僕が中学の時、隣の家の犬に吠えられて石をぶつけたことから母の生活が変わりました。
そこの住人はチンピラで、因縁をつけられて母はそのチンピラと深い仲になったのです。
父はアメリカ北部やカナダの貯木場を頻繁に視察に行くため留守がちだったので、最初は夜中に来ておまんこして帰っていましたが、そのうち朝までいるようになり、ついには1日中いて、まるで夫婦のように生活するようになりました。

僕は学校から帰ると風呂を沸かす役です。
準備ができると男と母が一緒に風呂に入っておまんこをします。

ある日、その男が別の男を連れて来ました。
母は「はじめまして」と丁寧に挨拶をしていましたが、僕は大きな男だったので怖くて黙って自分の部屋に入ると母から呼ばれて、「ちゃんと挨拶しなさい」と怒られたのを覚えています。
その夜、その男はうちに泊まり、母とおまんこをしました。

僕が中学3年の頃から母は夜、隣町のバーに勤めに行くようになりました。
夜は僕1人の生活がしばらく続きました。
ある夜、タンスを開けて捜し物をしていると奥の方に雑誌があったので取り出すと、なんと母の裏本でした。
持つ手が震えたのを覚えています。

バー勤めが始まってから、昼間に客の男が頻繁に来るようになりました。
昼過ぎに学校から帰ったりすると居間のカーテンが閉まっている時は、間違いなく玄関に男の靴があって、母のうめき声が聞こえていました。

一番ショックだったのは、僕が好きだった叔父が兄弟で家に来て、母とおまんこしていた時です。
家に帰ると叔父がふんどし姿で居間に座っていて、僕の顔を見るといきなり怒り出して、「帰って来るな!」と言われたんです。
僕はショックで裏の空き地に逃げていましたが、母の姿が見えないので勝手口からこっそり覗くと、叔父の弟が母とおまんこをしていたんです。
叔父はカメラを構えて、しきりにシャッターを切っていました。

僕が高校になるとますます母の異常ぶりはエスカレートし、チンピラの入れ知恵で、僕の学校の上級生の不良ともおまんこするようになりました。
新聞配達のバイトをしていた上級生が朝、僕の部屋の隣の部屋をゆっくりと開け、奥の部屋から母が出て来るのがわかります。
うちは田舎なので隣の家とはかなり離れており、裏は雑草が生い茂った空き地で、さらにその下は川が流れていました。
朝っぱらから隣の部屋や空き地で母と上級生はおまんこをします。
僕は、たまにそれをこっそり覗いてはオナニーしていました。

当然のことながら、やがて母は不良達の公衆便所になってしまいました。
田舎の駅のそばには畑の間に荒れ地があって茂みができています。
ある日、僕は学校帰りに不良上級生に捕まってしまい、母に伝言をするように命令されました。
買い物の帰りにその荒れ地に来るように伝えました。
気になって買い物から帰る母を自転車でつけると、母は買い物カゴを下げて命令通りにそこに向かって行くのが見えました。
僕はそれを見届けて先にうちに帰ったのですが、気になってまた歩いてそこへ行きました。
茂みの中で裸の母がしゃがんで、うめき声を出しながら上下に動いていました。
取り囲むように不良達が4~5人いましたが、見つかると怖いのですぐ帰りました。
そして母が帰ってきたあと、またそこへ行き、散乱したチリ紙を拾って、匂いを嗅ぎながらオナニーしました。

ある日、夜中に母に起こされました。
訳もわからず隣の部屋に行くと、部屋にはタバコの煙で雲海ができていて、男が4~5人いました。
母に、その男達に挨拶するように言われて挨拶すると、1人の男が、「お前のかあちゃんは俺達と今からおまんこするから、ちゃんと見とけ!」みたいなことをドスの利いた声で言われました。
僕は恐くて逃げたかったのですが、腰が抜けてしまって動けなくなり、次々に男とおまんこする母を呆然と見ていました。

