「拓ちゃ~ん!おっはよ~!」

そう言って母ちゃんは毎朝俺のベッドにダイビングしてくる。

「ぐはっ!母ちゃん・・・いつも飛び込んでくるなって言ってるじゃん・・・ゴホッ・・・ゴホッ・・・」

「え~?だって普通に起こしても起きないじゃない」

「だからって普通は息子にボディプレスとかかまさないだろ!」

まあ、これもいつものやり取りなんだけども・・・。
俺だって本気で嫌がってるわけじゃないんだ。
だって母ちゃんは、めっちゃ美人なんだよ!
スタイルもかなり良い!
しかも、話し方や行動も可愛くて甘え上手ときたもんだ。
俺が理想の女性を聞かれたら、間違いなく母ちゃんだと答える!

「さ、目が覚めたんならご飯食べに下りてらっしゃい」

俺が完全に起きたのを確認して、母ちゃんはニッコリ笑って部屋から出て行く。
ベッドから出て伸びをしつつ、思い切り息を吸い込む。

「母ちゃんの匂いがまだ残ってるな・・・」

大好きな母ちゃんの残り香を吸い込んだら、着替えてリビングへと向かう。
カウンターの向こう側のキッチンでは、母ちゃんが鼻歌交じりに俺の朝食を準備してくれている。
ピッタリしたジーンズ穿いてるからお尻に形がハッキリわかる。
お尻を凝視していたら視線を感じたのか、母ちゃんがこっちに振り向いた。

「ん?なぁに~?お母さんのお尻に見惚れちゃった?(笑)」

「うぇ!?な、何のことかな?」

「だって今、じっと見てたでしょう?」

「見てねーし!」

「うっそ~、絶対見てたよ~」

「だいたいこっち見てなかったじゃんか」

「熱~い視線を感じちゃったからバレバレよ?」

「う・・・」

「ほ~ら、やっぱり見てたんじゃない」

「そんなピッタリしたジーンズを穿いてる方が悪いんだろ」

「なるほどなるほど。それでお母さんのお尻に興奮しちゃったと」

「ち・・・違うし!」

「え~?でも拓ちゃんのアソコが大きくなってるわよ?」

言われて気付いた・・・思いっ切りズボンがテント張ってたことに!

「こ・・・これはほら!朝だから!男の自然現象だし!」

「なぁ~んだ・・・少しくらいならお尻を触らせてあげようかと思ったんだけどな~」

「え・・・?いいの?」

「クスクス・・・。やっぱりお母さんのお尻で興奮してたんでしょ?正直に言ってみなさい」

「・・・見てました・・・触りたいなぁって・・・」

「ふふっ、拓ちゃんは正直で良い子ね。ご褒美に触らせてあげるわよ」

お尻を突き出してフリフリして誘ってくる。

「えっと・・・失礼します?」

これは今までになかったパターンだ。
母ちゃんの心境にどんな変化があったんだろうと心配になるが、せっかくなのでお尻は触らせてもらった。

「母ちゃんのお尻って良い形してるね、それに張りもあるし」

「んふふ~、頑張って体型維持してるからね~」

「そっか・・・触らせてくれてありがと」

「あら?もういいの?もっといっぱい触っててもいいのよ?」

そう言って更にお尻を突き出してきたから、テントを張ってる股間にヒップアタックを食らってしまった。

「うわぁ~硬~い!若いわね~」

ヤッべー!
服を着てるとはいえ、母ちゃんの尻にチンポ押し付けちゃってるよ!

(離れなきゃ!)って思ってるんだけど、身体が言うこと聞かない。

それどころかお尻を鷲掴みにしてしまった。

「あら、いけない!こんな事してたらご飯が冷めちゃうわね」

不意に母ちゃんが腰を引いて離れてしまった。
もっと押し付けていたかった俺は物凄くテンションが下がった。
だが、ご飯を食べる段階になって俺のテンションは復活した!

「はい、あ~ん」

いつもなら対面に座るはずの母ちゃんが、なぜか隣に座って「あ~ん」をしてくれてるんだ!

