中3の俺はいつもセックスのことばかり考えていた。
体も大きく、どちらかと言うと不良っぽいところはあるんだが、女のこととなるとからっきし。
硬派を決めてみても、やっぱり女のことは気になって仕方ない。
周りにはやらせてくれそうな子もたくさんいるんだが、みんなヤリマンでバカにされるのが怖い。
だからと言って普通の女の子と付き合うことも出来ず、悶々とした日々を送っていた。

進学よりもセックス。
学校なんて真面目に行ってられない。
授業をサボっては街に繰り出してナンパをしまくってみるが1回も成功しない。
そんなにがっついている感じ?
声をかける女の子たちは俺の顔を見るなり逃げるように去ってしまう。
そうこうしているうちに保護者面談から帰ってきたお母さんに呼ばれた。

「高校に行きたくないならないで進路の相談くらいしたらどうなの?でもこの不景気に高校くらい卒業しておかないと就職口なんてないのよ!毎日毎日遊んでばかりで・・・結局将来困るのはあんたなんだからね!」

小柄な身体をブルブル震わせて俺を叱るお母さん。
実に下らない。
今の俺にとって進学なんかより童貞を捨てることのほうがはるかに重要だ。
彼女ができないのも勉強が捗らないのも全て、まだ童貞だからなんだ。
俺の中で溜まっていたイライラが爆発した。

「ほっといてくれよ!」

ついお母さんを突き飛ばしてしまった。
ベッドに倒れ込むお母さん。
倒れたお母さんは、その拍子に壁に頭をぶつけて動かなくなってしまった。

(やべえ、やりすぎた?)

心配になってお母さんに近づくと、捲れ上がったスカートが目に入った。
すらりと伸びた長い脚、ギリギリ見えそうで見えないパンティー。
それに・・・あまり意識してはなかったんだが、大きな胸をしている。
母親相手に何を考えているんだろうとは思ったが、ムラムラしてきて思わず胸を軽く揉んでしまった。

(こんなに大きくて柔らかいものだったのか?)

手のひらに感じた心地よい感触に我を忘れた。

(気を失ってるみたいだし、いいよな・・・)

どうしても生乳が触りたくなって、ブラウスのボタンを外して前を開けた。
フロントホックのブラを開けると、大きなオッパイが視界に飛び込んできた。

(すげえ・・・なんて柔らかそうなんだ・・・)

母親のオッパイだというのに興奮してしまい、思わず両手で恐る恐る揉んでいた。
吸い付くような感触で、軽く触っているのに色々な形に変化する。
先端の乳首を指の間に挟んで下から円を描くように回し揉みする。
だんだんと硬くなってくる乳首のコリコリ感がたまらない。

オッパイの感触を楽しんだ俺は視点を下に移す。
スカートから伸びる白くて長い脚。
その根元にある黒いパンティー。
ここで、今までまるで意識していなかったことに気がついた。
俺のお母さんは他の友達の母親に比べて格段に美人だし、見た目も若い。
スタイルだってこの通りの良さだ。
ガキの頃はこの美しい母を自慢に思っていたものだった。

もうすっかり冷静さを失っていた俺はお母さんの下半身も脱がせにかかった。
途中で起きたってかまやしない。
でも暴れられると面倒だから、出来ればこのままの状態でいてもらいたい。
慎重にスカートを下ろし、パンティーをずり下げていった。
全裸のお母さんを見下ろすと、改めてプロポーションの良さに気付く。
多少お腹の肉が付いている感じだがデブってるわけではない。
いかにも人妻の身体って感じがして興奮する。
脚の間に寝転んで股間を覗き込んだ。

(うわっ、グロい・・・)

生まれて初めて見た女性器は、想像以上に気持ち悪かった。
毛がもじゃもじゃしてるのは分かるが、肉がぶよぶよしていて、どこがクリだか穴だか分からない。
でも本能なのか、気持ちは悪かったが好奇心が湧いてきた。
見た目はグロいが匂いは変じゃない。
というか、逆に熟れた感じの甘い香りが俺の鼻腔を刺激してくる。

(これだったらクンニってやつも出来そうだ)

顔をくっつけやすいように両脚をM字開脚にして、お母さんの股間に吸い付いた。
両腿を抱えながら肉が入り組んでいる部分に口を押し当ててみる。
尖らせた舌をグチュグチュのマンコの奥に突っ込むようにしてみた。
思った通り、少ししょっぱい味はしたが不快な感じはしない。
どこがクリトリスでどこが膣穴なのか分からないから、とにかくやたら舐めまくった。

(こんなので女は気持ち良くなれるものなのか?)

