ある夏の出来事。
私が33歳、妻が36歳。
妻は以前、有名なミスコンで準グランプリを取るほどで、私には勿体ないくらいの美人です。
その上、性格も明るく、言うことがないくらいの妻です。

そんな妻を他人に抱かせたい・・・。
他人棒を咥え、それが妻の中に入って喘いでいる姿を見たい・・・。

そんな気持ちが生じ、徐々にその願望を話していきました。
しかし、結果的にはNG。
確かに、これほどの美人を抱かせることに勿体なさも感じつつ、ただ自分の欲求もなかなか抑えられず、何か手段はないかと考える日々でした。

ある時、チャットで見知らぬ男性とそんな願望を話していると、その方もぜひ協力したいとのことで、妻の知らないところで色々と計画を立て始めました。
まだまだ妄想レベルの打ち合わせでしたので、待ち合わせをしたある場所でその男性と会ってみると、なかなか誠実そうな中年でした。
結局、妻とセックスは出来ないまでも、夫婦間のセックスを撮影してもらい、その時の雰囲気で先に進めましょう、という作戦になりました。

次は妻への説得です。
いつもと同じように、妻の気が緩むセックス、それも挿入中に私の願望を再度話しました。

私「他人に抱かせたいっていう話はやっぱり無理そう?」

妻「うん・・・やっぱりちょっと恐いかな・・・」

私「そっか・・・」

そんな会話をしながら、私は妻の乳房を揉みながらセックスを続けます。

私「だったらさぁ、僕たちの行為を撮影してもらうのだったらどう?」

妻「撮影?!うん・・・、そのくらいだったら、まだ大丈夫かな・・・」

私は(マジ!?)と思いながらも、思いのほかの返答に興奮が増し、さらに強く妻を突きました。

私「そしたら、撮影してくれる人を探してもいい?」

妻「どうやって?」

私「ネットで信頼出来る人を探してみるよ」

妻「う、うん・・・」

本当はすでに計画を立てて相手も見つけているので、この時点で妻を騙していることになります。
妻への背徳感と、これからのことを考えると更に興奮が増し、妻をより激しく求めていました。

妻「あっ・・・ん・・・す、すごい・・・」

そんな風にして、計画は徐々に進んでいきました。
早速、そのことをお相手の他人棒さんに話し、日にちを決めて都内のフォーシーズンズ・ホテルで会うこととなりました。

決行日、当日の午後。
私はいよいよ実行の日が来たと朝から心臓の高鳴りを止めることができませんでした。
妻もずっと緊張していたようで、初めて経験することへの不安を感じながらも、普段よりも若干濃い化粧で、より美人に磨きをかけ、セミフォーマルの綺麗なスカート姿でホテルのロビーに一緒に向かいました。
お相手の方もスマートな服装で来ていただき初対面。

「今日は宜しくお願いします」

挨拶をした後、ロビーの喫茶店で軽くお茶をしました。
ぎこちない会話と笑顔が続く中、私はチェックインに行くといい、妻とお相手の方を2人にして少し席を離れました。
遠目から見る2人は笑顔で会話をしており、微笑ましさと嫉妬と、これからのことを思い、興奮が止まりませんでした。

18時のチェックイン。
まだまだ夜は長く続きます。
計画では、私と妻がシャワーを浴びて、行為が始まったところで撮影を開始。
妻の気分が高まったのを見計らって、「お相手の方ともしてみる?」と聞き、OKならその流れで・・・というものでした。
まず、私と妻がシャワーを浴びました。

私「今日はわがままを聞いてもらってありがとね」

妻「ううん、私もいつも断ってばかりでごめんね」

私「他人棒さんに撮影してもらえるだけでも十分だよ。すごくいい人そうでしょ」

妻「そうね、あの人なら安心できるわ」

こんな会話を交わしながらも・・・。

(本当は撮影だけじゃなくて、セックスまでさせる予定なんだけどね)

と、心の中で思っていました。
私のモノはすでに大きくなり、妻もそれを察し、柔らかく、優しく握ってくれました。

シャワーを浴び終え、いよいよ行為が始まりました。
行為の前に、持って来た服装に着替えさせたところから始まります。
いつもの流れ通り、先に妻を責めます。
ベッドに寝かせてキスをし、耳たぶ、首筋を責め、洋服を脱がせました。
ブラを着けた、ふっくらとした胸は見るからに大きく綺麗です。
ブラを外し、ツンと立った綺麗な乳首が露わになったとき、妻はさすがに恥ずかしそうに顔を赤らめ視線を逸らしましたが、撮影は続きます。
お相手の方も、興奮が止まらないと言った様子でした。
続いてパンティーも脱がせました。
妻も普段よりも興奮していると見え、いつもよりグッショリ濡れているのがわかりました。
クンニをされながら、小さな声で喘いでいる妻の顔を撮影してもらっていることを思うと、私自身もそれだけでイキそうな気持ちでした。

