女房がゴルフ場で仕事をしていた頃の話です。
ゴルフ場と言ってもキャディではなく、洗濯や掃除とかの雑用係で、お客さんとはさほど顔を合わすわけでもありません。
せいぜいロッカールームでお客と接するくらいでしょう。

その頃と言うかそれ以前から、私の性癖で女房とのセックス場面の写真やビデオを撮っていました。
私は自他共に認めるくらいスケベなのは自認していますが、女房も結構スケベだと思います。
それはというと結婚する前から裸の写真やビデオを撮らせるのに全くと言っていいほど嫌がりもしなかったからです。
家の中でのセックスはベッドの上はもちろん、台所でも、トイレの放尿も、お風呂でのビデオも撮り尽くすほど撮りました。
さらには友人との3Pなどもビデオに撮り、大事なコレクションとして今も取ってあります。
家の中はもちろん、近くの山の中へ入り、まだ小さな子供をそばに置いて、そのそばでしゃがんで小便をしているところを撮ったり、子供を妻の実家に預けて2人きりで山奥に入り、シートを敷いて青空の下2人とも全裸になり、三脚にビデオカメラをセットしてセックスしているところなども何度も撮りました。
アングルも色々と変え、特にもろに女房のセックスに私のチンポがズボズボと抜き挿ししているところなどをよく撮りました。

そして子供も大きくなった頃、女房が近くのゴルフ場で働き始めたというわけです。
ある日、女房が仕事から帰って来て、「これ、お客さんから貰った」と言って青い錠剤を見せました。
それは当時、まだ手に入れることが難しかったバイアグラでした。

(何で客から?)

根っからスケベな女房のことですから、お客さんともスケベな話をしていても不思議ではありません・・・。
ロッカールームで着替えなどしているお客さんと一緒になればスケベな話でもして、私達のセックスのこともしゃべったりしたのでしょう。

早速使ってみましたが、その効き目たるや驚くほどでした。
まずは自分のチンポが熱く感じられ、何かぼってりした感じになり、女房のアソコに差し込むと、「すごい!熱くて大きい!」と腰を振りながらよがり声を上げます。
数度気を遣らせてもまだ私はイカず、まだまだやれそうです。
また、その感じは次の日の朝になっても続いており、朝からまた何度も女房をイカせることが出来ました。
こんなのは本当に初めてのことでした。

女房はその感想を、薬を貰ったお客さんに話したのでしょう。
その後も何回も貰ってきました。
2個貰った時に悪友と3Pをしましたが、私よりかなり大きなチンポの彼に組み敷かれ、バイアグラでギンギンになったモノで突き刺されている女房は、それこそ白目を剥いて気を遣りっぱなしで、(近所に聞こえるのでは?)と心配になるくらいの嬌声を上げ続け、アソコからはだらだらと本気汁を垂れ流し、それが肛門を伝ってシーツの上に直径30センチほどの大きな染みを広げていました。

それからしばらくした夜、「どこかにエロ写真を撮りに行こうか?」と誘うと、「うちのゴルフ場がいいよ」と言ってきました。

私はゴルフはしないので中がどうなっているのかも知りませんでしたが、女房に言われるまま夜中のゴルフ場へ行きました。
従業員が出入りするような片隅から中へ入りました。
所々にぽつんぽつんと明かりがありますが、ほとんどは真っ暗です。
持って行ったライトでフェアウェイと言うのでしょうか、芝生を歩き、ティーグラウンドなどで女房を裸にし、早速M字開脚などさせて写真を撮ります。
もちろんフラッシュがパッと光りますが、夜中ですし門も閉まっています。
誰も居るわけはないと思いながら、よく刈り込まれた芝生の上などで次々とエロ写真を撮りました。

結構撮った頃、私も興奮してきて、グリーンの上で私もすっぽんぽんになって女房にのしかかりました。

「こんな所で夜中、青姦をやってるのは俺達くらいだろうな」

「ここは夜中に入り込んで青姦する人が多いので有名なのよ。知らなかった?」

びっくりしました。

「えっ、でも今まで誰にも出会わなかったけど?」

「さすがに私達みたいに、グリーンのど真ん中でする人はいなわいよ」

「何度も見たようなことを言うな?」

「ここは覗きも沢山いるって評判だし、お客さんからも聞いたのよ」

これまたびっくりするようなことを平気で言います。
チンポが萎縮するような話の連続でしたが、女房はかなり盛り上がっているし、芝生のちくちくする感じも新鮮で、かなり長くズボズボとセックスをしていました。
その途中、何やら変な感じがして辺りを見回すと、腹這いになってそばまで近づいてる覗きが2人ばかりいるのが分かりました。
しかし辺りはほとんど真っ暗ですし、素っ裸で嵌め合っているのですぐ動けもせず、そのまま抱き合ってセックスを続けていました。
女房もスケベというか度胸が据わってるというのか、まあ土壇場になれば女の方が絶対強いですね。