知識でクリトリスが一番気持ちが良いことは知っているが、それがどこかも分からない。
それでもずっと舐め回していると、奥の方からヌルヌルしたものが出てきた。

(これって濡れてきてるのか?それにこの辺り・・・)

俺は舌先でヌルヌルの中心を探ってみた。
何となく凹んでいる感じがして穴があるようだ。
一旦顔を離し、グチュグチュの花びらを左右に広げてみたがハッキリとは穴の位置は分からなかった。
でも上の方に膨らんでいる突起のようなものがある。

(これがクリトリス?)

濡れて光る可愛らしい突起をちゅうっと吸ってみた。

ビクンッ!

お母さんの身体が反応した。
間違いない、ここがクリトリスだ。
それが分かると夢中になってクリを吸い、舌からなぞるように何度も舐めあげた。
お母さんの身体がビクビク反応して身体を捩じらせている。
下の方からヌルヌルもどんどん溢れ出してきた。

「やめて!何してるの!」

あそこを夢中で舐めまくっていた俺の頭をお母さんが押し払おうとしてきた。
夢中になりすぎて起こしてしまった。

「お母さん、いいだろ?ちょっと弄ってるだけだから」

「よしてよ!もう叱ったりしないから・・・こんな悪ふざけはよして!」

「うるせえな!ちょっとだけだって言ってるだろ!」

脚をバタバタさせて暴れるので、とても股間を舐めているわけにはいかなくなった。
でも、起きて暴れたからって、もう俺の欲望は止まらない。
小柄なお母さんの身体を押さえ込むと、再び乳首にむしゃぶりつきながらあそこを弄り回した。

「何するのよ。こんな事いけないことなんだから!」

「これ以上変なことはしないから!お母さん、あそこの穴ってこの辺りか?」

押さえ込みながらもあそこのグチュグチュの部分を指で探ってみる。
さらに激しく暴れだすお母さん。
俺は閉じようとしている太ももを強引に広げ、思い切って穴のあるらしい辺りに入れてみた。
すると以外にもヌルンッという感じで抵抗無く根元まで中指が入ってしまった。

「痛いっ!ちょっ、ちょっと!」

無理やりしたから痛かったんだろう。
お母さんは顔を歪め、涙眼でこっちを見つめてる。
それにしてもすごい・・・、本当に指が入った。
お母さんのマンコの中に飲み込まれた俺の指は、ヌルヌルの温かい肉に包まれていた。
入れる瞬間は痛みを感じていたようだが、今では内腿を痙攣させている。
調子に乗ってズボズボと中を刺激してみた。

「やっ、やめてよ」

か細い声を上げたが痛くはないようだ。

(ここが女のマンコなんだ)

その事に気付いた瞬間、股間に突っ張りを感じた。
パンツの中でチンコが痛いほど勃起している。

(そうだ・・・苦労しなくても、ここにマンコがあるじゃないか・・・)

俺はその相手が自分の母親なんて全然関係ないと思ってしまった。
とにかくセックスしたい、チンコを突っ込みたい、それだけ。
そんな時に目の前に現れたマンコ。
もうこの穴に入れることしか考えられなくなっていた。

俺は起き上がると慌ただしく服を脱いだ。
とりあえず解放されたと思ってたお母さんの目の前に現れる、ビンビンに勃起した俺のチンコ。

「キャッ」と目を逸らした瞬間、俺はお母さんを押し倒した。

俺のほうが身体が大きいし力もあるからまるで抵抗出来ていない。
弱々しく押し返してくる手を払いのけて、両脚を広げ肩に担いだ。
一気にマンコに突っ込んでやろうと思って、がむしゃらに突き進んでみた。
やっぱり初めてだとこんなもんか。
チンコの先っぽは空しく割れ目を擦るだけで、なかなか入らない。
マンガやAVみたいに上手くはいかないものだと思い知らされた。

少し焦った俺は、チンコを握り締めてぬかるみをなぞってみる。
途中で何度もお母さんが起き上がってこようとするので押さえつけておくのに苦労した。
何度かヌルヌルしている所を往復しているうちにズルッと先端が吸い込まれた。

(ここだ!)

