私は地方都市に住む40代の独身中年男です。
1年ほど前から、取引先の若手社員Kの妻と不倫関係が続いています。

Kは私の会社が使っている制作会社の若手社員でしたが、仕事以外に地元クラブでDJをしたりと交友関係も広い男で、20代からクラブに通っていた私は彼がレジデントを務めるパーティによく出かけるようになりました。
Kは私と違って身長も高くイケメンで、女の子にもよくモテました。
仕方がないことではありますが、チヤホヤされるKを横目で見ながら本当に羨ましかったものです。

そんなある夜、クラブで初めてKの妻のミキを紹介されました。
ミキはKよりひとつ年上の26歳。
タレントの三船美佳に似た顔立ち、170cm近い長身できれいな小麦色の肌をしていました。
私と比べて頭ひとつ分くらい背が高く、黒のビキニタンクトップにデニムのホットパンツという露出度の高いファッションが眩しいほどの色香を発散していました。
その脚線美の素晴らしさはもう、その場でむしゃぶりつきたくなるほどでした。
私はKに対して胃の腑が燃えるような嫉妬を覚えたものです。

ミキは外見の印象と違い、話してみると意外に物静かな落ち着いた子でした。
どうしてこんな子がKと結婚したのか不思議に思うほどでした。

たまたま好きな映画やアーティストの話で意気投合したのがきっかけで、その夜のうちに私とミキは友人関係になりました。
旦那の得意先だからということもあったと思いますが、のちにミキから聞いたところ、その頃からKとの関係はかなり険悪なものだったようです。

私とミキは他にも共通点がありました。
彼女もかつては夢を抱いて東京に住んでいたのですが、色々とあってこの地方都市に移ってきたという過去があり、昔からの友人も少なく、同じような経験を持つ私に親近感を持ったのも自然な流れだったのかもしれません。

それからミキとはよくクラブで会って話すようになりましたが、会えば会うほど私はミキに対して狂おしい思いを抱くようになりました。
ミキのほうも私の気持ちには気がついているようでした。

やがてSNSメールで連絡を取り合うようになり、一緒に映画を見に行ったり食事をしたりするようになりました。
ミキの何気ない仕草。
髪をかきあげたり、たまに唇から舌を覗かせたりする仕草のひとつひとつがたまらなくオスの本能を刺激しました。
Kに申し訳ないという思いも多少ありましたが、会えば必ず自分のナンパ自慢をするKの軽薄さに煽られる部分もあったと思います。

私はもう必死でミキを口説きました。
相当にしつこかったと自分でも思います。
それでも私はミキが欲しくて欲しくてたまりませんでした。

「ミキちゃんがそばにいてくれるなら死んでもいい」

15歳以上も年齢の離れた年上の男から口説かれた経験などなく、今まで年下と付き合ったことしかないというミキにとって、私は新鮮に映ったようでした。

そしてある夜、Kが上海に長期出張に出かけている間に、私とミキはついに肉体関係を持つに至りました。
ミキが私の熱意に根負けした形でした。
夢にまで見たミキとの初めての夜。
港の花火大会が近い、蒸し暑い夏の夜だったのを憶えています。

私はミキを自宅のマンションに連れ込み、明け方までその体に吸いついたまま離れませんでした。
ミキはそれまで半年くらいセックスレスの状態だったらしく、私のような中年男のじっくりと吸いついてくるようなセックスはたまらなく刺激的だったようでした。
舐め好きで匂いフェチの私は、「シャワーを浴びたい」と言うミキの懇願を許しませんでした。
触るか触らないかのフェザータッチで体中を愛撫され、汗ばんだ肌をねっとりと舐め回されて、ミキは全身に鳥肌を立たせて感じまくっていました。

「お願い、もうだめ、もう許して、狂っちゃう」

濡れきったあそこをしつこくねぶられ吸われながら、ミキは何度も何度も昇りつめていきました。
ミキの子宮の中に入っていった頃にはもう明け方近くになっていました。

「お願い、動かないで、動いたらすぐイキそうなの、ああ、だめえッ!」

「ああミキ、ミキ」

「はあああンッ!!」

私とミキはキスを繰り返しながらお互いの粘膜を擦り合わせ、高ぶってくるとまた動きを止めてねっとりと舌を絡ませ合いました。
両手首を押さえつけ、汗ばんだ腋を吸い立てながらじっくり腰を使っていくとミキはすすり泣くような、たまらない声を洩らしながらよがり狂いました。

それから2日間、私はミキをベッドから離しませんでした。
一度だけKからミキの携帯に国際電話が入りましたが、ものの1分で電話を切ってしまい、2人の仲が冷え切っているのは明らかでした。
電話を切ったあと、ミキはそれまでになく積極的に自分からキスを求めてきました。

「ミキ、もう離れらんないよ」

私は大柄なミキの体にむしゃぶりついていきました。

「ああん、私も、もう離れらんない、もうだめ」

その言葉を聞いたとき、私はもう天にも昇る思いでした。

私とミキは、それからKの目を盗んで逢瀬を繰り返しています。
あれから1年経ちますが、40代の私にとって若い女の子の肌は飽きることがありません。
私の要望に従ってミキは避妊ピルを飲むようになり、Kとのセックスは完全に拒絶しているということです。
離婚するのは面倒くさいという理由でKがなかなか離婚に応じないため、別居する方向で話が進んでいるようです。

しかし、私とミキのSMプレイの内容を知ったら、さすがのKも離婚に同意するんじゃないかと思います(笑)