転勤先の東京で、大学時代のクラブの後輩のお母さんと偶然会った。
50代後半の割にスタイルが良く、胸も大きそうだった。
お茶に誘い、1時間くらい会話をした。

「まさか東京で賢治さんに会えるなんてすごい偶然ね」

お母さんは喜んでくれた。
ずっとニコニコしていて優しそうなお母さんは俺好みの熟女だった。
旦那は地方に単身中で、息子も海外勤務とのこと。
押せばいけると思い、後日ご飯に誘うと喜んでOKしてくれた。

それから数回、おしゃれな店で食事をした。
お母さんは、「最近、外食なんかしないから、こんな素敵なお店に連れて来てもらえて嬉しいわ」と楽しそうにしていた。
食事の後はバーでお酒を飲んだが、家が近くなので帰りはタクシーできっちり送るようにした。

すると先日、お母さんの方から、「今度の休みはどうしてるの?」と聞いてきたので、何も予定はないと答えると、「桜を見に行きたい」と言う。
俺はさっそくネットで調べ、千鳥ヶ淵に行くことにした。
公園内を2人で歩き、ボートに乗った。

「天気もいいし素敵な1日ね」

「手を繋いでもいいですか?」

そう言ってお母さんの手を握った。
お母さんは、「そうね、せっかくなのに別々に歩くのもなんか変よね」と言ってくれた。
2人の間に甘い雰囲気が漂うのをお母さんも感じているようだった。

花見を終えてもまだ時間があったので映画を観に行った。
満席の映画館で俺はお母さんの手を握った。
するとお母さんは俺の手を自分の太股の上に置き、上から手で押さえて、隣の人に見られないよう上着をかけた。
お母さんの太股の感触をパンスト越しに手のひらで感じていると映画に集中出来なくなり、指先を少し動かし、お母さんの太股をなぞるようにした。
するとお母さんも指で俺の手を撫でるようにしてきた。
お互いに好意があることを指で伝えあっているようで興奮した。

俺は完全に理性を失い、映画館にも関わらず手をスカートの中にゆっくりと移動させた。
お母さんは何事もないかのように正面を向きスクリーンを見据えていた。
痴漢しているような気持ちに、興奮して更に奥へと手を進め、パンスト越しにお母さんの割れ目に手を這わせた。
大きく息を吐く音が聞こえ、お母さんも興奮しているのがわかった。

お母さんのあそこを直接触りたくなり、お腹の方に手を伸ばし、パンストの端から手を入れて下着の中を探った。
手が窮屈で上手く触れずにいると、お母さんは座り直して足を少し開いてくれた。
おかげで下着の中の割れ目に手が届き、中に指を入れると既にビッショリと濡れていた。
クリの位置を指先で探して触ってみた。
お母さんは下を向き快楽に耐えているように見えた。
しばらく触り続けるとイッてしまったのか、お母さんは俺の手を強く押さえながら首を横に振った。

俺はお母さんの手を取り、勃起したペニスに触れさせた。
お母さんはペニス握り、形を確かめるように動かしてくれた。
映画が終わり、外に出た。

「俺、お母さんとしたい」

「じゃあ賢治さんのお部屋に行ってもいい?」

部屋で激しく抱き合った。
お母さんは凄くエッチで、俺のペニスをしゃぶっては乳首にも舌を這わせた。
俺もお母さんの足を広げて割れ目に吸いついた。
お母さんは色っぽい声で、「あぁぁー凄い。イッちゃう」と悶えていた。
挿入すると、「そのまま中で出して」と言ってくれた。
お母さんの年齢でも、まだまだ女なんだと分かり感動した。
それからは後輩のお母さんとたびたび会うようになり、最近ではローションやバイブプレイも楽しんでいる。