数年前の話。
嫁が出産で実家に帰ってしまい、性欲を持て余してたので、出会い系で30代の独身看護婦と会った。
バツイチの独身と偽り、2回目のデートで映画を観に行った帰りの車でムラムラしてきた。
直球で「ホテルに行こうよ」と誘うと、「うーん、どうしよう」と悩んでる様子。
もうひと押しかと、なぜ悩んでいるのかを聞くと・・・。

「まだよく面識もないのに、そんなことをしていいのかなって・・・」

要するにエッチしたいわけですね、と都合よく解釈。
太ももをナデナデしながら軽くキスしてみると甘い吐息を感じた。

「ねえ、いいでしょ?」

耳元で囁くと小さく頷いた。
心の中はガッツポーツ。

さっそくホテルへ。
部屋に入り、服を脱がせる。
ちょっと太めながら肉付きがいい程度。
胸も大きく、肌も白く、エロい意味で美味しそう。
胸を揉みながらキス。
そして体全体を時間をかけて愛撫。
あそこをチェックするとパンツまでビショビショ。

俺が「凄い・・・」と呟くと、「前彼と別れて1年ぶりなの」とのこと。

さらに撫で回していると、「もう我慢できない」だって。
男としては至上の一言。

さっそくゴムをして挿入しようとすると、なんと「ゴムはしなくていいから」と言う。
理由は安全日だから。
相手は看護婦さんなので信用して、そのまま挿入。
しかし、久々とは言え、すごい声だった。
なんと興奮したことか。
さんざん楽しんだ後、お腹の上に外出し。
とても気持ちよかった。
俺自身、数ヶ月ぶりのセックスだったので大量のザーメンが出た。

それからは週2ペースで会って、食事してホテルという流れ。
それが変わってきたのは1ヶ月くらい経ってから。
エッチの最中・・・。

「今日は安全日?」
「うん」

「中に出してもいい?」
「うん」

ということで中出しした。
毎度のことながら中出しは最高に気持ちいい。
それ以来、彼女の方から俺の耳元で、「今日は中に出していいよ」って囁いてくる。
囁かれた瞬間、モノの硬度が上がるのが分かる。
もちろんそれは彼女もだろう。

中出しの次は撮影、ですよね?
行為の最中に提案した。
長めの愛撫をした後で、挿入を焦らす。
クリトリスを弄ったり、カリだけ入れてすぐに抜いたり。

「ねえ早く」

「撮らしてくれたらいいよ」

冗談ぽく言って、あくまでの焦らしプレイの一環風に。
すると、「えー」なんて言ってくるので・・・。

「お願い、1枚だけ、誰にも見せないから」

なんて言いつつ、ちょっとだけ深く出し入れしたりしながら口説く。

「顔は映さないでね」

許可が出たので、その後はバシバシ撮影。
下からのアングルと言いつつ顔も撮り、バックでは尻穴も撮った。
剃毛もしたし、屋外プレイもやった。
最後はお決まりの、中出しザーメンが出てくる局部の撮影で終了。

ちなみに彼女は中出し好きで、安全でない日も中出しを求めてきた。
結婚も視野にあったのかもしれない。
結局、3月ほどで妊娠(もちろん堕ろさせたけど)。

それが原因で別れたけど、今もまだ近所の病院で働いている様子。
ほとぼりが冷めた頃に、また誘ってみようかな。