場所が分かれば後は簡単だ。
角度を調節して腰を進めれば、そのぶんだけ中に入っていった。
膣内はヌルヌルで熱かったが、思ったよりも締まりは良くなかった。
やはり熟女ともなると締りが悪いんだろうな。
でもとりあえずこれで女のマンコで初めてセックスすることは出来た。
俺は今やってるんだという想いがやたらと興奮させ、お母さんの身体の上にのしかかってさらに奥まで送り込んだ。

チンコの根元まで全部挿入すると、今までゆるゆるだった膣内がいきなり俺を締め付けてきた。
ビックリした俺はお母さんにしがみつく。
逆にお母さんは俺の体の下で何とか離れようと必死に藻掻いていた。
深々と身体の中心を貫かれている状態でそんな事をしたって無駄だ。
嫌がるお母さんを抵抗できないように押さえつけて腰だけ振ってみる。
ずぶっずぶっという感じで締まる膣内を往復する俺のチンコ。
信じられないくらいの快感が身体を突き抜けた。

(これが女の身体なんだ。オナニーとは比べ物にならない)

まだ入れて全然経っていないのに、今すぐにでも射精してしまいそうなほど気持ちいい。
動いていなくても膣内がヒクヒクうごめいて十分に気持ちがいい。
あまりの気持ちよさに腰を振るのをやめて、気を紛らわせようとオッパイにむしゃぶりついた。
張りはないが肉のたくさん詰まった大きなオッパイを揉みまくり、乳首を吸い立てて、少しでも長持ちさせようと気を紛らわせる努力をしてみた。
オッパイから首筋へと舌を這わせ、キスもしてみようと思ったがやめた。
眼に涙を浮かべたお母さんの顔が目に入ったからだ。
ここで俺自身が母を近親レイプした罪悪感に囚われるわけにはいかない。
そうなったら、せっかく近親相姦であっても初体験ができているのに続けられなくなる。
俺は再びオッパイを責めながらゆっくりと腰を使い続けた。

「嫌ぁ!もうやめて!」

俺の身体の下ではお母さんが何度もやめるように泣きながら訴えていたが無視。
夢中になって初めて味わう膣内の感触を楽しんだ。
でも、そんなに長く続けられるわけはない。
何とか我慢し続けていたが、それも限界に近い。
どこに出そうか迷ったが、さすがに中出しはまずいだろう。
いつも観ているAVだと、たいていは顔射だ。
射精寸前のところでマンコから抜き、お母さんの顔にかけようと思ったが間に合わなかった。
タイミングが分からなかったから、起き上がったところで強烈な快感に縛られ、お母さんの腹の上に自分でもビックリするくらいの大量の精液を撒き散らした。
今までで一番の強烈な快感だった。
その反動ですごい脱力感に襲われて、ベッドに寝そべったまま動くことができない。
このまま寝てしまいたかったが、レイプ直後にここにいるのはあまりにも気が引けた。
隣で精液まみれになったお母さんがぐったり横たわっていたが、逃げるように家を出た。
その日はとても家に戻る気が起きず、友人の家に泊めさせてもらった。

次の日からはとりあえず真面目に学校に通った。
家に帰っても何となく居心地が悪かったので、出来るだけ親の前には出ないようにしていた。
ただ、お母さんをレイプしたという罪悪感はほとんどなかった。
自分でもおかしいと思うのだが、いつでもやらせてくれる女が出来たと思っただけだった。
お母さんはとりあえずあの日のことは何も言ってこなかった。
父さんに相談した様子もないし、なかったことにしようとでも思っているのだろうか。
お母さんはどう思っているのかは分からないが、1週間後にはすっかりやりたくて仕方なくなっていた。
相変わらず父さんは仕事に夢中で家に帰って来ていない。

今度は風呂上がりのお母さんを狙って寝室に向かった。
ドアを開けると、俺を見たお母さんの顔が青ざめた。
また息子にセックスを求められているのが分かったんだろう。

「もうダメよ・・・あんな事しないで・・・」

「今はまじめに学校に行ってるだろ。ご褒美をくれたっていいんじゃない?」

お母さんに近づきながら着ているものを脱いでいく。
とっくに股間のモノはビンビンだ。
この前のセックス以来、オナニーしても全然満足できない。
この1週間で1回しただけだから溜まりに溜まっている。
お母さんは俺の股間を見ると慌てて言った。

「それなら・・・お口でするから・・・それで我慢して・・・」

(!)

