<登場人物>
俺:当時、社会人2年目、24歳。
体型普通、174センチ、元オタク。

彼女:智美、大学生、21歳。
鈴木亜美みたいな顔、ちょっとムッチリ、160センチ。

浮気相手:哲也、大学の同級生らしい、21歳ぐらい、色黒。

俺の方が先輩で、卒業間際に付き合うことになった。
オタクだった俺が気合いを入れてお洒落してデートして告白。
彼女と付き合うのをきっかけに、俺はアニメオタクを卒業したw
ファッションにも気を遣うようになり、やっとそれなりに見られるようになった。

付き合って2年目。
社会人になってちょっと慣れてきた俺は仕事が忙しくなって、彼女の智美を構えずにいた。
まあありがちだが、そんな状態でも智美は、「気にしてないよ。お仕事頑張って」と広い心で接してくれた。
・・・はずだったのだが、急に休みをもらえることになり、久々に彼女と過ごすかと彼女にメール。

返事がない。

あんまり昼間にメールすることもなかったし、寝てるのかなと思い、彼女の家のそばまで来た。
コンビニで時間でもつぶすかと立ち読みしていると、目の前に車が止まった。
カップルが降りてきたのだが・・・。

(あれ?女のほう智美じゃね?)

ちなみに前の日の電話では、「今日は大学の講義が休みだから、友達とご飯食べに行って、昼には帰って来る」・・・はずだった。

(仲良さそうだな、しかし・・・友達ってのは男だったのか?)

そう思っているとコンビニに2人が入ってきた。
俺はなんか胸騒ぎがして、とっさに店の奥の方に行って、カップ麺とか売っている前にしゃがんで隠れた。
これで彼女たちからは見えないようになったわけだが、店員から見たらさぞや怪しいヤツだっただろう。

男「何食べる?弁当でも買ってく?」

智美「んー、私はパスタがいいな」

(なんだよ。カップルみたいじゃねえか・・・)

すると男がこっちに歩いてきた。
顔を見ると、色黒でいかにもモテそうな大学生って感じ。
ドリンクと弁当を買って2人は出て行った。
俺もなんか焦って、すぐに出た。
車に乗ると2人はそのまま智美のアパートの駐車場の方へ。

(・・・なんで2人でアパート?)

コンビニの方からもアパートは見えるので、2人が部屋に入っていくのが見えた。
さすがに、すごい胸騒ぎがした。

(男友達だからって、これはないよな?これが普通なのか?)

答えが出ないまま悶々としていると、智美からメールが来た。

『今、友達とご飯中。この後で映画を観に行くよ。夜には会えるね』

(・・・知らない男と自宅にいるわけだが)

その時はまさか彼女が浮気するなんて思っていなかったので、(いやいや、この後で映画を観に行くんだよ、まさかセックスなんてことはねーよ)と楽観的だったんだが・・・、当時の俺死ね!

ここは踏み込んだ方がいいのか?
それとも、何もないのを信じて気にしないのが正解か?

オタクあがりで経験が皆無だった俺はどうしていいかわからず、コンビニの前をウロウロ30分。

(よし、やっぱり行こう)

そう思った頃には2人は真っ最中だったわけだ。

とにかく俺は智美のアパートの前まで来た。
昼間なので人気は少ない。
階段を上がり、ピンポンを押した・・・ときに変な声に気がついた。

「あは・・・あん・・・あっ」

もう帰りたい。
しかし、こんな状況に面食らった俺はそのまま硬直。
彼女のアパートは結構壁が薄くて、しかも1DKだったから、入り口から部屋までが近い。
俺も隣の部屋の喘ぎ声とかよく聞いたことがある。
彼女に引っ越しを勧めたぐらいだ。

AVで聞いたような声よりも生々しい、彼女のいつもの喘ぎ声。
しかも俺の時より大きい。
こんな状況だが、俺は皮肉にも興奮してしまった。
当時は“寝取られ”とか知らなかったので、とても罪悪感を感じつつ、ドアの郵便受け口を開けると、より声が鮮明になった。
震える手で開けつつ声を聞く俺。
なんでか分からないが、すぐに踏み込もうとは思わなかった。
ギシギシとベッドが軋む音と彼女の、「ああ・・・あはっ・・・すごい、深い」みたいな声。
男のハアハア言ってる声も聞こえた。

(どうしよう・・・?彼女がやられてる)

頭の中で気持ちがグルグルと回る。
しかしその間も、これまでにないぐらい喘いでる彼女のエロい声が聞こえる。
どうやら体位を変えたのか、ギシギシという音がした。

彼女「ええー、ちょっと、そんなの・・・」

男「いいだろ、ちょっと立つから俺に掴まれよ」

そして彼女の、「あはあ・・・」という挿入されたときの声。

男「もっと脚を開いて・・・首に手を回して抱きついてみて。うん、足でしがみついていいから」

(これって・・・駅弁ってやつか?)

