今、人妻とのエッチにはまりまくっています。
僕が人妻に目覚めたのは大学時代でした。
僕の住むアパートの隣にあった床屋には、とても可愛い娘がいました。
名前は雪菜、当時高校生。
僕はその子と仲良くなりたくて、その床屋に通っていました。
雪菜は家を手伝い、タオルの準備や床の掃除などをしていました。

ある日、髪を切りに行くと、奥さんしかいませんでした。
その奥さんがまたショートカットで可愛く、雪菜には無い妙な色気がありました。

「今日は雪菜ちゃんはいないんですか?」

髪を切りながらそんな話をすると・・・。

「残念ね~、雪菜はお父さんとお出かけ中よ」

奥さんが笑います。

「雪菜ちゃんって彼氏いるのかな?」

「いるわけないでしょ、まだ高校生よ!」

優しく叱られました。

「奥さんだって雪菜ちゃんに負けないくらい美人だからモテたでしょ?高校生の頃って彼氏がいたんじゃないですか?」

「やだ、美人だなんて・・・大学生のくせに生意気よ」

髪の毛を引っ張られました。

「雪菜ちゃんって奥さんがいくつの時のお子さんですか?」

「そうやって私の年を知ろうとしてる?」

「バレましたか・・・。でも奥さんホントに色っぽくて」

「私が19歳の時の子よ・・・だからもう35歳」

このとき、奥さんの名前が『美雪』だということを知りました。

「ご主人とはずいぶん年が離れてそうですけど・・・」

「主人は今年で五十路よ、や~ね」

だんだん打ち解けてきました。

「M君は彼女はいるのかな?」

「いませんよ・・・。できれば雪菜ちゃんと付き合いたいんだけど(笑)」

「もぉ、すぐ雪菜の話になるのね。ダメよ」

また髪の毛を引っ張られました。

「ねぇ、彼女いないってことは・・・大変でしょ?」

頬を近づけ、鏡越しに見つめる美雪。

「た、大変って?」

僕の顔は真っ赤でした。

「赤くなっちゃって可愛い。大変っていうのはアッチのこと。若いから毎晩1人でしてるんじゃないの~?」

「お、奥さんだってまだ若いじゃないですか。旦那さんが50歳だと大変ですよね?」

美雪の顔も少し赤くなって会話が終わった。

「ハイ、出来上がり」

カットを終えてお金を払うと、美雪は僕の手を引っ張り、「ちょっとこっち来て」と言って店の奥の居間に案内された。
美雪が再び店に戻り、店を閉めた。
次に起こることが予想できた。
考えただけで僕の股間はテントを張ってしまった。
美雪が戻ってくると予想通りの展開になった。

「雪菜はダメだけど・・・私はいいわよ・・・」

そう言ってキスをしてきた。
夢中で唇を吸っていると、美雪は僕の股間を触りながら・・・。

「こんなに元気になって・・・どれ、見てあげる」

そう言ってズボンを脱がせた。
お腹にくっつくほど垂直に勃起したペニスを見て、美雪は目をキラキラさせながら、「やぁ~ん、凄い・・・」と言ってペニスを握った。

「あっつ~い・・・こんなに立派だったんだ」

美雪は躊躇なく、ペロペロと舐めた。
手でグリグリしごかれながら、熱い舌が亀頭に絡み、時々尿道の中までチロチロ入ってきた。
若い僕に我慢しろというのは無理な話だった。
僕は腰を浮かせ、「うっ!!」と呻くと、勢いよく美雪の口に発射した。
美雪は大量の精子に少し苦しそうにしながらもゆっくりと絞り出してくれた。

美雪がタオルに吐き出している後ろ姿を見て、僕は襲いかかった。
服を弄りながら荒々しく乳房を揉むと・・・。

「だめよ、ダメ・・・ァァァ・・・イイ・・・」

美雪は甘い声を上げた。
スカートを捲り上げ、パンティの中に手を入れて割れ目を擦った。
指先にヌルヌルした感触があった。

「奥さん・・・すごい濡れてる・・・」

「ダメ・・・もっと優しくして・・・」

スカートを穿いたままの姿でパンティを下ろすと僕は顔を埋めた。
ジュルジュルと舐めると、スカートの上から僕の頭を押さえつけ・・・。

「そんな事しちゃいや~」

と美雪は悦んだ。

「奥さん・・・もう入れたい・・・」

「いいわよ・・・おっきなオチンチンを頂戴・・・」

潤んだ目の美雪。
真っ赤に充血したヌルヌルのアソコを開いて入れようとしたが、垂直に勃起したペニスがなかなか入らなかった。
僕は居間に転がっていた座布団を折り畳み、美雪の腰の下に敷いた。
ようやく挿入すると結合部がヌプヌプと音を立てた。

「すっごぉ~~いっ、こんなの初めてよ、もっと突いてっ!」

ケダモノのように美雪は喘いだ。
髪を振り乱し、僕の腕に噛み付いたりもした。
バックで突いてあげると美雪は、「死んじゃう死んじゃう!」と言って昇り詰めた。
一度射精しても僕のペニスはまだまだ元気で、今度は正常位でイクまで突き上げ、体勢を入れ替えて美雪を上にして、最後は下から突き上げてイカせた。

「おかしくなっちゃうよぉ・・・」

美雪はだらしなく涎を垂らしていて、普段の清潔感のある女性だとは到底思えなかった。
結局その後、再度バックで突き、正常位で突き・・・最後は美雪の顔に発射した。
大量の精子を浴びた美雪はぐったりしていたが、無理やりお掃除フェラをさせた。

それからも僕は何食わぬ顔で床屋の客として旦那に髪を切ってもらったりしたが、美雪との関係はどんどんエスカレートしていった。