オレの部下の『前田さん(仮名)』は、二重まぶたで唇のぽってりしたなかなかの美人さんで、32歳の年相応の女性らしい、色っぽいむっちりとした豊満な身体をしていた。
ただし仕事ができて、しかもどちらかと言えばクールで、軽口を叩かないわけではないけど、下ネタなんてとんでもないという感じの人だと思っていた。
身長は160センチくらいで、似ている人をしいて挙げればAV女優の前田優希。
オレにとっては直接の部下である分、手の届かない存在であり、同時にとにかくソソる女性だった。

オレは色っぽい前田さんのことを考えてオナニーするようになっていた。
前田さんをオナペットにするときには、屈んだときに時々見える豊満な胸チラを思い出した。
お尻も肉厚で好きだった。
タイトスカートにペ二スに擦り付ける想像をすると激しく興奮した。

仕事上、繁忙期には2人きりで残業することも多かったが、仕事の合間に眼や唇をチラチラ見たり、女らしいラインの身体をこっそり視姦した。
仕事中ではあるが、オナペットの女性の残像を記憶に残そうと、ついつい彼女の方を見てしまう。
柔らかそうな女性らしい身体だ。
むっちりしたお尻と大きいおっぱいの優しい膨らみが服の上からでも十分にいやらしい。
2人きりの残業のときで、しかも前田さんがこちらを見ていないときには、思う存分、前田さんを視姦できる。
近くを通ると、シャンプーと化粧の混ざったような女性の良い香りがした。

オレは彼女の匂いが好きだった。
実は自分1人で残業した時に、前田さんの仕事用のパンプスを拝借してオナニーしたことが何度かあった。
彼女のロッカーにはパンプスが置いてある。
それを拝借し、片方は鼻と口に宛てがって匂いと味を楽しみ、もう片方はペニスに被せ、最初はゆっくり、だんだんと激しくシゴく。
パンプスのかかと部分が玉の付け根部分にちょうど被さって気持ちいい。
つま先の裏地に亀頭が包み込まれると、柔らかいような固いような微妙な素材が心地よく、前田さんの唇やオマンコに挿入しているかのような錯覚に陥った。

「前田さん・・・前田さん・・・見て・・・イクよ!」

そう言いながら射精すると、おびただしい精液が噴出した。
ペニスを見られることを想像すると興奮する性癖なのだ。

先日の残業中のことだ。
前田さんはいつもカーディガンやツインニットを着ているのだが、その日はグレーのVネックのサマーセーターだった。
豊かな下乳はいつも通りだが、胸の谷間が見えるチャンスもあるので、ラッキーだと思った。
2人で1台のパソコンでの作業で、オレはパソコン作業をする彼女の左側の斜め後ろに座っていたので視姦するのには都合が良かった。
おっぱいがゆさゆさと揺れ動いたり、動いていないときでも下乳の膨らみに興奮する。
身体にぴったりとしたVネックのサマーセーターはおっぱいの形がはっきりわかるデザインだった。
オレは座り直すふりをして一旦立ち上がり、前田さんの背中越しに胸の谷間を確認した。
谷間の上の部分しか見えなかったが、きめ細かい肌に少し汗をかいていて興奮した。
オレは椅子に座ったあと、ズボンの前の勃起を気づかれないように手のひらで握った。
案の定、硬く勃起していた。
視線は前田さんの下乳の膨らみや太ももから離すことが出来なかった。
すると前田さんに急にこちらを向かれ、ビクッとなった。
彼女はオレの眼をまっすぐに見て・・・。

「課長、さっきからモゾモゾしてません?」

(ギ、ギク!やばい!)