僕はやがて母の留守に家探しをするようになっていました。
金が入っている引き出しから少し抜き取って先輩の友達に渡したこともあります。

「写真を近所にばら撒くぞ!」と脅されたからです。

その友達と母のおまんこ写真でした。
ばら撒かれることよりも殴られるのが怖くて盗んだんです。
母に伝言を命令されたのにそれを伝えずに、あとで袋叩きにされたことがあります。
両手を2人に押さえられて、正面からモーションをつけて顔を殴られ、前歯を折りました。

不良のことは母も知っていて前にも話したことがあり、「あんな不良とは付き合っちゃダメ」と言われていたので、歯を折った事情を問い詰められた勢いで話してしまいましたが、母の返事は、「あんたも、ああいう逞しい青年にならないとダメよ」でした。

学校帰りに見知らぬ高校生に呼び止められて、「かあちゃんを呼んでこい!」と言われたこともありました。
家の前でもすれ違ったりとか、山から農道を下りてくるバイクの後に母が乗っているのを見かけたこともありました。

母の裏本を見つけてからは、母が買い物に出掛けた僅かな時間にも家探しするようになってしまいました。
8ミリフィルム、ビデオテープ、ポラロイド写真、カセットテープ、チンピラと仲良く写った写真、何やら怪しい雑誌・・・あちこちから探し出しました。
いつ母が帰って来るかわからないスリル満点の状態の中で、まるで宝探しをしているような楽しい気分でした。
よくビデオテープや本の数が増えたり減ったりしていました。
タイトルはほとんど覚えていませんが、ビデオテープのラベルはきちんと印刷されたもので、価格が35000円だったのを覚えています。

何本かありましたが全部は観れませんでした。
観ている時に急に母が帰って来て、慌てて止めた拍子にデッキの中に詰まってしまい、母の目を盗んで無理矢理こじ開けたのでデッキが壊れたんです。
それまで2本くらいは観たでしょうか。
所々の内容は覚えています。
とにかく母は大勢の男達の相手をさせられていました。
髪を鷲掴みにされてちんぽを口にグイグイ押し込まれ、嘔吐しながら目を充血させていたり、仰向けに寝てる男が2人並んでいて、1人に跨がって腰を振り、手では隣の男のちんぽこをしごく。
やがて母は「イキますっ!」と叫び、同時に男に下からグイと腰を持ち上げられて中腰になり、ビチビチと音を立てながら激しく挿入され、やがて男も、「オラッ!オラーッ!」と声をあげて射精しました。

弓なりになって仰け反りながら母のおまんこを突き上げていた男は腰を下ろすと、母も挿入したまま腰を下ろして虚ろな目をして、カメラの手前辺りにいる見えない男から、「オラ!さっさとしろ!」と命令されゆっくりと立ち上がると、おまんこから精液をドロドロ垂らしたまま隣の男のちんぽにゆっくり腰を下ろし、いやらしい目でカメラの方を見てまた腰を振り始めました。

チリ紙に包んでタンスの一番下の引き出しを抜いた所に隠してあった、叔父と叔父の弟とのおまんこ写真はインスタントカメラで撮ったものでした。
ほとんどは布団の上や僕の部屋とかでおまんこしているものでしたが、その中の1枚に海の見える丘のような場所で、素っ裸の母の両脇から勃起させたちんぽこを出した叔父兄弟が立っていて、母はそれを両手で握り締めて股をおっ広げてしゃがみ、おしっこしながらカメラ目線でニタついていました。
僕はそれを見た瞬間、後ろから頭を殴られたような衝撃がして、無意識に声が出て勃起する暇もなくパンツの中で精液を漏らしていました。

僕が高校3年の頃、父は病気で入院しました。
そして大手術をすることになりました。
その頃の母はチンピラの友達の男と仲良くなって、男は時々うちで寝泊まりをしていました。
母は病院で父の付き添いで通っていて、その男の車で送り迎えをしてもらっていました。

