俺は40歳、妻の聡美は32歳で結婚して8年になる。
田舎育ちの純朴娘だった聡美との出会いは10年前になる。

俺は本社で課長のお嬢さん(女子大生)と恋仲になり、成り行きで入ったSMホテルで見様見真似の緊縛調教をして、お嬢さんをアザだらけにして交際が発覚した。
素人が初めてやった緊縛行為のためにアザだらけにしてしまったのだが、日常的に変態行為をしているものと勘違いされて、俺は課長の怒りを買って山間の営業所に飛ばされたのだ。
新幹線の駅までローカル線で1時間かかるど田舎の町で、住んでいるのは7割方ジジイとババアだったし、営業所もくたびれた連中ばかりで独身は俺だけだった。

営業所に飛ばされて1年後の30歳。
営業所管内で宅地造成が計画され、PCが扱える臨時の職員を募集したところ、やってきたのが当時22歳の聡美だった。
若者が都会に出ていくなか、聡美は兄が継いだ和菓子屋を手伝っていた。
聡美が高校を卒業する頃に兄嫁が出産し、兄嫁が幼子の面倒を見なければならなかったので手伝っていたが、その子も3歳になり兄嫁が復帰したため、聡美が事務補助にやってきたのだった。

聡美は田舎育ちにありがちな純朴そうな美少女顔で、持田香織に何となく似ている。
可愛いのだけれど、気が弱くて従順なオーラが出ていて、実際一緒に働いてみると、文句を言ったり楯突いたりできない性格で、1人で都会に出すには心配な女だった。

独身同士の男女が一緒に仕事をすれば、まして可愛ければどうしても意識してしまう。
周りの社員も俺と聡美を「お似合いだ」と冷やかしはじめ、なんとなく飯を食いに行ったり、休日遊んだりしているうちにくっついた。
しかし初セックスにこぎつけるのには苦労して、付き合い始めてから半年かかった。
なにせキスすらさせてくれなくて、初キスは初セックスの直前だった。

俺は純朴で可愛い聡美と、どうしてもセックスしたかった。
断れない性格のはずなのに、なぜセックスだけは拒むのかを尋ねたら、時々夜中に聞こえる兄嫁の喘ぎ声が原因だった。

「お兄ちゃんと、優しくて上品なお義姉さんがあんなエッチな声で・・・」

お淑やかな兄嫁が、兄に抱かれて快感に耐え切れず、淫らな声を漏らすのに嫌悪していたのだ。
従順な聡美にはマゾっ気があることに気付いた俺は、ちょっと意地悪して苛めてみた。
コンビニなどで、わざとコンドームを手に取って・・・。

「そろそろ用意しておいたほうがいいかな・・・」

そう言って聡美を見ると、頬を真っ赤に染めていた。

「聡美とこれを早く使いたいな。ねえ、聡美、これ買ってバッグに入れておいてよ。そうしたら、その気になったらいつでも応じてもらえるから」

訳のわからないことを言って、断れない性格の聡美にクオカードを渡してレジに行かせた。
聡美は、「え・・・どうしよう・・・」という表情をしつつもレジに持っていった。
頬だけでなく顔中を真っ赤にして、聡美は俯きながらコンドームをレジカウンターに置いた。
30代くらいの男性のコンビニ店員がコンドームを手に取って、大人しそうで可愛い聡美を見てニヤっと笑った。
店員は中身が見えないように紙袋にコンドームを入れて聡美に渡した。
聡美はもう耳まで真っ赤になって恥ずかしがって、コンドームが入った紙袋を持って俺のところに小走りで駆け寄ってきた。

「もう、自分で買ってよ・・・恥ずかしかった・・・」

買う前にそれを言えなかった自分に言い聞かせるように言った。

「きっと、これから聡美が俺とセックスしに行くんだろうって店員に思われたよね。こんな未成年みたいに可愛い子が、どんなセックスするんだろうって想像したかもね」

聡美の羞恥心を煽りまくると、聡美が興奮して上気していたのがわかった。
そして、おそらく聡美はセックスの経験がないであろうと思った。

次の週末のデートで、隣町にある高速道路のインターチェンジ付近に数軒立ち並ぶラブホテルの前を通った。
俯いて顔を真っ赤にする聡美。

「あのコンドーム、使いたいなあ・・・いつでもできるように持ってるでしょ?」

聞くと、聡美はコクリと頷いた。

「聡美は22歳だよね。今までセックスしたことぐらいあるんでしょ?」

聡美は首を振った。
処女と知ったら俄然欲しくなり、歯の浮くような愛の言葉や甘いセリフを大安売りして、押しの一手で聡美を口説き落とした。

田舎町のラブホテルは意外と近代的で、ラブホらしい淫靡な雰囲気は控えめだった。
脱衣所で俺が下着姿になっても脱がない聡美の服を脱がすと、観念したのか無抵抗だった。
ブラを外すと可愛い乳房が出てきたが、すぐに両手で隠した。
聡子は恥ずかしそうに立ったままなのでパンティも脱がせると、茂みの下にワレメが見えた。
俺も下着を脱いで勃起したチンポを丸出しにすると、「キャッ」と言って両手で顔を覆ったので、可愛い乳房が丸見えになった。
浴室に入ってからは、問答無用で聡美の身体を素手で愛撫するように洗った。
乳房を揉んで、ワレメに指を這わせてマン穴を洗うと、「ンハァ・・・」と吐息が漏れた。

