3歳年下の妹を意識し始めたのは妹が中2の頃。
妹が風呂に入っているとは知らずに脱衣所に入ったら裸の妹がびっくりして、「ちょっとぉ、何で入って来るの!」と言ってタオルですぐ体を隠したが、しっかり妹の発達した体が見えた。
その時は、「入ってたのか、ゴメンゴメン」と興味がない風を装ってすぐその場から離れた。
その日の夜・・・初めて妹でオナニーした。
その後、背徳感を感じつつも妹をオカズにオナニーを続ける日々が続く。

やがて妹が高3になり、グラビアアイドルのように胸が大きくなった。
2人で話している時など、つい胸に目が行ってしまうことが多くなる。
たまに胸を見ていることを気づかれて、「何ジロジロ胸見てんの、気持ち悪い」と冗談まじりで言われたが、もともと妹とは下ネタOKな関係だったので、「いや・・・なんかさぁ・・・お前最近、本当に胸大きくなったよなぁ」と言うと・・・。

「ん・・・。まあ確かに最近大きくなったんだよねー」

こんな、たまらない会話をした。

それから数日後、父親の知人の結婚式で両親が関西に泊まりで行くことになり、その話を聞いた時、(もしかしたら!)という考えが頭を過った。
妹は大学受験をしないで美容師の専門学校に行くことが決定していた。
毎週土日はいつも遊びに行って家にいないので、(やっぱ何もないか・・・)と、すぐに現実に戻った。

朝、両親を見送り、仕事も休みなので部屋でゆっくりしていると、昼の3時頃にようやく妹が目を覚まして部屋から出てきた。

「お前なぁ・・・。昨日は何時まで起きてたんだよ。おやじ達はもう出かけたぞ」

「あっそうなんだぁ・・・今日どうしよっかなぁ~」

「どうせどっか遊びに行くんだろ?あ、金は貸さないからな」

「今日はどこも行かないよ。友達は皆受験で忙しいんだってさ」

「お前だけ暇ってことか。まぁたまには家で過ごすのもいいんじゃねぇ?じゃあ俺は適当に部屋でダラダラしてるわ」

「それならお兄ちゃん、この前アレ買ってきたんだから、夜は映画でも観ようよ」

アレとは、先日自分が買ってきたホームシアターセット。

「いいよ、ビデオ屋に行く時に声かけて」

普通を装っていましたが、ぶっちゃけかなり興奮してました。

・両親はいない。
・2人で映画を見る。

(もしかしたら・・・)という気持ちがどんどん大きくなってました。

夕方になり、晩飯の買い出しがてらレンタルビデオ屋へ。
妹は前から観たがってた恋愛映画を探し中。
暇だったのでアダルトコーナーで女子高生モノのビデオを探っていると、いつの間にか妹が後ろにいて・・・。

「お兄ちゃんって制服マニアなの?今度、私の制服貸してあげようかぁ?」

「バーカ、制服借りてどうすんだよ・・・俺が着んのか?」

「そっか・・・じゃあ私が制服を着てる時はいつもムラムラしてたんだ?」

「そ、それはそれで問題ありだろ、兄として・・・」

「ふーん・・・そうなんだ」

この会話で俺のテンションは最高潮に達してしまった。
家に帰り晩飯を食べたあと、互いに風呂に入り、リビングで映画を見始める。

「やっぱり暗くしないと雰囲気でないよな」

さりげなく部屋の電気を消す俺。
妹は最近酒の味を覚えたらしく、甘いジュースのようなカクテル系のお酒を飲んでいた。
お互いホロ酔いになってきた頃に始まったラブシーン。

「・・・こういうシーンってなんか気まずくならねぇ?」

「それはお兄ちゃんがやらしいことばかり考えてるからでしょ。綺麗なシーンじゃない」

「そんなこと言って、実はお前も興奮してるんじゃねぇの?」

「お兄ちゃんと一緒にしないでよ!興奮なんかしてないって・・・」

妹が画面から目を離さないのに気付き、俺は調子に乗って喋り続けた。

「俺はバリバリ興奮してるけどね」

「・・・マジで?」

妹がこっちを向いた。
アルコールが入っていることもあり、2人の間に妙な空気が流れ始めたのを感じ取った。

「マジ、マジだよ・・・確認してみる?」

「本気で言ってるの・・・?ていうか、お互いかなり酔っちゃってるよね・・・」

こんな会話をしてるけど、実はこの時、俺はもう酔いが醒めていた。
妹が俺の股間をチラチラ見てるのが確認できたので、触りやすいように脚を開き、妹の方に体を向けた。

「・・・」

妹が無言でゆっくりと股間に手を伸ばしてきたので、(これはヤレる!)と確信した。

「うわ・・・まじで硬くなってる・・・なんかすごい・・・」

「お前が触るからすげぇ興奮してきた・・・お前のも確認させろよ」

「・・・それってやばくない?」

「やばいかもしれないけど・・・我慢できない」

強引に妹の足を開きアソコを触ると、「んっ、んっ」と可愛い声を出した。

「お前だって興奮してんじゃん・・・!」

「してないって!」

思った通りのことを言ったので、「じゃあ中も確認してやるよ」と言って一気にパジャマのズボンの中に手を入れ、パンツの中を確認。
びっくりした妹は一瞬足に力を入れて閉じようとしたが、強引に手を入れて確認してみた。
案の定、濡れていた・・・それもかなり。