手術の前日に母と話して一緒に病院に行こうと決めたのですが、手術の朝、母と2人で支度をしていると、元のチンピラが3人か4人くらいの男達を連れて来ました。
玄関で随分長く話をしていたので聞き耳を立てていると、男がしきりに何かを出せと説得していて、母はそれを断っています。
そうするうち男達は居間に上がり込み、部屋に戻って来た母は僕に、「ちょっと部屋に入ってなさい」と言ったので、僕は部屋に戻って聞き耳を立てました。

母が居間に来た様子なので、居間と僕の部屋の間仕切りの板ににこっそり開けておいた覗き穴から盗み見しました。
母は自分の裏本とか、自分のおまんこビデオとかを持って来ました。
そして母はスカートを捲られたりしながら男達としばらく話していましたが、「病院に行くから」と私の部屋に来て、男の車に乗って病院に行きました。

病院で手術の説明を聞いて、ベッドで移送される父を見送って待合い室に行きました。
待合い室に、さっきの男がまた来ました。
母はすぐに男について行き、しばらくすると母が戻ってきて、「用ができたから、手術が終わったら叔父さんの家に泊めてもらいなさい」と言われました。
昼過ぎに手術が無事に終わったとの連絡を受けて、ICUを覗いたあと、僕は歩いて帰りました。
でも叔父とは会いたくなかったので、叔母に、「友達の家に泊めてもらうから」と嘘の電話をして、4キロほどの道を歩いて帰りました。

夕方近くに家に帰り着くと玄関は沢山の靴で散らかっていて、居間から男達の声がしました。
僕は気づかれないように部屋に入り、覗き穴から居間を覗きました。
薄暗い部屋では8ミリフィルムが回っているようで、部屋が急に明るくなったり暗くなったりしていて、男達は酒盛りをしていました。
母は酌をして回っているようでしたが、時々くすくす笑う声が聞こえるだけで姿は見えませんでした。
母は台所に行ったり来たりしていましたが、そのうちに誰かが明かりを点けて部屋が明るくなり、母が皿を持って居間に現れました。
母は頭にバスタオルを巻いて、上半身裸で腰に小さなエプロンだけを着けていました。

手前の男に酌をする母が後ろ向きに見えた時です。
揺れる花が見えました。
母の尻穴には花が差し込まれていたんです。
尻穴から10センチほど茎が伸びていて、花をゆらゆらと揺らしながら中腰で酌をしていました。
父が生死の境を彷徨っていることよりも大事な母の急用とは、真っ昼間から初対面の男達に自分のおまんこフィルムを見せながら酒盛りの世話をし、尻に花を差さされたまま酌をして回ることだったんです・・・。

ある日、僕が学校から帰る途中で母とすれ違い、「今夜は遅くなる」と言うので、また家捜しをしましたがこれといった収穫はなく、仕方がないので、前に見た母のおまんこ写真を自分の部屋に持ち込みました。
男が母を後ろから抱えるようにしてちんぽが母のおまんこに深々と突き刺さっている写真を選んでベッドに10枚ほど広げました。
それらのおまんこ写真に順番に顔を近づけて、舐め回すように見ながらオナニーしました。
すると居間から、居るはずのない母のうめき声がしてきました。
息を殺して覗き穴から見ると、たった今、写真でしげしげと見た男がそこにいました。
いつかの隣町の不良が上がり込んで、居間のビデオデッキで母のおまんこビデオを観ていたんです。
ビデオに夢中で僕が帰って来たのを知らないのか、「すっげぇ・・・すっげぇ」を連発しながらオナニーしています。

僕は恥をかかせてやろうと思い、居間のドアを開けました。
でも不良は別に驚きもせずに僕に言いました。

「お前の母ちゃん、スゲエなぁ」

僕はその不良にダビングをせがまれました。
断るつもりでしたが、一番怖い不良の名前を出されて、タンスから盗んだお金でビデオデープを買ってダビングして渡してしまいました。