幼い頃に父が亡くなったので、大学の近くの喫茶店で雇われ店長をする母に女手一つで育てられました。
私は中1の頃にはすでに168cmと、今と同じくらいの身長があって、発育が良かったんです。
なんとなく同級生とはあまり遊ばなくなり、暇な時には母の店を手伝うようになっていました。
店では高校生くらいに見られていたみたいでしたが、特にルックスが良いわけでもなく、母の方が人気者でした。

店が休みの日には、母は2回に1回の割合で、朝10時~夕方6時くらいまで出かけました。
当時まだ30代前半でしたし、ぱっと見は20代だから、きっと好きな人がいたのだと思います。

母もいなくてやることのなかった私は、とりあえずレンタルビデオを返しに行きました。
新しいのを借りようとしたら財布を忘れてて、そのまま店を出ました。

「まきちゃん!」

声をかけられて振り返ると、お店によく来る大学生の武さんでした。
見た目は普通ですが、今考えるとヲタクかも・・・。
でも当時の私には、“アニメ好きのやさしいお兄さん”でした。

レンタルを返して帰るところだと話すと、「暇ならうちでビデオでも観ない?俺ん家、この上なんだ」と言うので、ついて行きました。

部屋のラックにはテレビ番組の録画やダビングされたアニメのテープがあって、見たことがないのもたくさんありました。
爪だけ折ってラベルの貼ってないテープが何本かあり、武さんに聞くと、それはアダルト系のアニメでした。

「まきちゃんって、そういうの興味ないだろ?」

当時、大人の世界に興味津々だった私は観たくてたまりませんでしたが、エッチな女の子だと思われるのが恥ずかしくて普通のアニメを観ることにしました。
観始めてしばらくすると電話があり、武さんは出掛けることになりました。
1~2時間くらいで戻るということだったので、私は1人部屋に残って続きを観せてもらうことにしました。
でも、それから1時間経っても武さんは帰って来ず、ビデオも終わったので、ついアダルトアニメに手を伸ばしてしまいました。

そこには私の知らない世界がありました。
夢中で観ていると、お股のあたりがジンジンしてました。
生理前でナプキンを当てていなければパンティーが凄いことになってたはずです。
エンドクレジットに入りかけた頃、突然ドアがガチャッと開き、「ただいま~!」と武さんが帰って来ました。
私は驚いたのと恥ずかしさでフリーズ。
武さんもなんて私に声をかけたら良いのかわからず、重たい空気が・・・。

「は、はは、な、なんだまきちゃんって、こういうのに興味あったんだ・・・」

やっと武さんが口を開いたけど、私は何も言えませんでした。

「ま、まあ、そういう年頃だよね・・・家でも、こ、こういうの観てるの?」

「ううん・・・」

やっと喋れました。

「そ、そうだよね、親にはこんなの観てるなんて言えないよね・・・は、ははは・・・」

武さんの悪意のない天然な発言。
でも私は、このことが母に知られたら叱られるって思いました。

「じゃあ友達か、彼氏の家でとかで観たことは?」

「ううん、観てない・・・」

「じゃあこういうのって初めて観たの?」

「うん・・・」

次のビデオが始まっていました。

「そうか・・・でもビデオみたいなことをしたことはあるんだろ?」

「ううん、ない・・・」

「まだなんだ・・・じゃあ興味津々だろうね・・・」

そんなの答えられません。
武さんは体育座りをしている私の後ろに座って肩に手を置きました。
ぞわぞわ~と何かが体の中を走りました。

「これの真似、ちょっとしてみようか?」

武さんは私の了解もとらずに後ろから手を回してお腹の前で私を抱きました。
ビデオも同じようなシチュエーションです。
ぞわぞわ、びりびり、くすぐったい感覚・・・。
そして武さんはゆっくりと手をおっぱいに。
ビデオの中の出来事が自分の身に起こっていました。

私はビデオのヒロインにシンクロしてしまっていたし、武さんは一言も喋らずビデオの内容をトレースしてましたから、聞こえるのはビデオの音声だけ・・・。
Tシャツを脱がされて、ブラを外されてもほとんど抵抗しなかったし、スカートとサニタリーショーツも同様にされるがままでした。

横たえられておっぱいに口をつけられたあたりから、部屋にはビデオの音声だけでなく私の声が混ざり始めていて、現実世界に戻りつつありました。
ワレメに武さんの手が伸びてきて、触られるとますます声が止まらなくなりました。
舐められると絶叫に近い声を上げてしまいました。

それでも武さんが入って来る時は、入口がゆっくり押し広がるのと、中が奥に広がっている感覚がはっきりとわかり、息が抜けるような、「はぁあ~~」って感じの声を上げてました。

(もうダメ!いっぱいいっぱい!)

そう思った時、武さんのお腹が当たりました。
武さんはそこからゆっくり動き出し始めました。
ヒリヒリした感覚が襲ってきました。
なんというか、蚊に刺されて痒くなった所を掻きむしって、痛気持ちいいから血が出ても掻いてしまう・・・そんなのに似た感じでした。

武さんの動きが速くなって、私に汗がポタポタと落ちてきました。
そして最後には私を突き上げる形で伸び上がりました。
私の中で武さんの脈動を感じました。
冷たくない大きな雨粒がいくつも当たる感触が中でしました。
武さんはそこから2~3回動いて伸び上がると、私に体重を預けて来ました。
息が整うと武さんは私の横に仰向けになり、「ふ~!」って大きく息をしました。
私も上体を起こそうと両肘で支えた時でした。
中から温かいものが溢れ出して、ワレメに沿って流れていきました。
その感触に思わず声を上げて伸び上がりました。
それまで無言だった武さんが、「どうしたの?」って聞いてきたので、私なりに説明しました。

「血が出たけども痛くなかった?」とか、「中に出されたのはわかった?」とか色々質問されましたが、自分の感じたまま答えました。

武さんは最後に、「まきちゃんは何年生なの?」って聞いてきて、「中1」って答えたらものすごくびっくりしてて、やはり私のことを高校2~3年生だと思ってました。

翌々日に生理が来て、生理が終わってから武さんの部屋に遊びに行きました。
武さんはもう私が来ることはないだろうと思ってたらしくて、かなりびっくりしてました。
またビデオを観せてもらってて、ヒロインの「飛んじゃう!飛んじゃう!」ってセリフが気になって、「飛んじゃう?」ってつぶやいたら、武さんが「飛ばせてあげるよ」と言って前回のように・・・。
今回は執拗にクリトリスを舐められて、飛ばされました。

それ以来、私がイク時は、「飛んじゃう、飛んじゃう!あぁっ!飛んじゃう~!」って声をあげてしまうようになりました。