以前勤めていた会社は年中無休。
平日に交代で休みを取るシフトだった。

仕事絡みで知り合った人妻さんから、「Tくんって彼女いないんでしょ?私の友達を紹介してあげる」と言われ、1人紹介してもらった。
大学時代からの友達で既婚者だが、旦那とは家庭内離婚の状態だと言う。
その知り合いも美人系の人だが、その友達も美人でセレブっぽい感じ。
一発で気に入った。
年は聞かなかったけど、オレより5歳くらいは上だろうか。
水泳をしているのでスタイルはよく、胸はCカップ。

しかし、なかなか会える機会がなく、それから3年くらいメールと画像だけの関係だったが、ついに会える時が来た。
夜、郊外の公園の駐車場で待ち合わせ。
車の中だったが、その日のうちに強引にキスをした。

「ダメ・・・」

力弱く言ってきたが、相手もその気はあったようで1時間くらいキスしてた。
さすがに初日からいきなりエッチは・・・と、その日はそれで帰ったが、次回はホテルに行こうと約束を取りつけた。

その約束通り、後日ホテルへ。
もう我慢できず、部屋に入るなり抱き締めた。
首筋を攻めつつお尻を弄り、そのままブラウスのボタンを外した。
Cカップの谷間が見え、谷間に沿って舌を這わした。
彼女の吐息も激しくなってくる。
後ろを向かせてストッキングを脱がすと、しゃがんで太ももに手を伸ばした。
肌の感触が柔らかくて気持ちいい。
足の指から太ももにかけて舌を這わせた、下から覗く下着が余計に興奮させた。

「Tくん・・・凄い・・・気持ちいい・・・」

裸を見たくて、服を脱がせて下着だけにした。

「Tくんも脱いで」

ベルトを外され、オレも脱がされた。
立ったまま手を添えられて、フェラをしてきた。
『人妻は凄い』と噂では聞いていたが、その通りでスゴかった。
立ったままだとフェラの感触に集中できないのでソファへ座った。
タマから竿まで全てを舐めつくされ、オレも舐めたくなったので抱きかかえてベッドへ移動。
下着をつけたまま69をしていると、「Tくんのが欲しい・・・」と彼女が言ってきた。

「まだダメ。オッパイがまだだもん」

「早く」

もう一度谷間に舌を這わせてからゆっくりブラを外した。
ゆっくりと手で包み、乳首を舌の先でなぞった。
一気に吸い付き、膨らみを寄せて顔を埋めた。

「おっぱい、凄い柔らかい」

「後で好きにしていいから、早く入れて」

「うん」

ゴムを付け、ゆっくりと入った。
オレも半年ぶりのエッチだったのでかなり気持ちいい。
人妻もいいもんだと素直に思った。

部屋に入ってから4時間。
お互いに汗びっしょりになってヤリまくった。
もう少しで40歳に手が届く年のはずだが、綺麗な女なら十分ありだと思った。

それからは毎週1回はホテルへ行き、10年近く経った今も会っている。
仕事で近くに行ったときも車で会ってフェラしてもらったり、スカートの時は下着だけ脱いでエッチしたり。
オレもすでに結婚したが、彼女のおかげで気持ちよく仕事に励めています。