「んっ、んっ・・・まじやばいよ・・・ダメだって!」

体を揺すって嫌がっているようには見えるが、妹の足は開いたまま・・・。
それに何より俺のモノから手が離れてない。
それからしばらく2人とも黙ってお互いのモノを弄っていた。
俺はとうとう我慢出来なくなり、無言で妹のパンツを脱がそうとした。

「まじで!?まじでしちゃうの!?」

「嫌か?」

「・・・嫌じゃないけど・・・やっぱやばいよ」

今までにないウルウルした目で妹が言ってきた。

「大丈夫・・・ちゃんと外に出すから・・・絶対」

「そういう問題じゃないよ・・・やばいってこういうの・・・」

この言葉を聞いた時、(絶対にやれる!いや、やる!)と思った。

「やばくないよ、だってお前のこと、ずっと女として意識してたから」

自分でも訳のわからない言い訳をしたなと思っていたら、「私もお兄ちゃんのことは男として好きかも」と小さい声で告白してくれた。
それを聞いた俺は速攻でズボンとパンツを脱ぐと、妹に自分のモノを見せるようにしてから妹のパンツを脱がした。
妹は俺の顔を見ないように横を向きながらソファーに横になった。

俺が「入れるよ」と言うとコクッと頷き、目を閉じた。

どうやら覚悟を決めたようだ。
彼氏を頻繁に変え、比較的遊んでいると思っていた妹のアソコは予想以上に締まりが良かった。
少しずつ入れていくと、妹と暮らした十数年の間に一度も聞いたことのない声が聞こえてきた。

「んんっ!んっ!んんんっ」

今までのセックスでは得られなかった快感。
さまに尋常ではない気持ち良さだった。
妹も相当に感じているようだったが、我慢してあまり声を出せないようで・・・。

「俺もすごく気持ちいいから、お前も我慢せずに声出していいんだぜ」

「やだっ、恥ずかしい・・・なんでお兄ちゃんと・・・こんなこと・・・してるんだろ、あっんんっ!」

妹は起き上がって俺に抱きついてきたと思ったら座位のような形になり、いきなりキスしてきた。
そのキスは今まで自分が経験したキスの中で一番長かったと思う。
2人とも涎が垂れるのも構わず、ずっと舌を絡めつつ腰を激しく動かす。
キスをしている時に妹はすごく苦しそうな声を出し、抱き合ったまま腰がガクガク痙攣した。
イッたんだなと思い、少しの間動くのをやめようとしたら、妹のアソコがギュッギュッギュッとものすごい締め付けを始めた。
ゾクゾクッと背筋に電気が走ったと思ったら、俺は「イクッ」と声を出し、そのまま妹の中に出してしまった。
ドクッドクッと長い射精が続いた。
妹も中で出るたびに、「んんっんんっ」と悶えている。
2人の繋がった所からブチュッブチュッとすごく卑猥な音がした。

(やばい!妹に中出しなんかしてしまった・・・!)

現実に引き戻される感じがした。

「・・・いっぱい出たね、お兄ちゃんのセーエキ。すごい熱い」

妹はあまり焦っていない感じがしたので、「やばい。調子に乗って中出ししちゃったけど大丈夫?」と聞くと、「たぶん大丈夫、安全な日だと思う」と答えた。

「すごい・・・今までで一番気持ち良かったよ。・・・やっぱり兄妹だから相性いいのかなぁ」

そんな事を妹が言った。
俺も同じようなことを思っていた。

『近親相姦は一度踏み込むとやめられない』という話にも納得した。

その後、猿のように何度もお互い求め合い、一度もアソコを拭いたりせず、グチョグチョのままでリビングでずっとしていた。
後で見たらリビングのソファーが大変なことになっていて、焦って2人で雑巾で拭いた。
次の日も、両親が帰ってくる夜まで、ずっと妹の部屋でした。

それ以後も、両親が家にいない時は必ずと言っていいほど妹とセックスをするようになった。
妹が専門学校を卒業して一人暮らしを始めると、たまにしか会わないようになったが、会った時は必ずした。
本当に飽きることがない妹とのセックス。
最近はアナルも覚え、両方に1回ずつ出すのが定番だ。