続いて妻が責めます。
私を仰向きに寝かせ、やはり上から責めていきます。
妻の綺麗なおっぱいが垂れ、その谷間の手前で妻の口が私のモノを咥えました。
そのタイミングで私は撮影者とアイコンタクトを行ない、『たぶんいけると思います、もしそうなったらお願いします』とジェスチャーで伝えました。
その方も大きく頷き、期待している様子でした。

いよいよ妻に挿入です。
普段はキスをしながら覆いかぶさるようにセックスを始めるのですが、撮影していることもあり、上半身がよく見えるようにキスもなく入れました。

妻「あぁっ!・・・あっ・・・」

普段よりも大きな声で、ずっと綺麗な姿で妻は私を受け入れています。

(あぁ、やっぱり綺麗だ、可愛い妻だ)

幸せな気持ちに浸りながらセックスを続けました。
正常位、バック、立ちバックと、カメラを意識し、妻の綺麗な体がカメラに向くようセックスを続けました。
明らかに妻の中から流れる愛液の量が多いことが分かりました。
そして再度正常位に。
その時は妻に覆いかぶさり、腰を動かしながら思い切って聞いてみました。

私「どう?気持ちいい?」

妻「うん・・・」

私「普段と比べたらどう?」

妻「興奮して・・・気持ちいいよ・・・」

私「あのさ」

妻「なぁに?」

私「他人棒さんとエッチしてみない?」

妻「えっ?!」

私「他人棒さんと、この後エッチしてみない?」

妻「・・・して、欲しいの?」

私「うん」

妻「他の人と、してもいいの?・・・」

私「うん、して欲しい」

妻「そこまで言うなら・・・いいよ・・・」

私の興奮はMAXとなり、妻への愛おしさとこれからの時間を想像し、妻を強く抱き締めました。
妻には見えないように、お相手の方にOKサインを出しました。
その後、程なくして、私は妻の腹上に、いつもの数倍の量の精液を出し切りました。
私は精子を出したことで若干冷静になった感もありましたが、恥じらいながら布団を被った妻を見て、これから始まる時間を想像して、すぐに大きくなっていました。

他人棒さんに「お願いします」と小声で伝えると、他人棒さんはシャワーを浴びに行きました。
その間、妻は布団を被ったまま静かに待っていました。
私はなぜか妻に、「頑張って」と声をかけ、妻も「うん」と返事をしました。

他人棒さんがシャワーを浴び終え、ベッドに横たわり、妻の名前を呼びながら布団を捲り上げ、妻との行為を始めました。
その間、私は缶ビールを飲みながらソファーに座り、2人の行為をじっと見つめていました。
他人棒さんは丁寧に妻の全身を舐め回していました。
すでに露わになっている妻の乳房を両手で優しく揉んでいる姿が目の前にありました。
妻の喘ぐ声と、「いやっ・・・」という言葉にならない小さな声が混じり合い、私の心臓も高鳴っていました。
愛する妻の最高のAVを観ている感覚でした。

次に妻が他人棒さんを攻めます。
私にするそれと同じように、キスから始まり上半身を攻めた後、他人棒さんのモノを優しく咥えました。
他人棒さんも気持ちよすぎたせいか、妻のフェラの動きに合わせて声を出し、妻も他人棒さんの気持ち良くなるポイントを探っているようでした。
いつもよりも長い時間、妻はフェラをしていた気がします。
改めて妻の四つん這いを横から見た時のスタイルの良さ、胸の垂れ具合など、本当に最高でした。

そして、いよいよ挿入となりました。
念のためコンドームを付けました。
他人棒さんのモノが入った瞬間は、静かに受け入れたという感じでしたが、他人棒さんが動くにつれ、妻も大きな声で喘ぎ始めました。
色々な体位で妻を弄び、最後は私の要望通り、イク直前にコンドームを外し、妻の腹上に精液を出してもらいました。
妻はぐったりとし、精液をティッシュで拭いた後も、しばらくベッドの上で横になっていました。
その間、お相手の方はシャワーを浴び、帰りました。

妻との2人の時間。

私「どうだった?怖くなかった?」

妻「うん・・・。大丈夫だった」

私「また同じように他の人との関係をお願いしてもいい?」

妻「・・・うん・・・。いいよ・・・。して欲しいでしょ?」

私「そうだね・・・。して欲しい」

妻「・・・うん」

妻は、はにかみながらも、今回のことで新たな気持ちの高ぶり、高揚感を得たようで、次の機会も受け入れてくれることとなりました。
その晩、妻と激しく求めあったことは言うまでもありません。

それからは2ヶ月に1回程度、同じような行為を行っています。
そして一度だけですが、中出しをさせました。
私はこうして新たな刺激を得ています。