今年の夏のことです。
それは突然でした。
いつも通り残業をしていたとき、ふと声をかけられた。
なんと約20年前、自分が幼稚園の時の先生だった。
下の名前を覚えていたし、先生が自分の地元で働いてるのは前から知っていたが、運命的な再会だった。
それも2人っきり。
先生の名前は、かなえさん(仮名・現在45歳)。

その日の夜は、俺は職場で1人残って残業をしていて、上司も部下も同僚もみんな帰宅していた。
まさか、こんなところで・・・。

かなえ「間違えてたらごめんね、◯◯君だよね?」

俺「はい、そうです」

かなえ「よかった・・・いつも出勤するときにタイムカードの名前を見てたし、廊下ですれ違うとき、そうかなって思ってたんだよ」

俺「あっ、俺も幼稚園を辞めた後、先生がここで働いてるって聞いてたので、もしかしてって思ってました」

かなえ「昔から変わらないね」

俺「かなえ先生も変わらないですよ」

俺は実は昔から好きで好きで、写真を見るたびに絶対に横に写ってたし、いっぱい抱っこしてもらったし、とにかく好きだった。
今思うと、おっぱいを触っても許してくれる先生だったな。
そして巨乳。

かなえ「そういえば、靖子先生も今、一緒のところにいるよ」

俺「マジですか!?すごいな、再会できてマジ感動してます」

かなえ「私も、◯◯君のお父さんお母さんには会ってたけど、◯◯君に再会できて嬉しいよ」

俺「先生・・・こんなこと聞いたら怒られるかもしれないんですけど・・・」

かなえ「ん?」

俺「いや・・・もしよかったら、ご飯か飲みに行きたいなって」

かなえ「ん~・・・そんな長居はできないかもしれないけど、いいよ」

俺「やったー!じゃあ連絡先教えてください」

再会してから2週間が経った。

かなえ「今日は誘ってくれてありがとうね!」

靖子「お久しぶり!◯◯君、かなえ先生から聞いてたけど変わらないね」

俺「こんばんは、昔から見たら色々大きくなりましたよ」

かなえ「でも顔は昔のままだし、懐かしいね」

俺「先生たちも昔から変わらず美人ですよ」

ちなみに2人の情報。
かなえさん:45歳、Eカップ。
靖子さん:46歳、Dカップ。

靖子「さてさて、今日はどこのお店に行くの?」

俺「あそこの居酒屋です。予約してあるので大丈夫かと」

3人で居酒屋に入った。
予約をしていた個室に入った。

かなえ「◯◯君と居酒屋で飲む日が来るなんてね」

靖子「そうだね、あんなに昔は小さかったのに」

俺「俺も先生たちと来ることができて夢みたいです」

そして2時間コースを3人で満喫。

俺「そろそろ時間なので、次行きます?それとも帰りますか?」

かなえ「私は大丈夫だよ」

靖子「私も」

俺「次、どこ行きますか?」

かなえ「◯◯君が住んでるところ」

俺は一瞬、(え?)ってなった。

靖子「いいねいいね、お酒とかお摘みを買って行こう!」

俺「部屋が散らかっていても大丈夫でしょうか?」

かなえ「気にしないよ」

結局、コンビニで色々買って、俺の家に向かうことに。
20分くらい歩いて到着。

靖子「ねえ、◯◯君、テレビ点けてもいい?」

俺「あっ、はい、どうぞ」

かなえ「やっぱ、お家は落ち着くね」

家に入るなり2人の服のボタンが外れていて、谷間が露わになっていた。
自分が勃起してきてるのがわかった。

靖子「DVDプレーヤーがあるね、再生してみてもいい?」

(やばっ!AV入ったまま!!)

だが、時にすでに遅し。
テレビから喘ぎ声が・・・。

(うわぁ・・・完全に引かれちゃったよ・・・)って思ってた。

しかし!!

靖子「へぇ~、さすがに◯◯君も若いだけあるね」

そう言うと靖子さんは急に服を脱ぎ始めて、何を思ったのか下着姿になって、俺の横に座った。

俺「靖子先生、な、なんで・・・」

靖子「私、最近レスでね、旦那との性生活が寂しいんだ」

谷間を見せながら誘惑してくる。

かなえ「あっ、靖子先生、そんな長居はしないって言ったのに・・・」

すると靖子先生は、かなえ先生の横に行っておっぱいを揉み始めた。

かなえ「何してるの・・・だめ・・・」

靖子「ほら、◯◯君が見てるから、かなえ先生も脱いで」

そう言うとかなえ先生も立ち上がり、下着姿に。

俺「2人とも脱いだら俺・・・我慢できなくなる」

かなえ「◯◯君のってパンツの上からでもわかるくらい大きい」

靖子「◯◯君の寝室に行きましょう」

そう言われてベッドに移動。
俺はパンツ姿。
靖子先生とかなえ先生は全裸。

靖子「◯◯君は、女の子との経験は?」

俺「すみません・・・童貞です・・・」

かなえ「謝ることないよ、私たちでよかったら教えてあげる」

俺「夢みたい・・・20年前みたいにまた教えてもらえる」

靖子「ほら、かなえ先生のおっぱい舐めてあげて」

俺「うわー最高・・・いただきます」

俺はかつての幼稚園の時の先生のおっぱいを揉んだり舐めたりした。

靖子「私のも舐めて」

そう言われて舐めていると、かなえ先生が俺のパンツを脱がして、チンコをフェラし始めた。

俺「やばっ・・・き、気持ちいい」

かなえ「◯◯君の大きい、しかも太さもすごいね」

俺「そ、そんなにされたら・・・」

かなえ「まだ出しちゃダメだよ」

靖子「2人で舐めてあげる」

なんとWフェラをしてくれた。

俺「あっ・・・出ちゃいそう・・・」

かなえ「待って!おっぱいで挟んであげる」

かなえ先生がEカップのおっぱいで挟んでくれた。
俺は射精を我慢した。

靖子「じゃあ私たち2人に挿れてごらん」

俺はまず靖子先生から挿入した。

靖子「◯◯君の大きくて最高。かなえ先生の舐めてあげなさい」

顔面騎乗をした。
かなえ先生は潮吹きをした。
靖子先生はイッてしまったので、挿入を交代。
かなえ先生に正常位で挿れた。

かなえ「◯◯君の大きくて気持ちいいよ」

俺「あっ・・・俺、もう出そうです」

俺はそのまま出してしまった。

かなえ「◯◯君、中はダメよ・・・赤ちゃんできたらどうするの?」

靖子「かなえ先生、◯◯君と結婚しなさいよ(笑)」

知らなかったのだが、かなえ先生は離婚していた。

かなえ「私でいいの?」

俺「俺は昔から好きでした・・・とっても嬉しいです」

年の差はあるが、俺は昔から好きだった幼稚園時代の先生と結婚した。
再会してここまであっという間に進んだが、さすがに靖子先生を交えての3Pはなくなった。