家の近所に大きい公園があった。

『C県民の森』

大半が雑木林。
その中にアスレチック施設やバーベキュー場。
とにかく大きい公園だった。
周辺の小学校の遠足の目的地になったりする、地元ではちょっと有名な公園。
ただ夜になると様相が変わり、大人からは「近づかないように」と言われていた。
敷地の一部に打ち捨てられた神社があり、大人も気味悪がって近づかない上、近接する道路は郊外型の国道で、もしも危険な目に遭っても誰も気がつかないであろう環境。
もちろん誰も夜は近づかなかった。
夏休みなど、高校生たちが肝試しをする以外は。
小さい頃からよく遊んだ公園。
友達と遊んだりケンカしたり、探検したり。
・・・エッチのことを知ったのもこの公園だった。

小学4年生の頃、クラスの女の子と遊歩道から離れて、雑木林を探検中に見つけた大人の漫画。
2人でしゃがんで食い入るように読んだのを覚えてる。
その中の作品に女の人が無理やり男の人に襲われる話があった。
嫌がっているのに気持ち良さそうにしている主人公の女の人。
そのときは理解できなかったが、とにかくその作品が一番ドキドキした。
その夜、家に帰って男の人に虐められる想像をしながら、初めてエッチな気持ちでおっぱいを触った。
それからひとりエッチを覚えるまでそれほど時間はかからなかった。
その作品が私の性癖の基礎になってしまった。

(私も襲われたい)

中2のとき、当日付き合っていた高校生の彼と初めてのエッチをした。
そんなに痛くもなかったし、(こんなもんか・・・)というのが正直な感想だった。
このあたりから妄想が過激になっていった。
彼とのエッチの頻度は週に一度くらい。
私は彼の自己中で稚拙なエッチには全然満足できず、むしろエッチした夜は、知らない人にレイプされる自分を妄想をしながら、自分で自分を満たした。

(誰かに犯されたい)

中3の秋、彼とも別れ、受験も推薦で早々に終わった私は時間だけを持て余していた。
妄想する時間は増し、昼間からエッチなことを考え、我慢できなくなると自分の指で慰めた。
道具も鉛筆や紐の類いでは我慢できず、ついにネットでローターを買った。
家では飽き足らず、人気の無い夜の歩道橋でしてみたり、学校の空き教室でしてみたり。
およそ考えられる変態的なひとりエッチをやり尽した。

(襲われたい・・・。犯されたい・・・)

そしてある日、ネットで出会ってしまった。
レイプ願望の出会い掲示板。
書き込みを見ているだけでクラクラきた。
そこには出会いを求める書き込みがたくさんあった。

『襲いたい』
『襲われたい』
『犯されたい』
『犯したい』
『嬲られたい』

大人の男女の欲望を叩き付けるような書き込み。

(そうか、ネットって手があった。これなら後腐れが無くていい)と真剣に考えていた。

その日から数日間、葛藤が続いた。
思いを書き込んではみるものの、最後の送信ボタンが押せない。

どこで待ち合わせるの?
ホテルに行くの?
家に呼ぶの?
ありえない。
バカみたい。
私、バカかも。
それはレイプじゃない。
私、狂ってる?
怖い。
今日こそ書き込もう。
そして欲望を満たしてもらおう。
でも、戻って来れなくなるかも・・・。

(襲われたい・・・犯されたい・・・襲われたい・・・犯されたい)

そんな私が毎日覗いていたのが某巨大掲示板。
その日も悶々とした気分で覗いていた。
ふと私は思った。

(レイプ掲示板は怖いけど、ここの人たちならそんなに怖い人ではないかも)

根拠は何もない。
でも、書き込んでしまった。
なぜかこの掲示板では、『書き込む』を押すのに抵抗はなかった。
内容は簡単なものだ。

「レイプ願望があります」

あとは自分の特徴。
私は中学校のセーラー服で行くことにした。
冬服なのに白地にグレーの襟、スカートもグレー。
私だってわかってもらうための、ちょっと特徴のある制服。
場所は『C県民の森』の中にある池のベンチにした。

書き込み後の反応を見ていると、窘める人、「近くだよ!」と騒いでくれる人、様々だった。

時間は深夜を指定した。
親が寝静まった後、こっそり出て行く必要があったから。
時間まで後4時間ある。

4時間後・・・自分が置かれている状況を想像して、私はいつもより激しくイッた。