「今の気持ち良かった?エッチな女の子になる素質がありそうだね」

久しぶりの処女を言葉で苛めた。
聡美の身体は、大学時代の女子高生の身体を彷彿とさせるくらい幼げだった。
聡子の手を掴んでチンポを持たせて洗わせたが、手コキなどしたことがないので戸惑っていたから、俺が腰を振ってピストンさせた。

「こんな大きいの、入れるの?」

きっと勃起したチンポを見たのは初めてだったのだろう。
身体をシャワーで洗い流して湯船に浸かった。
抱っこするようにして初めてのキスを交わした。
舌を入れてみたら驚いていたが、自然と絡ませてきて、処女の聡美と濃厚なキスをした。

浴室から出てベッドへ移動した。
乳房を揉んだ後、乳首を舐めながらワレメに指を沿わせたらヌルっと濡れていた。
優しくワレメを撫でてクリが勃起するのを確認して、股ぐらを開いてクンニの体勢へ持っていくと激しく抵抗された。

「やだ・・・恥ずかしいから見ないで・・・」

「愛のあるセックスは女性器にキスをして舐めてあげるんだよ。性欲だけのセックスとは違うんだよ。さあ、恥ずかしい穴を見せてごらん・・・」

ワレメを拡げてほとんどマンビラが形成されていない超美麗マンコを拝んだ。

「ああ・・・恥ずかしいから拡げないで・・・やだあ・・・」

やや強引に股を押さえて、処女のマンコを観察させてもらった。
クパァと開いたマン穴の奥にギザギザのトンネルがあり、それが処女膜だと分かった。
マン穴から勃起したクリに向けて舐め上げていくと、聡子は快感というより羞恥で声が出ていた。
でもクリ中心に舌で転がしていると、腰が震えて快感い襲われているのがわかった。
初めて男にマンコを拡げられて、敏感な勃起クリを舐められた聡美は押し寄せる快感に・・・。

「ンアァアッ・・・アアアアァ・・・」

弓なりになって悶え、俺をはねのけてクンニから逃れた。

「ハアハア・・・頭がおかしくなりそうだった・・・」

そういう聡美の目の前にチンポを出した。

「あ・・・愛のあるセックスだから、男性器にキスをして舐めなければならないんですね・・・」

聡美は亀頭にキスをするとペロペロとチンポを舐めだした。
未成年のように可愛い純朴顔の聡美が素っ裸でチンポを舐めているのを見たら、たまらなかった。

いよいよコンドームを使う時が来た。
薄い緑色のコンドームを被せて、亀頭を宛てがい、ゆっくりと入れるとズルンと入った。
女子大生はかなり痛がって、やっと入ったのに、聡美は・・・。

「痛いけど、大丈夫・・・我慢できる・・・」

しばらく繋がった状態を楽しみ、ゆっくりと腰を動かし始めたが、聡美はそれほど痛がる様子は見られなかった。

「ンンン・・・ハアハア・・・」

声を押し殺した呻きと荒い息遣いが初めてのセックスを彩った。
初めてのセックスなので、正常位で一つに繋がったことを楽しんだ。
一番奥まで挿入して、チンポの根元で勃起クリを擦るように腰を使った。

「ハアァ・・・ハァン・・・」

痛みと快感が交錯しているのだろう、聡美は困り顔で俺を見つめていた。
射精したくなったので、この日は我慢せずにコンドームに射精した。
チンポを抜いてコンドームを始末しながら聡美のマンコを見ると、白く泡立った愛液と血液が混ざるイチゴミルクが垂れていた。
初めてセックスを経験して呆然とする聡子のマンコを拭いてやり、処女を失って口を開けたマン穴を見て感慨深く思った。
一緒に風呂に入ると、聡美が抱き付いてきたので抱き締めてやった。
純朴な聡美が可愛かった。

一度セックスを経験したら、聡美は俺に対してスキンシップが多くなった。
週末は隣町のラブホテルで聡美を抱くようになって、1ヶ月もすると、聡美も痛みよりも快感を感じるようになった。
聡美の足を開いて、指でマンコを弄りながら感じて悶える聡美に・・・。

「聡美のオマンコはちっちゃくて可愛いね。でも、ここを弄るとエッチな声が出るね」

そう言いながらクリをコネてやると、「アァァァ・・・ア、アア・・・恥ずかしい・・・」と言いながら愛液を垂れ流し始める。
わざとピチャピチャ音がするように指でマン穴を弄って・・・。