彼女「ああん・・・何これw・・・ああっ、ああ・・・はっ・・・あ」

男「ああ・・・これいいわ、なんかエロくて。足離して、俺が抱えるから」

ここで1回抜けたみたい。

彼女「あん、抜けた・・・ああっ」

入れ直したみたい。

彼女「はあ・・・ああん、あ、あ、ああすごい、すごい!」

彼女は感じまくると「すごい」を連発する癖がある。
初めての体位で感じまくる彼女。
想像するだけで心臓が破裂しそうに興奮した。
まあここまでずっと外で聞いていたのだが、今考えると怪しさ満点だったな。
通報されてもいいレベル。
しばらくその体位だったのだろうが、またギシギシいうと彼女の喘ぎ声が甲高くなった。

彼女「ああ・・・はあっ・・・あっあっ・・・もう・・・もう・・・」

男が激しいのだろう、パンパンいう音も聞こえた。

男「ああ・・・もうイク」

彼女「来て・・・あああ・・・っ」

終わった・・・。
彼女と男の喘ぎ声の余韻・・・。

しばらくして彼女が、「もう・・・ちょっと激しすぎ」と笑う声。

この間、20分ぐらいかな。
もう目の前が真っ白、どうしていいのかわからない。
もう頭グルグル状態。
なんか2人が雑談するのが聞こえたが、もう耳に入らない。
そんなとき、メールが来た。

『今から映画観てくるよー』

(・・・くそが、映画じゃねえよ、AVじゃねえか)

その後も信じられなかった。

男「ちょーエロかった、また勃ってきたw」

彼女「ええ・・・ちょっと、何これ、すごい」

男「今までにないぐらい硬いわ」

そんな会話だったと思う、ボソボソしてたので詳細はわからない。
しばらくして男が・・・。

「おう・・・ああ・・・」

フェラですか、そうですか。
自慢じゃないが、彼女はフェラが上手かった。
あえて聞かなかったが処女ではなかったので、まあ・・・そういうことだと思う。

男「おお・・・それいいわ」

たぶん彼女の得意な、吸いながら舌でアレの裏をなぞるやつだな。
とか想像しては、(どうしよう、この後・・・?)と考えつつ、周りのことには目が行かず、ドアに耳をくっつけて中の声を聞いていた。
どんだけヘタレだよ。
鮮明な音だけが聞こえた・・・フェラの。
そのあと、彼女はフェラで男をイカせた。
俺、口内発射とかすごい嫌がられたんだけど・・・。
ジュボジュボと吸い込む音と、男の「あああ・・・」という気持ちよさそうな声は忘れられない。

もうなんか一気に視界が晴れた気がした。
なんだろうね。
恋をしていた自分を上から見下ろす感じ。
彼女は浮気をしていた。
たぶん前からだろうな、これは・・・。
最初の5分ぐらいは踏み込む気満々だったが、そんな気も失せた。

なんで俺はこんなところで立ってるんだろうな?
なんで俺は休みの日に彼女の浮気に遭遇したんだろうな?
なんで・・・?

俺はトボトボと帰った。
そして彼女からのメールに気がついた。

『映画終わったよ、夜、何時に会う?ご飯食べに行こうよ(^o^)』

運動したからお腹も減るだろうね。
うちは両親がおふくろの浮気で離婚してる。
だから物心ついた中学生ぐらいから浮気は大嫌いだ。
あんな優しかった家族思いのおふくろが・・・。
その頃から俺はどっか女に対して冷めたところがあったのかもしれない。
だからかな、彼女に対しても、(やっぱりそうか)ぐらいの感情にしかならなかった。
おふくろが出て行くときに俺が見せたであろう他人を見るような冷たい目線、そんな感情だったと思う。
気持ちがなんかもう機械のように冷めていたので、彼女との縁を断ち切りたかった。
頭の隅で“浮気相手に復讐を・・・”という思いもあったが、もうそれすらどうでも良かった。

1週間後、俺は引っ越した。
友達にも家は教えなかった、電話番号も変えた。

つまらない話に付き合ってくれてありがとうございました。