すごく腹の立つ業務担当がいたんです。
名前は千佳。
身長は165cmぐらいで、すらっとしてて茶髪。
ちょっと年はいってるけど、見た目は全然イケてる。
顔もキョンキョン似だし。
言い方がキツくて、正論すぎて腹が立つというか。
もう30過ぎだろうけど男にはモテモテ。
なんで、お高くとまってる感がある。

俺の仲良し3人組の1人が派遣を辞めて実家に帰るというんで、送別会を開いて、ついでにあの業務担当を酔わしてやっちゃおうという計画が持ち上がった。
千佳は頼まれ事は断れない性格なので、そこにつけこもうと。
いざ俺の部屋で送別会が始まると、みんなそんな計画のことなんか忘れて飲んで泣き出す始末。
気づくと千佳の姿が見当たらない。
探したらトイレで寝てしまってた。

(やっちゃおう)

みんなを集めて計画を実行に。
酔っ払ってへろへろになってる千佳を全裸にして、各自携帯やデジカメで激写。
その後、意識朦朧となっている千佳を3人で犯しまくった。

2回ずつ出して満足した友達2人は帰って、残されたのは俺と千佳。
意識朦朧の状態でエッチしてもなんか虫が収まらない。
なんで、意識がはっきりしてから犯してやろうと。
でも、意識がはっきりすると激しく抵抗されそうなので、テーブルの上にビニール紐で大の字に括り付けた。
で、俺は千佳を縛りつけたまま就寝。

「うぁ!」

千佳の声で起こされた。
俺は寝ぼけながらも、千佳が意識を取り戻したんだなって思って、千佳の口にタオルを押し込んで声が出ないようにした。
けど、さんざんやったのでチンポは萎えたまま。

そこで冷蔵庫からきゅうりを取り出してあそこへ挿入。
千佳は泣きながら許しを乞うてたけど、そんなのお構いなし。
泣いてるけど、徐々に身体は反応してきた。
そしてついに・・・。

「い、イク・・・」

それからはもうイキまくり。
きゅうりをアナルへ入れてやると、アナルでもイキまくり。
もう1本きゅうりを持ち出して2穴攻撃。
ついに千佳は失神。
叩き起こして2穴責めしてまた失神。
これを何時間もやり続けてやった。

で、今は俺の性奴隷。
あんなに憎らしかったのに、今は可愛くてしょうがありません。