「今日はどうしたの?母ちゃん」

「ん?別に何もないわよ」

「いつもこんな事してくれないじゃん」

「たまにはお母さんに甘えさせてあげようかな~って」

「そうなんだ」

「嫌だった?」

「いや・・・すっげー嬉しい」

「うふふふ、良かった」

幸せな食事も終わって片付けが終わると、また隣に座ってニコニコとして腕を組んでくる。
オッパイの感触が・・・柔らかい・・・。

「拓ちゃんも大きくなったわよね~」

「母ちゃんは変わらないね」

「いつまでも若いってこと?」

「うん」

「ありがと~!嬉しいわ~」

更に強く抱きついてきたから腕がオッパイに埋まってる・・・。

「ねぇ拓ちゃん、久しぶりにお母さんとチューしない?」

「ぶっ!何言ってるんだよ!」

「え~?だって小さいとき以来してないじゃない?お母さん久しぶりにしたいな~」

「う・・・わかったよ・・・」

「やった~!」

ドギマギしてる俺とは対照的に、母ちゃんは本気で嬉しそうに笑ってキスしてきた。
俺は昔みたいに軽く唇を合わせるだけのキスを想像してたんだ。
それなのに・・・それなのに母ちゃんは!
唇を合わせた瞬間に舌を捻じ込んできた。

「はむ・・・んちゅ・・・ん・・・んむ・・・」

しかも俺の口内を貪るように舌を絡めてきた!
あまりにも衝撃的すぎて硬直してたんだが、下半身に何やら違和感を感じた。
空いてる方の手を違和感の場所にやると、そこには母ちゃんの手があって股間を弄られてた。

「かあ・・・んむ・・・まっ・・・ぶっ・・・母ちゃ・・・む・・・」

母ちゃんのキスから逃ようとするが、母ちゃんが許してくれない。
股間を弄る手も止まる気配がない。
それどころか、いつの間にかチャックを下ろされてチンポを掴まれていた。

「ん・・・久しぶりのキスでお母さん張り切っちゃった!てへっ」

「それはいいんだけど・・・むしろ嬉しかったんだけど・・・えっと・・・これは・・・?」

「だって~、ずっと硬くしたままだったでしょ?お母さんが楽にしてあげようかな?って」

「それは母親としてどうなのかな~?あはは・・・」

「あら?息子の為に何かしてあげるのは母親の役目よ」

ダメだ・・・俺は諭そうとしてるのに、母ちゃんは『言ってることが分からないわ』って顔してる。
これ以上は俺の理性も保たないから、間違いを犯す前に止めさせる手はないかと考えた。
それなのに母ちゃんはお構いなしにチンポを扱いてくる。
その手つきと加減がまた絶妙で思考が纏まらない。

「母ちゃん!そんなに扱かないで!」

「え?何で?あ、そうか!こっちのほうが良かったのね」

何を勘違いしたのか、母ちゃんは身を屈めるとチンポを咥えた。
そしてバキュームを効かせてジュポジュポと音を立ててフェラチオをする。

「あああ・・・ダメ・・・ダメだって・・・ああ・・・そんなにしたら出ちゃう・・・」

そのセリフが聞こえたのか、更に激しくチンポを吸われてしまった。

「で・・・出ちゃう・・・出ちゃう!」

俺は言葉とは裏腹に母ちゃんの頭を押さえつけて射精してしまった。
母ちゃんは身動ぎ一つせずに精子を口で受け止め続ける。
すっかり出し切った俺は正気に戻り、慌てて母ちゃんの頭を押さえてる手を離した。

「ご、ごめん!」

「ん・・・」

母ちゃんは残りの精子を吸い出すようにして、ゆっくりと口からチンポを抜いた。

「見て~、こんなにいっぱい」

あろうことか、母ちゃんは口を開けて中に溜まった精子を見せつけて来た。
出したばかりの白くドロッとした精子が、大量に母ちゃんの口の中にある。
十分に見せつけた後、閉じた口をモゴモゴと味わうように動かし、ゆっくり飲み込んだ。