「いやゴメン。考え事してた」

「そわそわしたりボーっとしたり、なんだか全然集中してない感じ」

部下に怒られるダメ上司・・・。
そうだよな、仕事中だったんだ。

「ゴメンゴメン。集中する。考え事してた。許して」

「許しませんよ!仕事中でしょ」

「す、すまん」

「じゃあ何の考え事してたんですか!」

やばい!
スゲー怒ってる。
彼女は基本、真面目でお堅い。
だからこそ萌えるのだが、身体をジロジロ見てたことはバレてはならない。

「何も考えてないよ!ホントに。ボーっとしてた。ゴメン」

オレは必死に謝った。
なんとか許して欲しかった。
仕事中なのに、ちょっと調子に乗り過ぎた。
身体をジロジロ見ていたのがバレてセクハラで訴えられるのはゴメンだ。

「ふ~ん。そうですか。まあいいです。なんとなく想像はつくけど」

なんとか許してくれた。

(でも、「なんとなく想像はつく・・・」ってどういうことだ?)

気になるが、その後作業を続ける。
あまり彼女の身体を見ないように気をつけた。
斜め後ろに座っているので見ようと思えば見れたのだが、さっきのようなことは避けなければならない。
パソコンの画面に視線を貼り付けた。
その後30分ほど作業を続け、その日のノルマは達成された。

「ふう。終わったな。お疲れ様」

「お疲れ様でした~」

しばし雑談タイム。
どうでもいいような類いの話だ。
オレは早くトイレに駆け込んで前田さんの残像でオナニーしたかったが、少しの時間なら仕方ない。
それとも彼女が帰るのを待って、また仕事用のパンプスを拝借しようか・・・。

「そういえば・・・」

と、前田さんは話題を変える。

「ベイビーフットってどうなったんですか?」

「あーあれね。足の裏がツルツルになったよ」

「やっぱり?そんなにツルツルなんですか?」

「すごいよ。マジで。見てみる?」

返事も聞かずに靴下を脱ぐオレ。
薬のおかげでツルツルになった両足の裏を前田さんに見せる。

「え~。すごいですね。ツルツルじゃないですか!赤ちゃんみたい」

「そうなんだよ。自分でもビックリで」

「ちょっと触ってもいいですか?」

「どーぞ。でも汚くないかな」

「大丈夫です」と言いながら人差し指でツンツンしてくる。

「柔らかいですね。ホントに赤ちゃんの足の裏みたい。すごい」

さらに親指で、指と指の間あたりも押してくる。

「あ~気持ちいい。マッサージされてるみたいだ」

うっとりするオレ。
ホントはくすぐったかったのだが、ずっと触っていて欲しくてそう言った。
オレは全神経を足の裏に集中して、前田さんの指先の柔らかさを感じようとした。

「フフ、じゃホントにマッサージしてあげましょうか?」

「え?いいの?」

「結構上手いんですよ。自信あるんです」

前田さんは椅子から下り、床に正座するように座った。
オレの左足を持ち、踵を自分の両腿の間に立て、両手で足の裏を揉み込んでくれる。

「気持ちいい・・・」

思わず声が出た。
なかなかの腕前だ。
が、オレの頭の中は、エロい考えが充満していた。
踵から太ももの柔らかさが感じられて興奮した。
カーキ色のタイトスカートから黒いストッキングの膝小僧が出ているのも良い眺めだ。
前田さんが力を入れるために少し前屈みになると、胸の谷間が深くまで見えた。
さっきからチラチラと谷間の上の部分は見えていたが、はっきりと谷間が見えて、思わず凝視してしまった。
オレは今日のオカズのために谷間を凝視し目に焼き付けようとした。
たぶんかなりのニヤケ顔だったのだと思う。
ペニスはギンギンに勃起し、右脚方向に伸びているので、見た目にもハッキリわかるような状況だった。
そのとき前田さんは急に顔を上げた。
オレはギョッとして急に顔を作ったが、たぶんニヤケ顔を見られたんだと思う。

だが、前田さんはそれには何も触れず・・・。

「気持ちいいですか?」

オレの目を見ながら聞いてくる。

「気持ちいいねえ。でも疲れるんじゃない?」

とにかく平静を装う。

「大丈夫ですよ。私、奉仕するの好きなんです」

『奉仕』という言葉に少し興奮しながらも、何も見てませんよというアピールも兼ねて、オレは目を閉じた。
マッサージは足裏から上へ移動し、足首、ふくらはぎに移った。
(そんなところまで?)と思いながらも黙っていた。
ずっと続けて欲しかったからだ。
さらに太ももの正面から左右にブルブルと揺らされ、脚の付け根の脇のほうも揉まれた。
右脚の付け根は勃起したペニスとは至近距離だ。
ズボンの生地が揺れるため、間接的にペニスも刺激された。
勃起したペニスはさらに大きくなってるのがわかる。
見た目でもわかるはずだ。
前田さんは気づいているのかいないのか・・・?
(見て欲しい、気づいて欲しい)と思ってしまう。
さっきセクハラ露呈の恐怖を味わったばかりなのに、性癖には抗えない。
あまりの興奮でどうでもよくなってきた。

