21時くらいだったと思います。
電車で地元の駅を降りて、バスに乗って最寄駅で降りて、あとは徒歩で人気のない線路沿いを歩いていた時です。
いきなり白のハイエースっぽいワゴン車が隣に停まると男が2人出てきて、1人が私の上半身を担ぎながら口を押さえ・・・もう1人が両足を持って、私は助けを呼ぶ間もなく、あっという間に私は車の中に放り込まれました。
中には運転する男と、カメラを持っている助手席の男と、後部座席に私を担ぎ入れた男2人の計4人が乗っていました。
私は上半身を担がれた男に背後から右足と左足を持たれ、足を開かされる体勢を取らされたのです。

もちろん、「やめて!離して!いや!」と叫びましたが、このセリフはずっとこれからも延々と続くセリフなので後にはもう書きません。
また男のセリフも、見たら気分を悪くする人がいるかもしれないので詳しくは書きません。

両足を担いだ男が私のストッキングをビリビリ破り捨てると、私の股をカメラの方に向けました。
カメラの男がアップで撮影していました。
そして男達は大人のおもちゃを出してきて、機械の高速振動を私のクリに当ててきました。
背後の男はずっと足を開いた状態にして暴れられないようにしています。
私は暴れたつもりですが、だからといって相手の攻撃を回避できることもなく・・・そのうち体が疲れて痛くなってきました。
それに私はクリが本当に弱点なので、すぐに気持ちよくなってきました。

(でも絶対にこんな人たちの前で声とか出したくない。絶対に出さない)

私は心に決めていました。
車はもうどこを走ってるのか分かりませんが、ただでさえこの辺りは田舎なので、誰も来ないような場所に連れて行かれたのだと思います。
車は停まって運転手と助手席の男も後部座席に身を乗り出して入ってきました。
私は足を開けて押さえられ、右胸、左胸、クリ、耳、口とあらゆる場所から舐められたり触られたりしました。
でも耳とか口とかはともかく、私にとってはクリへの刺激が一番耐え難かったです。
ついに「アン!」と声を上げてしまうと、周囲は一気に盛り上がりました。

そして服を脱がされブラを外され、スカートとパンツだけを残して上半身は裸にされてしまいました。
男達が左右の乳首を舐め始めました。
そして大人のおもちゃの大きいほうをアソコの中に入れられ、小さいほうでクリに当てられました。
私の身体は完全に反応してしまいました。
もう我慢できずに声も出てしまいました。
そしてその状態で何度もおもちゃでイカされてしまったのです。

男達は私のパンティを脱がすと、アソコに顔を埋めて舐め始めました。
きっとこの男達には最初から、どういう攻め方をするか計画的な部分があったんだと思います。
なぜなら全員が順序良く私の身体を交互に舐めていたからです。
私は4人の男に代わる代わるクンニをされました。
次に男達はじゃんけんをして潮を吹かす順番も決めました。
また私は4人の男に代わる代わる指を入れられ、潮を吹かされてしまったのです。

でも、フェラに関しては無理やりではありませんでした。
ある男が、「フェラを順番にしたってな。しなかったら中出しするよ?」と、脅しなのか冗談なのか、そんな事を言ってきました。
私はヤケになっていた部分もあったので、じゃんけんで勝った男が突き出した男のモノをフェラしました。
そして、そこからまた順序良く交代で・・・。

フェラが終わると、また男達はじゃんけんをして、誰が先に入れるか競い合ったのです。
順番が決まりました。
私は男達に足を開かされると、じゃんけんの勝者が入ってきました。
そして別の男のモノをフェラさせられ、別の男からはクリを触られたり胸を舐められたり・・・。
男がイッて私のお腹に出すと、すぐに別の男が入ってきました。

そしてその順番も4回続いたのです。
結局、私は精子まみれになってしまいました。
最後に男の1人が私のパンツを裏返して、シミの部分をカメラに見せながら私とパンツを撮影しました。
そして戦利品かのように、ビニール袋の中にパンツを入れました。
中には別の女性下着も入っていたので、もしかしたら同じ被害に遭った子が既にいたのかもしれません。
私は服だけは帰してもらって、隣町のダムの入り口のほうで車から降ろされました。
ずっと警察に行こうか迷いましたが、今のところ行っていません。