私は中2です。
中1の弟がいます。
弟はいつも、私が風呂に入った後に、パンツをこっそり部屋に持ってオナニーをしていたのです。
私のパンツは、いつも汚れていて濡れていました。
弟は私のパンツの匂いを嗅いだりしてオナニーしてました。
パンツでチンコをシゴいていたのです。

ある夜、弟の部屋から変な物音がして様子を見に行くと、まさにオナニーの最中でした。

「どうしたの。あー、何してんの?」

弟は私のパンツでチンチンを擦っていたのです。

「何してんの!ヤダ!パンツに出したのー?!しかも、私のパンツ・・・どうしてくれるの!」

「ちゃんと洗って返すから・・・」

「汚いから捨てといてよっ!!」

当然ですが、私は凄く怒って部屋に戻りました。
でも、部屋に戻ってから、あの光景をまた見たくなりました。
さっき見た弟のオチンチンを思い出してオナニーしてしまいました。

次の日、弟は目を逸らして話もしませんでした。
その日の夜、もう一度だけ見たくて、私の部屋に弟を呼びました。

「昨日してたこと、ここでやって見せて」

「恥ずかしいからヤダよ」

「じゃあ、昨日のこと、ママに言うよ?」

弟は仕方なくパンツを脱ぎました。

「何でチンチン萎んでんの、皮被ってるし」

恥ずかしいのか、弟は勃起しませんでした。

「仕方ないな、見せてあげるからしてごらん」

私はブラを外して、おっぱいを見せつけました。
徐々に大きくなりましたが、昨日よりも小さく見えました。

「何か、萎んでるよね。じゃあ、これならどう?」

私はパンツを脱ぎ、弟に渡してみました。
私のアソコが見えてるはずです。
たちまち弟は勃起しました。

「ヤダ、勃ってきたじゃん!ほら、昨日みたいに出しなさいよ。見てあげるから」

弟はシコシコ始めましたが、恥ずかしいのか射精しません。

「何で出ないのよー!これならどう?」

私はアソコ見えるように足を広げて見せつけます。

「どう、見たことないでしょ。近くでよく見てもいいよ」

弟はすぐそばでアソコを見ました。

「姉ちゃん、中も見たい」

「見せたら出る?ちょっとだけだよ?」

私はアソコを広げて見せてあげました。
アソコを見た弟は、すぐに射精してしまいました。

「出るじゃん。でも部屋を汚さないでよね」

射精した後、私はチンコを弄って、手でしごいてあげました。

「まだ出るよね?溜まってるでしょ?」

私は左手で皮を下に引っ張って剥いたまま、亀頭をシコシコとしごきました。

「姉ちゃん、痛いよ」

「贅沢なこと言わないの!」

手に唾を付けてしごきます。
滑りが良くなり、弟は亀頭が気持ちいいらしく、すぐに射精してしまいました。
ちなみに手コキのやり方は、エッチな動画で勉強済みです。

「ほら出るじゃん。まだ出るよね?何回出るの?」

私は手を止めません。

「もう出ないよ!オシッコ漏れちゃう」

「我慢しなさい、出るのはオシッコじゃないでしょ」

なんとビックリ!
弟は本当にオシッコを漏らしてしまいました。

「何出してのんよ、最低!ちゃんと綺麗に掃除してよね」

弟は部屋を掃除してから自分の部屋に戻って行きました。
私は弟のことを思い出してオナニーをしちゃいました。

次の日も弟を部屋に呼んでオナニーをさせました。
弟は嫌がりましたが、結局、拒否しませんでした。
私にされるほうが自分でするよりも気持ちいいからだと思います。

「見せないとママに言うよ!いいのかな~?」

「それだけは、お願い!勘弁して」

「私のパンツでオナニーしてるなんてバレたら・・・。どうせ私のパンツで毎日してたんでしょ?これからは姉ちゃんが見ててあげるから、ちゃんと出しなさいよね」

それからは毎日のように弟のオナニーを見ています。
最近はチンチンを弄って遊んでます。
皮を剥いたり、タマタマを弄ったりして。
一番すごいのは“亀頭しごき”です。
皮を剥いて手で下に引っ張ったまま押さえて亀頭をしごくんです。
凄く感じるみたいで、見ていると面白いんです。
体はブルブル震えるし、チンチンは血管が浮き出てドクンドクン脈打ってて、透明なネバネバ液がたくさん出てくるし。
でも、あまりやり過ぎるとオシッコ漏らすので、様子を見ながらしごきます。
正直、私は弟のチンチンを見て濡れてます。

弟とは小6まで一緒にお風呂に入っていました。
すごく仲が良くて、可愛い弟でした。
その頃は弟のチンチンを見ても何とも思わなかったんです。
皮を被った可愛いチンチンだったから。
でも今は大きく立派になったチンチンなので、見ると濡れてしまいます。
皮が剥けて亀頭が露出して、すごくエッチです。

私、彼氏がいないから、大人のチンチンを見たのはパパだけでした。
勃起したチンチンは弟が初めてでした。
弟のチンチンに興奮しちゃう私って異常なのかな?
こんなこと、ママや友達には相談できないし・・・。
でも、止められなくなっちゃって・・・。