あれは、僕(有真)が5年生の春頃。
友達と一緒に兄ちゃんのエロDVDを観ていると、友達が「セックスしたい」と言い出して、当時の僕の彼女(萌絵)に頼んで女子を集めてもらうことになりました。

次の日、僕の家には男子10人、女子6人が集まりました。
まだセックスを知らない子もいたので、みんなでDVDを観ることになりました。
そしたら友達が、「有真と萌絵が見本を見せろよ」と言ってきました。
僕達は初体験を済ませたばかりでした。
僕は萌絵を抱き寄せ、軽くキスをし、少しずつムードが上がっていき、舌を入れて濃厚なディープキスをしました。
当然、僕のチンコはカチカチに勃起してました。

僕は萌絵のブラジャーをそっと外し、胸を揉んで乳首を指で摘まんだりクリクリしたり、舌で舐め回したりしました。
すると萌絵の口から、「うぅん、あん」とエッチな声が出はじめました。
愛撫を続けていると、萌絵の手が僕のズボンとパンツを脱がし、勃起したチンコをシコシコやりだしました。
カリを手のひらで撫でられ、玉を揉まれ、激しく、時には優しくしごかれて、超気持ち良くなってきました。
萌絵が、「有真の凄く大きくなってるよ」と言ってフェラしてくれました。
萌絵の舌が僕のチンコに絡み付き、僕はイキそうになりかけました。

「チンコから何か出てきたよ」

そう言うと、萌絵のフェラのスピードが速くなり、僕はもう限界!
萌絵の口に射精しました。
萌絵は精液を全部飲んでくれました。

1回出しても僕は興奮覚めやらず萌絵のマンコを指で弄り回しました。
クチュクチュといやらしい音が鳴って、萌絵も喘ぎ声をあげて、マンコもビチョビチョになっていました。

「萌絵のアソコ凄いキツキツ!いやらしい汁がいっぱい出てるよ」

萌絵が、「もっとしてぇ」と言うので、クリを弄り回し、マンコを舐めてあげました。
舐めると同時にクリも弄って萌絵はもう限界!

「ダメ!イッちゃう!」

その言葉で僕の愛撫はさらに激しさを増し、萌絵は最高にいやらしい声をあげて潮を吹いてしまいました。
それでもさらに僕が愛撫を続けようとすると・・・。

「早く有真のチンコ入れて」

僕は興奮して萌絵のアソコにチンコを押し当てました。
するとニュルっと萌絵のアソコに吸い込まれました。
中は凄く温かく気持ちよすぎでした。
僕は萌絵を抱き締めながらがむしゃらに腰を激しく動かして、お互いにセックスを楽しみました。
バックや駅弁、騎乗位、色んな体位にも挑戦しました!

「イキそう」

僕がそう言うと萌絵が、「中に出して」と言うので、僕は萌絵の中にいっぱい射精しました。
萌絵も何回イッたか分からないぐらいビチョビチョでした。
そして周りを見ると、みんなセックスしてました(笑)

それから毎日のように僕の家には人が集まるようになり、上級生や中学生まで噂を聞きつけて集まるようになり、僕の部屋はヤリ部屋になってしまいました。