インターネットで知り合ったTさんに妻を調教してもらうようになって、半年くらいになります。
夫婦でSMプレイをしていましたが、2人ともそれでは飽き足らず、Tさんにお願いすることになったのでした。
私の参加は認められていませんが、妻に持たされて帰ってくるビデオを観るのが私の楽しみです。
そこには妻の調教の一部始終が記録されています。

妻はTさんが借りているマンションで調教を受けます。
そのマンションは広いリビングルームとベッドルームの2部屋があります。
いつも妻が着く頃には、すでにTさんの仲間が3、4人、リビングルームを取り囲むように置かれたソファの上でスコッチの入ったグラス片手に待っています。
年齢はTさんと同じくらいで、40代後半の人が多いようです。

妻は男性たちが注視する前でコートを脱ぎます。
コートの下は何も身に着けていませんから、すぐ全裸です。
そして恥ずかしそうに茂みを押さえる妻の首に長い鎖のついた首輪がつけられ、両手両足首に皮製の手枷・足枷が装着されると、妻はこの男達の性具になるのです。
妻は次の日の夜に、このマンションから開放されるまで、この格好です。

男性たちは妻を犬のようにはべらせながら思いのままに楽しみます。
自分の所に来させて膝の上に座らせて体の感触を楽しんだり、口で奉仕をさせたり、あるいは陰部に指を挿入したりと各々好きなように妻を弄びます。
妻は単なる性具ですから、そうされて当然なのです。

そして部屋の電気を消し、小さなスポットライトだけにして、男性たちは妻にオナニーをさせます。
色白の体をくねらせる妻のオナニーショーは、Tさんたちのお気に入りだそうです。
妻のオナニーショーで気分が高まると、丸1日に渡る妻のセックス漬けが始まります。
男性達は妻の意識が朦朧となるまで交代で、時には同時に犯り続けるのです。

そして、ひとしきり妻を犯したあとは、今度は妻を車に乗せ、夜の街をドライブしながら続きをします。
車はワンボックスで、後部座席が向かい合わせになるタイプの車です。
妻を輪姦しながらドライブをして、時には全裸で首輪をされた姿で外を歩かされたりもします。
そうやって次の日、再びコート1枚でマンションの外に出されるまで、妻の秘部や口、時にはアナルから精液が溢れ出るくらい、徹底的に犯され続けます。

私がビデオで観た中で圧巻だったプレーは、妻が両脚を大きく開いた体勢のままベルトで固定されて、天井から吊された姿です。
吊された妻を男達は抱えながら交代で犯すのです。
1人が膣に射精したら、すぐに次の男性が代わって妻を犯します。
そうやって延々と妻を犯し続けるのです。

股間から大量の精液をダラダラ流しながら吊されている妻の姿を観たとき、私は頭がクラクラしました。
このときほど妻を愛おしく思ったことはありません。