俺には3つ年下の妹、美鈴がいる。
夏休みのある日、美鈴と2人で過ごす日が1日だけあった。
それは両親は親戚の家に行った日だった。

夜19時頃、2階の部屋から下りてきて、浴室に入って行った。
俺は頃合いを見計らい、10分後、脱衣所に行って裸になり、浴室の扉を開けた。

開けると美鈴は身体を洗っていたが、俺に気づくと・・・。

「何!?なんで入ってくるの~!」

そう言って身体を隠した。

俺は、「前みたいに久しぶりに一緒に入りたくなった」と言って湯舟に入った。

美鈴は身体を洗っている。
俺は美鈴の身体をチラ見していた。
中1になった美鈴の身体はまだ小さいが、胸は膨らみかけ、お尻も丸みを帯び始めていた。
久しぶりに見た妹の身体に俺は半起ちになった。
美鈴が身体を洗い終わって湯舟に入ってきたから、交代で俺は身体を洗い始めた。
洗っている途中で美鈴は浴室から出て行った。

俺もその後、浴室を出て部屋に戻った。
部屋に戻って浴室で見た美鈴の身体を思い出したら勃起してきた。
妹のことが気になって寝付けず、夜23時頃、美鈴の部屋に向かい扉を開けた。
部屋の中は薄暗く、すでに美鈴は寝息を立てていた。
俺はそっと近づき布団を捲った。

美鈴はショートパンツにTシャツ姿だった。
ショートパンツを脱がせると、白地に黒の水玉模様のパンツを穿いていた。
パンツの上から軽く割れ目部分を触ると、ビクッと身体が動いた。
俺は美鈴のアソコが見たくなり、パンツを脱がせて下半身を裸にすると、美鈴の下半身はチラホラ毛が生えかけていた。

(まだ男を知らないはずのアソコ・・・)

指は入れず、舌を這わせるとビクッとした。
俺はTシャツを捲り、小さく膨らみかけた胸とピンク色の乳首を露わにした。
乳首を指で刺激してやると、またビクッと身体をさせる。

俺はズボンとパンツを脱ぎ、勃起したチンコを出した。
チンコが割れ目に当たるようにして美鈴に覆い被さり、乳首を舐めた。
さすがに美鈴も目を覚まし、「何・・・?お兄ちゃん!何してるの!?」と言った。

俺は妹の言葉を無視して、割れ目に当てていたチンコを強引に前に押し出した。
挿入した瞬間、美鈴は、「いたっ!!痛いよ!お兄ちゃんやめて!!」と涙を流しながら言ってきたが、俺は構わず腰を動かした。

「痛い痛い痛いよ、お願い、お兄ちゃんやめて」

俺はやめずに腰を振った。
俺がやめずに動いていると、ずっと痛いと言ってた美鈴は黙り込み、俺に突かれていた。
俺は我慢の限界になり、美鈴の中に射精した。
射精して割れ目からチンコを抜くと、血の混じった血が溢れてきた。

「お兄ちゃんのバカバカ!初めてだったのに・・・」

美鈴が泣きながら言った。

それ以来、家でも美鈴とは一切しばらく喋らなくなった。
ようやく今年になって新年の挨拶を交わしてから、少しずつ前のように喋るようになった。

俺は美鈴に、「あの時はごめん」と謝った。

美鈴は、「・・・許してあげる」と言ってくれた。

今は普通の兄妹として仲良くして暮らしています。
以上です。