脱童貞してきました。
90分、30Kの店に何の緊張もなく電話。
送迎車に乗っても緊張せず、これは楽勝かと思ったが、店に着いた途端に極度の緊張。
フロントで金を払った時なんか、自分で何してるかわからないぐらい緊張してた。

待合室に通されて、出されたお茶を飲んで待つこと数分。
名前を呼ばれて部屋を出た。
通路の先には、童顔で好みの顔だが、平均体重を余裕でオーバーした年上の姉さんが!
ガチガチに緊張したまま手を繋いで部屋に向かう。

途中で姫に、「初めまして、だよね?」と聞かれた。

その後、「こういうお店も初めて?」と聞かれたので、「女性自体が初めてです」と答えた。

そしたら、「可愛いーっ!」って、いきなり抱きつかれた。

部屋に入ると、姫はお風呂に湯を張り始めた。
ベッドに座って服を脱がせてもらってタオル1枚に。
姫に言われるまま、姫の服を脱がせた。

「初めての相手に私を指名してくれたのはとっても嬉しいから、絶対に気持ちよくしてあげる」

そして、いきなりのディープキス。
タバコを吸わない俺にはタバコ臭いディープキスは拷問だった。
しかも時間が長い長い。
タバコ臭でクラクラになりながらも、あそこはギンギンに勃起した。

「おっきくなったねぇ」と言われて、正直ホッとした。

(勃たないかも?)という不安から解放されたから。

そのままベッドに横たわり、乳首、腹、ヘソなどを舐められて、そのまま生フェラへ。
気持ちよくて声が出た。

「イキそうになったら言ってね」

そのままフェラ続行。
気持ちよすぎて声が言葉にならず、ただただよがってたら姫が悟ったのかフェラを止めた。

「入れちゃうよ。中でいっぱい出してね」

(ついに来たか!)

そう思った途端、温かいものに包まれた。
思ったより締め付けもなく、あんまり気持ちよくない。
フェラの時のような声が出ないので心配したのか、「じゃ、これなら気持ちいい?」と姫が腰を動かし始めた。
すると挿入から5分ほどで頂点に達したので、「あ、ヤバイです。出そうです」と言ったら・・・。

「我慢しないで!思いっきり出してぇっ」と、姫が絶叫した(←演技丸出しw)

そして中出し。
いつもよりたくさん出たので自分でもビックリだった。

余韻に耽っていると、腹の辺りに温かい液体が滴った。
姫のまんこから精液が垂れていた。

「あ、垂れちゃったね。ごめんね」と言われた。

『初めてはイケない』という噂を気にしていたのだが、あっさりとイッてしまった。

その後お風呂に行き、スケベ椅子に座ると泡まみれに!
続いてお風呂に浸かり、またもやフェラ!
そのままあっという間にイカされてしまった。

お風呂から出て体を拭いてもらい、ベッドに座ってお茶を飲みながら談笑。
するとまたタバコ臭いディープキスが飛んできた。

「もう1回気持ちよくなろうね」

そう言いながらタオルの上からしごかれた。

「今度は私を責めてみて」と言われて、乳首やまんこを触ったり舐めたりすると、手を添えるようにして、「ここがクリちゃん。優しく触って」と言われ、貪るように顔をうずめた。

ちょっと生臭かったが、我慢して舐め続けた。
姫は声をあげて反応してくれた。
演技とわかっていても気分がいい。
これが『プロの仕事』というやつかな。

「そろそろ入れて!正常位で掻き回して」

奇声を上げる姫。
腰を沈めて挿入してみた。
腰を振ってると気持ちいいが、なかなか達しない。
すると、いきなり姫が悲鳴のような声をあげて痙攣した。

(これがイッたフリってやつか・・・)

やけに冷静になってしまう自分。
しばらくイケそうにないまま腰を振り続けていると姫が・・・。

「次はバックでして。色んな体位を経験して」

そう言いながら、お尻を突き出してきた。
バックで挿入してピストンを開始すると、自分でもびっくりなのだが、腰が砕けるような気持ちよさが襲ってきた。

「あー、ヤバイ!ヤバイーーーっ!」

そのまま姫の背中に覆い被さるように倒れこんでイッてしまった。

その後、うがいをして、体を洗ってもらい、服を着せてもらう。
名刺を貰えたので、NG客にはならずに済んだようだ。
着衣後も何度もキスをされて部屋を出た。
待合室前でもキス。
ボーイが目の前にいるので恥ずかしかった。

こうして俺の初体験は無事に終わった。
みんな、ありがとう。