24歳のアパレルの仕事をしている、みゆきと申します。
私が1番萌えたエッチな話を投稿させて頂きます。

私は大学の頃、居酒屋でバイトをしていました。
店長は42歳のおじさんで、頼りになる存在でもありました。
ある日、私と店長がラストで2人っきりになったことがありました。

私「暇ですね~」

店長「そうだなあ~」

店長と私は仲が良かったので、下ネタで盛り上がりました(笑)

店長「みゆきは何カップ?」

私「え?Dですかね(笑)」

店長「ちょうどいいねー。いいなー、おっぱい揉みたいわー」

私「何言ってるんですかー」

店長「アハハ!最近溜まってるんだよ」

そんなことを言われてドキドキしていたのを覚えています。
閉店して、私が更衣室で着替えていると・・・。

ガチャッ。

いきなりドアが開きました。
その時、私の上半身はブラジャーのみでした。

私「キャッ!」

店長「うぉ!着替えてたのか!ごめん!」

店長は慌てて、すぐに出ていきました。
ドキドキしつつ着替え終わると、店長は煙草を吸いながら座っていました。
平然を装い話していましたが、私は気づいていました。
店長が勃起しているのを・・・。

他愛もない話をして帰ろうとした時、いきなり後ろから抱きつかれました。

私「え!やだ!なんですか!?」

店長「ハァハァ・・・ごめん・・・ちょっとだけだから・・・ちょっとだけ・・・」

いきなり胸を揉まれました。

私「やだ!こんなとこで・・・やめてください!」

店長「ごめん・・・ハァハァ・・・すぐ終わるから・・・」

胸を揉まれ、乳首をキュッと摘まれた時・・・。

私「あんっ!」

つい喘いでしまいました。
すごく恥ずかしかったです。

店長「乳首が弱いんだ・・・ハァハァ」

その時、気づきました。
お店は閉店していましたが、扉はガラス張りで、人が通ったら見えてしまうことを。

私「見えちゃいます!」

店長「ハァハァ・・・こういうのって燃えない?ハァハァ」

私「何言ってるんですか・・・あぁんっ!」

店長「乳首、ほんとに弱いね・・・声も聞こえちゃうかもよ・・・ハァハァ」

私「やだ!・・・んっ!」

完全に私も感じており、興奮していました。
店長は私を床に押し倒し、服を脱がせました。

私「ほんとやばいって!恥ずかしい!」

店長「大丈夫・・・ハァハァ」

店長は私の乳首をペロッと舐めました。

私「いゃっ!」

店長「可愛い・・・ペロペロピチャピチャ」

私「あっ!ん・・・あぁ!」

ピチャピチャ・・・。

私「あぁん!やだ・・・見られちゃう・・・」

その時、店長が私のパンツに手を入れました。

私「やだぁ!ぁ・・・ハァハァ」

店長「すっげぇ、濡れてる・・・」

クチュックチュクチュクチュ。

店長はわざと音を立てるように触ってきました。

私「恥ずかしいよ・・・ハァハァ」

グチュっグチュグチュ・・・。

私「もう・・・あぁ・・・やばいぃ・・・」

私はクリが敏感で、触られるとすぐイッてしまい、お漏らしをしてしまうほど感じやすいのです。

グチュグチュグチュグチュグチュグチュ。

私「あぁっ!クリだめ!あぁん!やだ!あぁ・・・出ちゃう!だめっ!」

店長「出ちゃう・・・?ハァハァ」

グチュグチュグチュグチュ。
チョロッ、チョロロロロ・・・。

私「あぁっ!(ビクビクッ)」

私はあっという間にイカされて、お漏らしまでしてしまいました。

店長「これだけでお漏らししちゃうんだ、ハァハァ」

そう言い、手についた汁を舐めていました。

私「やだ・・・ハァハァ」

店長は私を立たさせると後ろから抱きつき、私の太ももにチンチンを挟みました。

私「え?何?」

店長「素股ってやつ、ハァハァ。みゆきの汁でシコらせてよ・・・ハァハァ」

店長はまるでセックスをしているかのように腰を動かし始めました。
クリにチンチンが触れるたびに私は、「あぁんっ!熱い!あぁ・・・」と喘いでいました。

店長「ハァハァハァハァ。ヌルヌルがすごいよ!ハァハァ・・・気持ちよすぎる!たまらない!」

だんだん激しさを増しました。
私は挿れて欲しくてたまらなくなりました。

私「店長、挿れて・・・」

店長「ハァハァハァハァ・・・何?挿れて欲しいの?ハァハァ」

私「欲しい・・・」

そう言った瞬間、ヌルリと入ってきました。

私「あぁんっ!」

店長「あっ!やば・・・!ハァハァ」

パンパンパンと店に音が響き渡り、ガラス張りで外が見えて、とても興奮しました。

私「あぁん!やばいよぅ!あぁっ!」

店長「ハァハァ・・・みゆきの中やばい・・・気持ちよすぎる・・・」

私「あぁっ!そんなに掻き回したらだめっ!あぁんっ!」

外に人はいませんでしたが、ときどき車が通りました。

(もしかしたら見られてるかも!)と私を余計興奮させました。

私「あぁっ!あん!あん!」

店長「ハァハァハァハァ!イク!出るう!」

その瞬間、店長は私の胸に熱い精子を出しました。
本当に気持ちよかったです。

その後も営業中に2人っきりになると、キッチンでこっそり手マンをされたりフェラをしたり・・・。
とても楽しいバイト生活でした(笑)