そういえば、フェラチオってしてもらったことがない。
それはそれで興味がある。
実の息子との近親相姦よりはマシと考えたのか、お母さんはベッドの上で四つん這いで待っている。

「しっかりとフェラしてくれないと満足しないからね」

「分かったわ。一生懸命にする・・・」

膝立ちになって先端をお母さんに近づけると、口を大きく開けてスッポリと呑み込んでしまった。
気持ちがいいにはいいが、思ったほどではない。
先にセックスをしたからそう思うのか、お母さんが下手だからかは分からない。

お母さんは早く終わらせようとしているのか、根元をシコシコしながら懸命にしゃぶっている。
心にゆとりのあった俺はしゃぶっているお母さんのお尻を触った。
ビクッと一度動きを止めたがフェラを再開するお母さん。
そのままパンツの下に手を潜り込ませると、驚いて口からチンコを抜こうとする。
もう一方の手で頭を押さえつけて中断させなかった。
フェラをさせ続けながらもあそこの方に手を進める。
と、マンコの周辺に辿り着いた指先にぬめりを感じた。

(お母さん、しゃぶりながら感じてるんだ・・・)

割れ目の肉をかき分けて指を突っ込もうとしてみたら、にゅるんと簡単に入ってしまった。
しかも奥の方に進んでみると、そのヌルヌルが多くなってくるようだ。
それに、挿入している指を膣内が締め付けてくる。
試しにジュボジュボ指でピストンすると、お母さんはチンコを咥えたまま喘いでいた。

お母さんも感じていることに嬉しくなった俺。
頭を押さえつける必要もなくなった手をおっぱいに持っていき、あそこを愛撫しながらも量感のある大きなオッパイをすくい上げるように揉んで感触を楽しんだ。
フェラされながらお母さんの身体を自由にしていることに興奮し、ますますチンコが硬くなっていく。
お母さんは俺に胸やあそこを弄られながらも懸命に舌を動かし、頬をすぼめて吸い上げた。
いくら下手だからって、ここまでやられたら出るって。
あそこに挿入している指を高速ピストンさせながら大量の精液を口内発射した。
お母さんは最後まで口で受け止めると、ティッシュに精液を吐き出した。

口の端から精液を垂れ流しながらボーっとしている母の顔。
そんなエロい顔を見てしまったから、あっという間に勃起してしまった。
こんなんで終わらせる気なんて元々ありはしない。
それにお母さんだってマンコがヌレヌレじゃないか。
お母さんの手を引っ張ってうつ伏せにすると、上に乗ってパジャマの下半身に手をかけた。
パンツごとパジャマを膝までずり下げる。
つるんとした大きなお尻の奥に濡れて光るお母さんのマンコ。
暴れるお母さんの首根っこを押さえつけたまま、あそこを下からなぞり上げてみる。
すっかり勃起しているクリとヌレヌレのマンコ。
お母さんの身体がビクッと跳ねた。

「やめて!口でしてあげたでしょ!」

「こんなに濡らしてるんだからいいだろ!もっとケツあげろよ!」

両手で腰を上げさせて無理やり後背位の体勢にさせる。

「うわっ!簡単に入ってく!」

「あっ、ダメッ!だめ?!今したらお母さん気持ち良くなっちゃう!」

最初の時は苦労したが、今回は楽だった。
後ろからヌレヌレのあそこにガチガチのチンコを添えると一気に奥まで挿入する。
完全に入れてしまうと押さえつけてる必要もない。
お母さんの腰を両手でガッチリ固定して、ズヌッ、ズヌッと何度かゆっくり往復してみる。
そうしたら、すぐに膣内がギュッとチンコを締め付けてきた。
何だかんだ言っても身体は喜んでる・・・。
1回射精しているので余裕がある。
お母さんのお尻がバチバチ音を立てるくらいに激しくズボズボしてやった。
正常位でしたときよりも奥の方まで入るので気持ちがいい。
両手で尻肉を広げると、アナルの下でお母さんの膣穴に俺のチンコがずぶずぶ出入りしているのがモロに見えて、すごくエロい感じがする。
激しいピストンにお母さんはもう抵抗することが出来ず、枕に顔を埋めて耐えていた。
ただ耐えているだけじゃない。
感じてしまっているのがハッキリと伝わってくる。
チンコをズボズボ突き入れるたびに膣内が締め付けてきてヌルヌルが増えてくる。
枕で押し殺してはいるが、短い悲鳴のような声をあげていた。

どんなに嫌がっていようと息子との近親相姦で感じてしまっているんだ。
仕事ばかりの父さんとはあまりセックスをしていないんだろう。
こんなに熟れた身体をしているのに放って置かれて飢えていたに違いない。

