自分は今高校2年で、とある店でバイトをしています。
自分はレジを担当しているのですが、レジ担当の人は女の人が多く、かなり緊張します。
その中でも自分がすごく意識してしまう女の人がいて、大学生の大谷さんという人です。
大谷さんはショートカットの似合う丸顔で可愛らしく、身長は157センチ程度なんですが割と胸も大きく、何より下半身がムッチリしていてとても魅力的なんです。
初めてレジを教えて頂く時はすごく緊張してしてしまいました。

先日のこと、レジに立っていたら誰かが走ってくるのが見えて、大谷さんでした。
すごくおっぱいが揺れていて、小ぶりなおっぱいの形がはっきりわかり、童貞だった僕は大谷さんのおっぱいの揺れだけで勃起してしまいました。
大谷さんにレジを教わっている途中、ペンが下に落ちて大谷さんが拾おうとした時なんですが、ムッチリ体型の大谷さんのエッチな姿を想像して勃起状態だったので、明らかに膨らんだ僕の股間部分に大谷さんが気づきました。

大谷「あれ、どしたの?(笑)」

僕「いや、ちょっと・・・」

大谷「まあ若いからしゃあないか(笑)」

自分「すみません・・・」

ってな感じでその場はしのいだのですが、それからも大谷さんのムチムチした脚やおっぱいや顔を見るたび勃起してしまい、興奮を抑えるのが大変でした。

バイトの休憩時間になり、休憩室に戻ったら大谷さんがいました。
その時の大谷さんの服装は、バイト用のポロシャツを脱いだTシャツ姿で、それも胸元がかなり開いてるものでした。

「お疲れさまー」

「今日は大変だね」

なんて話してる間も胸の谷間がチラチラ見えていて、僕の股間は限界までギンギンになっていました。
さすがにまずいと思い、1回抜いておこうとトイレに行こうとしたら、「ちょっと僕くん」と、大谷さんに引き止められました。

大谷「どこ行くの?」

僕「ちょっとトイレへ・・・」

大谷「なんで?」

僕「いや・・・」

その時、大谷さんが急に耳元で、「オナニーしようとしてるでしょ?」と言ってきました。
それと同時に僕と密着するような体勢になり、僕のギンギンになったチンポを擦りながら、「知ってるんだよ、私で興奮してたの」と言われました。
声も出ずに固まっていると、「童貞?」と聞かれて、「・・・はい」とだけ答えました。

大谷さんは僕のパンツの中に手を入れ、直で僕のチンポを触りながら、「・・・筆下ろし、してあげよっか?」と言いました。
僕は筆おろしの意味がわからず、「え・・・?」と聞き返すと、「だーかーらー」と大谷さんが、「私とセックスしたいか聞いてるの」と言ってきました。
もちろん僕は、「・・・はい」と答えました。

「じゃあ行こっか!」

大谷さんの後について行くと、着いた先は男女共用トイレでした。
トイレの個室に2人で入ってすぐに大谷さんは、「私ってそんなエロいかな~」とか独り言みたいに言いつつ僕のチンポを弄りました。

「じゃあとりあえず脱いで」

言われるがままズボンを脱ぎ、ギンッギンになったチンポを露わにしました。

「めっちゃギンギンじゃん(笑)。そんなしたかったの?」

僕が頷くと・・・。

「じゃあ最初は手と口でしてあげるね」

大谷さんはしゃがんで僕のチンポをしごき始めました。
僕のチンポを女の人がしごいているというだけでもやばいのに、それが憧れの大谷さんだなんて本当に興奮してしまい、「すみません、出ますっ・・・」と言って、思いっきり大谷さんの顔面に射精してしまいました。

「ちょっと~、最悪~(笑)」

そう言いながら大谷さんが顔にかかった精液を指で拭い、舐めとる姿がエロすぎて、またすぐに勃起しました。

「まあしょうがないか、次は口ね」

大谷さんは僕のチンポを口で咥え、頭を上下しながらじゅぽっぐぽっじゅぷっと音を立ててフェラしてくれました。
大谷さんの舌が僕のチンポを這いずり回る感覚と口の中の温かさがすっごく気持ちよくて、大谷さんの、「ふひにはひてひいよ」(口に出していいよ)の声のすぐ後に、ブビュッビュルビュルッ~と、2回目とは思えない大量の精子を射精をしました。
あまりの気持ち良さに腰が抜けそうになりつつ、大谷さんの頭を掴んでたくさん射精しました。

「んー。ゴクッゴクッ」

大谷さんは僕の精液を飲み干すと、「すごい量だね、飲むの大変(笑)」と口の中を見せてくれました。

「よしっ。じゃあ次はいよいよ筆下ろしだね」

もう僕は興奮と緊張でチンポはビンビンでした。
大谷さんはズボンを脱ぎ、便器に脚をかけて、「はい、私のおまんこ」と僕に見せてきました。
大谷さんのおまんこはビラビラが大きめでピンク色、そして少し毛が生えているそこは、すでにびちょびちょに濡れてました。

「すぐに挿れたい?」

「はい!」

「じゃあおいでっ(笑)」

僕は大谷さんの片足を持ち、チンポを大谷さんのおまんこに宛てがいました。

「あっ」と大谷さんが言って、少しずつチンポが大谷さんの膣に挿入されていき、大谷さんの膣のザラザラ感を味わいながらチンポを根元まで入れました。

「全部入っちゃったね・・・。んっ、動いていいよ」

一度チンポをカリのあたりまで引き抜き、一気にまた腟の奥まで押し込みました。
大谷さんのおまんこの中はとてもあったかくて、チンポを引き抜くたび吸い付いてきて離さない最高の締まり具合で、何度も出した後なのにイクのを我慢するのが大変でした。
そこから何回も腰を大谷さんのおまんこに打ち付け、大谷さんの生のおまんこの感覚を感じました。
チンポを出し入れするたび大谷さんは僕を抱き締めながら、「あんっあっいやっうんっんっんっ」と声をあげて感じていました。
僕は夢中で大谷さんのおまんこにチンポを出し入れしまくり、射精感がピークにまで達しました。

「大谷さんっ、出そうですっ、イキそうですっ」

「中っ。中で出していいよっ。いっぱい中に出してっ」

そこからは猛スピードで腰を振りまくりました。

「大谷さん、イキますっ。大谷さんの中で出します」

「出してっ、イクっ、私もっイク!」

「出るっ!」

ビュルルッ、ぶびゅびゅっびゅぶっ、ビューっ!

大谷さんのおまんこの奥の奥で、これでもかというほどたくさん射精しました。
あまりの快感にしばらく動けませんでした。
少しして落ち着いてきたのでチンポを大谷さんのおまんこからズルっと引き抜き、大谷さんとディープキスをして離れた瞬間、大谷さんのおまんこから僕の精液がドロっと流れ出てきました。
精液がムチっとした大谷さんの脚を伝うのを見て、めちゃめちゃ興奮しました。

「いっぱい出たね(笑)」

大谷さんは笑顔で言いました。
2人で後片付けをしてトイレを後にすると、バイト終了後も近くの公園のトイレで3回ほど大谷さんのおまんこに中出ししました。

その日から大谷さんとのセフレ関係は続いていて、毎日大谷さんのムチムチした体を抱き、時には朝まで大谷さんの家でセックスしています。
もちろん全部中出し(笑)
最近はコスプレエッチにハマっていて、特にミニスカナースがお気に入りです。

以上、僕とバイト先の大谷さんのセックス体験でした!