うちの妹は、なぜだか知らんが他人の耳かきをするのが大好きで、俺もよくその実験動物にされていた。

10年ほど前のある日のこと。
当時中2だった妹は、当時中3だった俺に、「新しい耳かきを買ってきた」とウキウキしながら俺にモルモットになることを強要してきた。
首根っこを掴み、強引に俺の頭を膝に乗せる。
まあ兄として妹のことは可愛がっていたし、耳かきも上手なので、「しょうがねえなあ」と言いながら承諾した。
すぐに妹は新調した銀の耳かきで俺の耳をホジホジし始めた。

「はい、右の耳終わり。兄ぃ(妹は俺のことをこう呼ぶ)左向いて」

そう言われて俺は頭を反転させたのだが・・・。
反転させた俺の目に飛び込んできたのは、ジーンズスカートの奥に見える妹の純白パンツだった。
俺たち兄妹はかなり仲が良かったので、俺は妹にはっきり言ってやることにした。

俺「なあ、パンツがバッチリ見えてるんだけど」

妹「あっそ、どうせ兄ぃはモテないだろうし、良ければごゆっくりどうぞ」

妹は、「パンツくらいでガタガタ言うな」とばかりにさらっと華麗にスルーし、左の耳をホジホジし始めた。
恥じらうどころか、兄である俺を愚弄する妹の態度に、俺は兄としての威厳の危機を感じた。

俺「ほほう、じゃあじっくり拝ませてもらおうじゃないか。ん~、お前のじゃなければ最高の眺めだな」

妹「あっそ、良かったね。でも、もし触ったら耳に耳かきぶっ刺すから」

俺の背筋に冷たい物が走った。
俺は実の妹に即死させられる体勢に持ち込まれていたことに今さら気付いたのだ・・・。
いつ銀製の耳かきで脳髄をかき回されるかわからない状況下で、俺の体に変化が起こりつつあった。
不覚にも、目の前にある妹の股間から発せられるほのかな石鹸の香りと、薄布越しに微妙に透けて見える筋マンと陰毛に勃起してしまったのだ!
しかもその時、俺はジャージ着用だったでの完全に股間がテント状態。
隠すために体勢を変えようにも、俺の耳には金属棒が深々と差し込まれている。
ただ幸いにも妹は耳かきに夢中で、俺の股間など見ていない(はず)。
俺はできるだけ平静を装い、マイサンが静まるのを待つことにした。
だが耳に息を吹き付け、耳掃除も終わろうとしていた時、妹が一言。

妹「兄ぃ、つまり私と交尾したいのだね」(原文まま)

妹は『ねじ式』のようなセリフを吐くと、汚物を見るような目で俺の股間を見下ろした。
その後、俺は数ヶ月に渡って妹に、「ケダモノ」「変態」「シスコン」と呼ばれ続けたのだった。