「えへ、飲んじゃった」

「飲んじゃった」じゃないよ!
まさか母ちゃんに精子飲ませる日が来ると思わなかった・・・。
ちょっとした精神的ダメージを負いつつ、これ以上は本当にマズイと思い、終わらせようとした。

「あ、ありがとう・・・おかげでスッキリしたよ」

そう言ってチンポを仕舞おうとすると、母ちゃんが不思議そうな顔して訊いてきた。

「えぇ~?あれだけでいいのぉ?遠慮しなくていいのよ?」

「これ以上はさすがに・・・」

「拓はお母さんのお腹に戻りたくはないの?お母さんは戻って来て欲しいな~」

「お腹に戻るって・・・?」

「ほらぁ・・・ここに戻りたいでしょう?」

妖しく微笑みながら母ちゃんがジーンズを下げ、下着を指で横にずらしてマンコを見せつけてくる。

「どう?昔みたいにオッパイも吸わせてあげるわよ」

シャツを捲ってブラジャーから零れ落ちそうなオッパイも露わにする。

「クスクス・・・アソコは正直ね~、出したばかりなのにまた硬くしてるじゃない」

もう俺は抗うことは出来なかった。
気付けば母ちゃんのシャツとジーンズを剥ぎ取って覆い被さっていた。

「焦らなくてもいいのよ。お母さんは逃げたりしないから」

そう言ってそっと抱き締めてくる。

「分かるわよね?ここよ?ここに拓ちゃんの硬ぁ~いのを入れて」

母ちゃんの手で握られてマンコに固定されたチンポ・・・。
迷わずに腰を押し出してマンコに挿入した。

「あぁ!お母さんに帰って来てくれたのね!嬉しい!」

『もう逃がさない!』と言わんばかりに全身でギューっと抱きついてくる。
当然その分深く挿入することになり、俺と母ちゃんの股間は完全に密着した。

「分かる?拓ちゃんのアソコが今、お母さんの子宮に届いてるのよ?」

「ここが子宮・・・」

「そう、拓ちゃんが居た場所よ」

「温かいよ、母ちゃん」

「拓ちゃんのも焼けた鉄の棒みたい」

「このまま続けていいの?」

「今更止めちゃ嫌よ」

「もう止められないよ」

その言葉を合図に俺は腰を振った。

「いいわ~!お母さん幸せで気持ち良くなっちゃう!」

「俺も幸せだよ、母ちゃん!」

「もっと気持ち良くなりましょう」

「もちろん!」

もう一切を気にせず、ただがむしゃらに腰を振り続けた。
母ちゃんの喘ぎ声と腰を打ち付ける音だけがリビングに響く。

「母ちゃん・・・もう俺・・・」

「お母さんが全部受け止めてあげるから、遠慮しないで出していいのよ!」

「母ちゃん・・・母ちゃん・・・うぅっ!」

俺は何も考えずに母ちゃんの中で射精した。

「あぁ・・・拓ちゃんのがお母さんの中に・・・いっぱい入って来てるわ~」

さっきフェラで出したばかりなのに、驚くほど大量に射精してるのが分かった。

「ふぅぅ・・・ふぅぅ・・・母ちゃん・・・射精が止まらないよぉ」

「いいのよ・・・全部お母さんの中に出しちゃいなさい」

どれくらい経ったのか・・・ようやく射精が終わった。

「いっぱい出したわね~、お母さんの子宮がパンパンよ」

「俺もビックリだよ、あんなに出るなんて」

「気持ち良かった?」

「凄い気持ち良かった」

「これからは遠慮しないで甘えて良いからね!」

「え?今日だけじゃなくて?」

「もちろんよ」

「ありがとう、母ちゃん・・・」

「ふふ・・・大好きよ・・・拓ちゃん」

「俺も大好きだよ、母ちゃん」

母ちゃんに何があったのか分からないけど、昔以上の甘え方が出来るようになったのは嬉しい。