「聡美はエッチな子だね。イヤらしいお汁がいっぱい流れてるよ・・・」

とことん羞恥責めをした。
クンニは、痛くない程度にクリを吸い気味にして舌先で転がした。
悶絶アクメで息も絶え絶えになったところでチンポで掻き回してやると、可愛い乳房をプルプルさせて感じるようになっていった。

初セックスから3ヶ月過ぎたある週末、聡美を連れてこの地方の中心都市まで約1時間ドライブした。
その都市は20数万の人口規模なので郊外に大きな雑貨店があり、その中には18歳未満は立ち入れないアダルトグッズの売り場があった。
アダルトグッズ専門店だと入りにくいが、一部にコーナーが設けられているときは流れに任せて立ち入れた。
若い男性客の中に若くて純朴そうな可愛い女の子が入ると一瞬ざわついた。
ローターやいやらしい形をしたディルドやバイブを手に取って・・・。

「聡美って、こういうの使ってみたいなんてある?」

なんて言うと、顔が真っ赤になる。

「これ、クリちゃんを気持ち良くするキャップだけど、今日買って聡美に試してもいいかな?」

わざと他の客にも聞こえるように言ってみた。
恥じらう聡美に視線が集中しているのがわかった。
その日、その赤いクリキャップとコスプレ用のセーラー服を聡美に買わせた。

その後、初めて入る都市部のラブホで、聡美のクリにクリキャップを吸いつけてみた。
ピコッとクリが反転するように膨らみ、吸い付いたクリキャップがまるでマンコから赤いチンポが生えているようで、装着した姿にも羞恥効果があった。
上半身セーラー服を着た可愛い聡美のマンコから赤いミニチンポが生えている姿は何とも滑稽だった。
その姿を鏡に映した聡美は、「ヤダァ・・・恥ずかしいよこんなの・・・」と言いつつ、マン穴からは愛液が滲んでいた。

「あの店員は、きっと今頃、セーラー服を着てクリキャップをオマンコから突き出している聡美の姿を想像しているだろうなあ・・・」

「ヤダ・・・恥ずかしい・・・」

「それにしてもセーラー服がとてもよく似合うね。聡美は清純で可愛いから似合うんだね」

褒めてやることも忘れない。
しばらくしてクリキャップを外してみると、吸い上げられたクリは膨らみっぱなしを維持していて、一舐めすると、「ヒャアッ!」と言って身体をビクつかせた。
大股に開かせて無理やり舐めてやると・・・。

「ヒィィィィィィィィィィ~~~ダメダメダメダメ狂っちゃうからダメェェェェェ~~~~」

愛液がジュブジュブと噴き出し、聡美は痙攣を始めて唸りながら無呼吸状態になって力尽きたようにガクッとなった。
グッタリとした聡美は足を開いたままで、赤く膨らんだクリがワレメから突き出していて、とても淫らだった。
聡美は初めてクリイキしたのだった。

一度イッた聡美は、チンポ挿入にのた打ち回るほど感じていた。
膨らんで突き出たクリにチンポの根元がいちいち擦れるのだから、聡美はたまったものではなかった。
それにマン穴の中も少しずつ開発されていたから、気が狂わんばかりに感じて、自分を見失うほどに喘ぎ乱れていた。

23歳になると聡美はすっかりセックスに慣れてきた。
マンコも程よく熟して、中でも感じるマンコになっていた。
聡美のマンコを拡げて・・・。

「聡美のオマンコ、前よりもエロくなってきたな。突き出て膨らんだクリもエロくて興奮するな」

そう言って、フル勃起したチンポを見せる。
聡美は、自分のマンコが少しずつ変化してきていることは感じているし、吸われて膨らんだ状態のクリは異常な変態行為で恥ずかしいと思っているが、それを見て彼氏が勃起していることは嬉しいのだ。
勃起したチンポを見せると、聡美は自然とフェラするようになっていた。

「喜んでチンポをフェラするようになったんだな。聡美って、可愛い顔してるのに、エロくなったよなあ・・・」

言葉責めをするとヌルヌルに濡らした。
聡美はとにかく羞恥心を煽ると濡れる女なのだ。

俺32歳、聡美24歳で結婚した。
今は32歳になった聡美だが、見た目は20代前半でもいけるくらい純朴な可愛さを保っている。
しかし羞恥で煽り続けた夫婦生活が聡美をマゾに仕上げ、性生活は飽きることなく楽しめている。
聡美にとって夫婦のセックスとは、夫に恥ずかしいことをされることで、マンコとチンポで繋がることではないのだ。
夫に恥ずかしいことをされて耐えることで得られる快感は、日常、純朴なお嬢さんでいる聡美でなければ効果がなかった。

『清純で純情な私がこんな恥ずかしい恰好で恥ずかしい部分をイタズラされている』

そんな心的イメージが聡美を感じさせている。
今夜も子供が寝た後で、聡美はマンビラを拡げて苛めを乞うだろう。