そのうち何やら明かりがチラッとして、覗き連中が股間にペンライトか何かを当てたのでしょう、たまに周りの芝生が明るくなります。
女房も知ってか知らずか、でもそんなことなど気にもしないように喘ぎ声を上げながら下から腰を振り振り、気を遣りまくってイクのに一生懸命です。
もう私も開き直って、女房の尻を抱えてズボズボと抜き挿しました。
上体を女房から離すと、股間からのライトはもろに2人の隙間を照らしています。
しかし、もうそんな事はお構いなしに・・・。

「もうすぐイク!あっ、あっ、イクっ!」

女房の声にますますいきり立ち、たぶんそこら中に飛び散っていただろうと思われるほどの本気汁を辺り中に撒き散らし、女房のおまんこの中に思いっきり精液を吐き出しました。
女房も私にしがみついて、痙攣しながら気を遣っていました。

しばらく抱き合ったままでいましたが、私が女房の上から横の芝生へ離れ、2人して仰向けになってハアハア言いながら空を見ていました。
もうその時には明かりはなかったのですが、しばらくすると女房が急に、「あ~ん、う~ん」と喘ぎ始めました。
何となく予感はしていましたが、覗いていた連中が下から女房のおまんこを弄っているようです。
その時、一体何人が女房の体を弄っていたのかはっきりは分かりませんでしたが、1人や2人ではなかったと思います・・・。
もう誰も明かりを点けることもなく、ただひたすら女房の体を弄り回しているのが女房の喘ぎ声で分かりました。
まあ真っ暗と言っても星明かりはあるので、女房の白い体が薄ぼんやりくらいは分かります。
そのうち女房の体が暗くなり、誰かが女房の上に乗っているのが分かりました。
女房の喘ぎ声はだんだん嬌声に変わっていき、「はっはっ!」とイク時の声になっています。
そして、「あ~~~っ!」とイッた声を上げると女房の白い体がまた見えて、上に乗っていた男が離れたのが分かりますが、すぐさままた黒くなり・・・。
もう私は感心して女房を見ているばかりです。
女房は一体どういうつもりで、誰かも分からない男に犯されているのか?
もしかするとこのゴルフ場の客なのかもしれませんが、少なくとも女房が嫌がっていないのだけは確かです。
また女房は喘ぎ声を上げ始め、下から自ら腰を使っているのも、薄ぼんやりと分かります。

「あ~~ん、あ~~ん」

また気持ちよさそうな声を上げ始め、少しして、「あーっはーっ、はっ!はっ!う~~ん」と気を遣ったのが判りました。
その後も数人くらいの男が女房にのしかかり、女房をイカせたようでした。
そして終わると皆んな声も出さずに静かに去って行きました。

何度となくイカされて、おなんこの中に一体何人分のザーメンが注ぎ込まれたのか。
ゴルフ場に着いたのが8時頃で、女房がザーメンまみれのまま服を着てそこを出たのは12時頃だったと思います。
女房は自分からスケベなことをしようと言う人間ではありませんが、状況がそうなれば、まず拒否はしないんです。
私がこうして欲しいと言うと、一応「そんなこと嫌!」とは言いますが、お構いなしにその状況になれば、言い出した私が驚くほどその状況に合わせた行動をするのです。
初めて女房に、「ヌード写真を撮らせて」と言ったときも、最初は「嫌!」と言いましたが、2人で裸の時にカメラを持ち出して構えると、黙って言う通りのポーズを取ってくれました。
また、私以外の男とセックスをするように言った時も、「そんなの絶対に嫌!」と言いましたが、友人を家に呼び、飲んだ後で女房とセックスして、女房が気を遣ってる最中に素っ裸になった友人を女房の上に乗せれば、嫌がりもせず友人のチンポを受け入れていましたから。

そんな女房が最近、ゴルフ場の上司とセックスをしているようなのです。
その話はまたの機会にでも。