もしそうなっても許してくれるのではないか・・・。
それともセクハラと言って訴えられるのか。

そんなスリルも相まって、急激に興奮が高まってきた。
意識すればするほどペニスの硬度が増していくのがわかる。

「あぁ・・・」

つい声が出てしまった。
(やばい!)と思って目を開いた。
前田さんと目が合う。
手を止めてオレを見つめる前田さん。

「課長のここ、大変なことになってますよ」

そう言って勃起したペニスを指差す。

(!!)

バレてもいいと思っていたものの、ホントにバレるとものすごく恥ずかしくなり、本気で焦った。
オレは真っ赤になって・・・。

「ゴメン。気持ち良くて、つい・・・」

「ていうか、なんか液体まで滲んでますよ」

興奮しすぎてカウパーがズボンまで滲んでいた。
さらに恥ずかしさが増す。
元々カウパーは多いほうだ。
返答のしようもなく黙るオレ。

(やばい・・・、やば過ぎる。このままではセクハラで訴えられる・・・)

「マッサージしてるだけなのにこんなになって、欲求不満なんですか?」

(ん?怒ってない?)

「い、いや。ま、まあ欲求不満と言えばそうかな・・・」

「あんなに綺麗な奥さんいるのに?奥さんとエッチしてないんですか?」

急に核心をつくような質問で、こちらがドキドキしたが・・・。

「してないなあ。最近いつしたのかも覚えてない。まあ俗に言うレス状態というか・・・」

「じゃあ浮気してるとか?」

「いやいや、しないよ。そんな甲斐性ないし」

「でも男の人って発散しないと辛いんでしょ?」

「ん、うん・・・」

「どうしてるんですか?もしかして1人で処理してるとか?」

妖しい笑みとともに顔を傾けて聞いてくる前田さん。

(なんだ?意外に下ネタ好きじゃん・・・)

「ん、うん。自分で処理してる。いつも・・・」

聞かれたことに答えるぶんにはセクハラではないだろう。
オレは正直に答えた。

「いつも自分でするときは何を見てやるんですか?エッチな本とか?」

「い、いや・・・」

まさか、「あなたのことを考えて」とも言えず、黙ってしまった。

「ふーん。言えないようなものなんですね?フフ・・・」

意味ありげな笑みを浮かべる前田さん。

「課長って、見られるのが興奮するんでしょ?さっきもアソコ大きくして、私に見られたそうにしてましたもん。違います?」

「え・・・。あ、あの・・・」

簡単に言い当てられて、言い淀むオレ。

「正直に言ってください。そうじゃないと、マッサージさせられた挙句、変なもの見せられたってセクハラで訴えますよ!」

や、やばい!
ついに恐れていた単語が出た。

「ゴ、ゴメン!言います。ちゃんと言います。そうなんです。見られると興奮するんです・・・」

「へぇ~。変態さんですね」

「ん、うん・・・」

「素直でいいですね。じゃ、さっき言ってた自分で処理ってやつ、今ここでしてもいいですよ。特別に私が見ててあげますから」

前田さんの仰天発言。

「えぇ?!で、でもそんなことしたらセクハラだよね」

「当然セクハラですけど、ホントに訴えられたくなかったら見せて下さいよ。見せてくれないなら訴えようかなあ」

イタズラっぽく笑う。
ならばと意を決し、ズボンの上からペニスの位置をまっすぐに立て、右手で擦った。
指で摘むと先っぽが湿っているのがわかる。
前田さんはオレを見ながら、また椅子に座った。

<続く>