たったのを感じたので、「そこ・・・」と私が言うと、彼は入ってきました。

「い、痛ぁっ・・・!!」

これが私の初体験でした。
ちょうど生理が来そうな時だったので危なくはなかったと思いますが、念の為に「外に出して」と言うと、彼は外に出してくれました。
彼のが入っていた時間は1分くらいでしたが、痛かったので私にとってはいい感じでした。

今も彼とは恋人として付き合っています。
もちろんいつもちゃんとスキンを付けてしています。