態度とは裏腹によがりまくっているお母さんに気をよくしてガンガン腰を使い続けた。
さっき一度出しておいて良かった。
こんなにお母さんの膣内を激しく犯し続けていてもまだ余裕がある。
逆にお母さんのほうが限界に近いらしく、俺に振り返って言った。

「もう許して・・・これ以上されたらお母さんおかしくなっちゃう!」

「俺ももうすぐなんだ。今日はお母さんの中に出すから・・・」

「やめて!赤ちゃんが出来ちゃう!」

「無理だ、もう我慢できない!」

急に暴れだすお母さんの体に覆いかぶさり、大きなストロークでスパートに入る。
そして射精の瞬間、ズンッと根元までチンコを突き入れてお母さんの子宮に先端を宛てがう。
腰が抜けそうなほどの快感で身体がガクガクしてしまう。
ドピュッドピュッと大量の精液が激しい快感を伴って母親の膣奥に放たれた。
と同時にものすごい締め付けが俺を襲う。
お母さんの膣内が、まるで息子の俺の精液を全部吸い取ろうとするかのような収縮をする。
精液を子宮に感じて不本意ながらもお母さんもイッてしまったみたいだ。
チンコを抜くと失神してしまったのか、お尻を高くしたまま動かなかった。
その股間からは、たっぷりと今出されたばかりの精液が逆流している。
そんな姿を見て、この身体はもう俺のものだと感じた。
俺がしたくなったらいつでも好きなようにセックスできる女体。
俺の精液を逆流させながら、だらしなく失神しているお母さんを後にシャワーに向かった。

寝室から戻って来ると、お母さんはまだ同じ状態だった。
その無防備な姿を見ていたら、またムラムラしてきた。
身体をひっくり返して両脚を広げさせると、今度は正常位でセックスした。
放心状態だからか締りが全然良くない。
が、ボーっとしているお母さんの顔がやけにエロく感じ、それほど嫌悪感もなくキスをした。
キスしながらのセックスも気持ちがいいもんだ。
顔中を舐め回しながらマンコをズボズボしてやる。
時折ビクッと身体が反応するが、されるがままの状態だった。
激しく突いてみたり、ゆっくり大きなストロークで抜き挿ししてみたり。
色んな感じで腰を使い、お母さんの身体でセックスの練習をしてみた。
3回目とあって1時間くらいピストンしていたが、ようやく限界が来て今度も膣奥に中出し。
ようやく満足した俺は、精液まみれになっているお母さんをそのままにして寝室を後にした。

それ以降、俺は変わった。
授業もサボらず真面目に学校に行った。
童貞だった頃はセックスのことばかりが俺を支配していたが、今は違う。
お母さんとの近親相姦は今も続いている。
したいときにさせてもらえる相手がいるのは最高だ。
心にゆとりが出来た俺には女友達も出来るようになった。
エッチさせてくれそうな女も何人かはいたが、もうそんなにがっつく必要はない。
そいつらは若いってのが取り得なだけで、セックスはお母さんが一番だと思っている。

そんなお母さんも今では開き直ってしまっている。
呼んでもいないのに自分から俺を誘惑してきたりもするようになった。
女友達を家に呼んだ後なんか、嫉妬してるのかセックスもいつもより激しい。

「どう?オチンチン締め上げてるでしょ?もっといっぱい突き上げて!」

俺に跨がって自分から腰を振るお母さん。
俺と近親相姦するようになってからのお母さんは、目に見えて美しくなってきている。
母と息子ではあるが2人は恋人同士のようなもの。
好きな男とのセックスは女を若く、美しくするって聞いたことがある。
俺はお母さんの大きなオッパイを下から揉みながらズンズン腰を突き上げる。
真下からの突き上げにお母さんは上体を反らし、髪を振り乱して悶えまくった。

「あぁ?お母さんまたイッちゃう!イクっ!」

「俺もっ!」

「いっぱい出して!あっ、イクっ!大きなのでイッちゃう!」

お母さんの膣内が強烈に締め付けてくるのと同時に大量の精液を子宮に射精した。
子宮に生で中出しされる感じがいいと、お母さんはピルを飲んでいる。
おかげでいつも母親との中出し相姦を楽しんでいられる。
こんなにエロくて色気たっぷりの女が自分の母親なんて本当についている。
あの日、お母さんを無理やり犯して良かったと心から思っている。