俺もかなりの変態ですが、俺には、さらに上を行く悪友がいます。
彼には付き合って20年を超える愛人がいます。
名前は広子と言い、あまり美人とは言えませんが、彼が結婚する前から彼と付き合っている女です。
彼と広子は、乱パブへ行ったり相互鑑賞などをして楽しむというマニアックなセックスを愛好する節があるのですが、それでも満たされなくなったときに俺のところへ電話がかかってきます。

彼は、激しい嫉妬心を感じることでしか性癖を満たすことができない身体で、俺と広子のセックスを見て嫉妬したいと言うのです。
最初はかなり抵抗がありましたが、真剣に訴える彼を見て、(コイツ、マジなんだ)と感じました。
広子も、彼の親友である俺とだったらセックスしてもいいということになり、見られるセックスをしに3人でカラオケボックスへ。
彼の環境設定は細かく、ホテルでは駄目なんです。
有り得ない環境で彼女が犯されないと意味がないらしいのです。

まず普通にカラオケを楽しむ3人。
そのうち、お立ち台で歌う広子のスカートをめくったり、逆さ撮りをしたりして楽しむ俺と彼。
撮った写真を広子に見せながら・・・。

「何だお前?アイツにパンツ撮られて嬉しいのか?」

いきなり逆ギレしはじめる彼。
しかし、こうなって初めて勃起することが出来る彼なのです。
俺も広子に攻撃的な言葉を浴びせます。
負け犬のような顔をする広子。
その顔を見た彼が・・・。

「なんだお前?俺以外の男にもそんな顔をするのか?」

また逆ギレです。
でも彼の股間はモッコリ膨らんでいるのです。

広子が俺の肉棒を舐め回します。
卑猥な顔でベッチョリと唾液を垂らしてきます。

すると、「広子!俺のときと舐め方が違うだろ!どこで覚えてきた!?」と言って、また怒り出します。

しかし彼は、そんな俺たちの様子を見ながら肉棒をしこっています。
ジキルとハイドのような葛藤が彼の心の中で起こっているのです。

やがて俺が挿入しようとします。
すると彼が、「ちょっと待った」と言います。

俺「本当にいいの?お前が嫌ならしないぞ?」

彼「やっぱ俺が・・・いや、◯◯(俺のこと)が・・・」

彼が激しく苦悩しはじめます。
満たされたい性癖と、彼女をヤラれる悔しさの狭間で戦う彼ですが、俺がハメないことには何も満たされない彼の歪んだ性癖・・・。
結局、いつも最終的には俺がハメることになります。
バックスタイルが好きな広子なので、俺は後ろからガンガン腰を振ります。

「彼に見られて気持ちいいか?変態女!」

広子の喘ぎ声は大きくなります。
顔を赤くして額に汗をかく広子。
本気でイキかけてきました。

そのとき・・・。

「ストップ!これ以上は無理だ」

そう言う彼ですが、止めに入ってくる様子はありません。
肉棒はギンギンで、今にも射精しそうな彼がいるのです。

「広子!俺以外の男でイクのか?ああ!」

ヤクザの追い込みのように言葉を吐く彼。

「だって・・・仕方なじゃん」

息を乱して答える広子。

「クッソ~!!」と言いながら激しくチンポをしごく彼。

それを見て、さらに激しく広子を突きまくる俺。
彼が俺に電話をするときは、いつも苦渋の選択なのです。

『自分の女が他人にハメられるのは、性癖以前に人として許せない』と彼は思っています。

でも、それでしか“本当の自分”を満たすことができないことも、彼は知っています。
だから彼は、いつも深刻に悩んでいるのです。
これは年に1回あるかないかの出来事ですが、俺にとっては楽しいサプライズです。