なにかと突っかかってくる妹なんだが、顔とスタイルは良い。
リビングとか同じ部屋にいる時は、隣り合わせじゃなく対面に座るようにしている。

「肘が当たった」とかで喧嘩になるからね。

この前、たまたま足を投げ出して背伸びをしたら当たっちゃった。
そこから蹴り合いが始まって、本当に偶然だけど、足を狙った俺の蹴りがスカって妹のマンコに大当たり。
チンコに反撃の蹴りを食らった。
シャレにならないくらい痛くてうずくまってたら、さすがに妹も焦ったのか心配して近付いてきた。

「勃たなくなったらどうすんだ!このバカ!」

「お兄が先に蹴ってきたんじゃん!」

「ここまで強く蹴ってねーだろ!」

蹴り合いから口喧嘩になった。
徐々にヒートアップしていって喧嘩の流れがおかしくなる。

「勃てば問題ないんでしょ!じゃあ私が確かめてやるよ!」

「けっ!お前で勃つかよ!」

で、お互いに引けなくなってしまった。
俺は立ち上がってズボンを下げてチンコを出す。
妹は正座してチンコを握ってシゴキ始める。
勢いで始めたけど、途端に冷静になって恥ずかしくなった。
それは妹も同じみたいで、顔を赤くして俯き加減。
それが何だか妙に可愛く見えて、チンコが反応しちゃったんだ。
一度反応し始めたら止められなくて、妹の手の中でカチンコチンに硬くなっちまった。
両手で握っても少し先が出るくらいのサイズに驚く妹。

「ちょっとこれ、デカ過ぎない?」

「うるせーよ」

「何?妹の手で勃起させちゃったから恥ずかしいの?」

「もう勃つのが分かったから手を離せよ」

「自分だけ大丈夫か確認して終わり?ズルくない?」

「あ?何言ってんの?」

「私もアソコを蹴られて痛いんだけど」

「どうしろってんだよ?」

「腫れたりしてないか確かめてよ」

言うが早いか妹はパンツを脱ぎだした。

「見るだけじゃなくて触って確かめてよね!」

土下座みたいな格好で尻だけ高く上げてる。
よく見ると耳まで赤くなってる。
俺はチンコを出したまま妹のマンコをマジマジと見た。

「特に腫れてはいないみたいだな・・・つか、綺麗な色してるぞ」

「ちゃんと確かめてよ」

「しょーがねーな、ここは痛むか?こっちは?」

「ん・・・大丈夫・・・あ・・・そこ・・・ん」

「ん?ここがどうした?痛むか?」

「ちが・・・違うの!間違い!」

「そうか?少し中も確かめるぞ」

中指を第2関節まで入れてこねくり回した。

「あん・・・あふっ・・・んん・・・」

最初は少し湿ってるくらいのマンコだったけど、指を入れて弄りだした途端、マン汁をダラダラ垂らし始めた。

「中も大丈夫そうだな。もういいだろ?」

俺はこれ以上続けたらヤバイと思って止めようとした。

「も・・・もう少し・・・」

やたらと色っぽい声で続きをねだる妹。
止めようとした俺の意思は簡単に覆った。

「そうか・・・なら、もう少し奥まで確かめてやるよ」

そう言って指を抜き、代わりにチンコを突き刺した。

「あうっ!何?お兄、何入れたの?」

驚きで振り返った妹が固まる。

「な!何チンコ入れてんの!?」

「まだ続けて欲しかったんだろ?だから入れた」

「兄妹だよ!分かってんの!?」

「だから何?兄貴のチンコをシゴいて興奮して、我慢出来ずに手マンさせて何言ってんの?」

そう言ったら妹は何も言えなくなった。
だから俺は更に深くチンコを突き入れた。
狭い穴を押し広げながらチンコは進み、何か硬い部分を押し潰す頃には根元まで入っていた。

「今当たってるの、子宮口か?」

「ふ・・・深すぎ・・・こんなの初めて・・・」

「じゃあ動かすぞ」

妹は一突きごとに言葉にならない声を上げてる。
俺も背徳感って言うのかな、それに妹のマンコの具合が良くて今までで最高の快感だ。
調子に乗って腰を振ってたら、先端が子宮口にハマっちゃった。
その瞬間、俺と妹は同時にイッた。
射精の途中でゴムを付けてないのを思い出した・・・。
マンコどころか子宮に直接精子流し込んじまった・・・。
まあ今更だから最後まで出し切ったけどな!
チンコを抜いた後も妹はぐったりして動かない。

「おい、平気か?」

顔の前に回り込んだら妹の手が伸びてきてチンコを握った。
そのまま引き寄せられて咥えられた。
まさかのお掃除フェラ!
萎えかけたチンコから精子を搾り取られた。

それから、妹が少し変わった。
喧嘩は相変わらずだけど、なんとかセックスの流れに持ち込もうとしてるのがバレバレ。
まあ俺もやりたいから乗ってやるんだけどね。
ただ・・・心配なのは必ず生だってこと。
俺が抜こうとすると妹は阻止してきて、毎回中出しになっちゃう。
妹を孕ます前になんとかしないとな。