いつから母に興味を持ったのかは覚えていない。
でも、昔からオナニーするときに一番多くネタにしてたのは母子相姦ものだった。
自分の実の母とのセックスを想像したりしていたわけじゃなかったけど。
母子相姦ものの動画や小説、ネットなんかの、“本当ならしてはいけないこと”って状況に興奮してたんだろうな、と思う。
でも、実の母親との今の関係と比べたら、その興奮は全然物足りないものだった。

俺は4ヶ月前からオナニーする必要がほとんどなくなった。
と言ってもセックスしてるわけじゃない。
まあ時間の問題だとは思っているけど。
もちろん性欲の解消を手伝ってくれてるのは母。
きっかけは母子相関関係ではよくある話。

大学受験を控えていた俺は、色々忙しくなりそうだったから、去年の夏に彼女と別れた。
その子とは1年くらい付き合ったんだけど、好きだっていう気持ちが少なくなってたのもあって、俺から別れ話を切り出した。
やっぱりかなり泣かせちゃったな。
受験だから仕方ないっていう理由を言ったから納得はしてくれたけど。

彼女と別れたことに寂しさはそんなに感じなかったんだけど、溜まる一方の性欲には困った。
彼女とは会うたびにセックスしてたのに、それがなくなっちゃったわけだから。
とはいえ、相手もいないからオナニーで解消してたんだけど、やっぱりネタは母子相姦もの。
そんな時、俺の中で自分の母親に興味を持ってしまうきっかけになるものを見つけてしまった。

色々とオナニーのネタにしてたサイトに、『自分の母親の裸が見たくて仕方ない』って男のことが載っていた。
その男は母子家庭で女性と話すのが苦手。
そんな自分に対して優しく接してくれて、普通に話をすることができる女性は母親だけ。
男は母親が大好きで、いつの間にか女性として見ているけど告白なんかはできない。
でも、裸を見てみたいんだけど、どうしたらいいか・・・、というような内容だった。
興奮よりは興味半分で読んでたんだけど、その男に寄せられた色んな人のコメントの中に気になるのが一つあった。
それは、『風呂上がりの脱衣所を盗撮しろ』というものだった。
しかも、どういうカメラが良いかとか、仕掛け方まで書いてあった。
面白そうだと思ってネットで小型カメラについて調べてみたら凄かった。
今の小型というか明らかに盗撮用に売ってるカメラって本当に高性能なのな。
そのとき俺は、(これなら本当に家の脱衣所を撮れるかも・・・)って思ってしまった。
母親の裸を盗撮できるって考えた瞬間、俺は物凄く興奮してしまった。
そして、もしもバレたらとんでもなくヤバイことになるとは思いつつ、ネットでつい購入してしまった・・・。
(買うだけなら大丈夫、使わなければ大丈夫)って自分に言い聞かせながら。

実際に買ったのは長さ10cmくらいの長方形の小型ビデオカメラ。
パッと見てカメラには見えないものだから大丈夫かな、と。
それでも実物が家に届いてから実行までは、なかなか勇気が出なかった。
母親を盗撮するなんて異常すぎる行動、一線を越えるのは難しかった。

(やっぱり無理だ)

そう思いかけてた時、本当に偶然なんだけど、母親の下着姿を見てしまったんだ。
ちょっとした用事で母の部屋へ行った時、部屋のドアは半開きになっていた。
何も考えず開けたら母は着替えの最中。
ドアに背中を向けていたけど、上半身は黒いブラのみ、下半身はパンツとストッキングの半裸の母。
年の割には引き締まった背中とくびれ、ストッキングを穿いていても柔らかそうに見えるお尻。
カメラが届いてからというもの、ずっと母の裸を想像してた俺の目はもう釘付けになった。
母は最初、俺がいることに気づいてなくて、普通に着替えてる。
ちなみに俺は脇フェチなんだけど、シャツを着ようとする母の脇の下と横乳に思わず勃起してしまった。

で、(まずい)と思って逃げようとした瞬間、母が俺に気づいた。
下半身パンツとストッキングの格好でちょっと恥ずかしそうに、「どうしたの?」って言う母。
その恥ずかしそうな様子にも少し興奮してしまうダメな息子。
俺は手短に用事を伝えて自分の部屋に逃げ帰った。

そして俺はその日の夜、初めて母の裸を盗撮した。
母が風呂に入る時間はいつもだいたい10時半くらい。
自分でも変態っぽいとは思うが、これも盗撮しようと思って何日か調べた成果。
カメラを仕掛けるため10時過ぎに先に風呂に入った。
仕掛ける場所に少し悩んだけど、脱衣所の化粧水なんかが置いてある棚の中に角度を調整して置いてみた。
この時の俺は、バレたらどうしようっていう気持ちと、もう少しで母の裸が見えるっていう興奮でドキドキが収まらなかった。

母に風呂を出たことを伝え、2階の自分の部屋に戻って様子を見ていると、脱衣所のドアが閉まる音がした。
その時から俺はずっと勃起気味だった。
30分くらいして母が脱衣所から出てきたので、少し時間を置いて1階に。
母がリビングでテレビを観ていることを確認してから小型ビデオカメラを回収した。
自分の部屋に戻ってビデオカメラからマイクロSDを抜いてパソコンに挿入。
映像が始まる前から今までに感じたことがないような興奮状態になっていた。

パソコンの画面に映し出された映像は・・・何年ぶりかに見る母の裸だった。
仕掛け場所が位置的には少し高かったのか、お腹から上だけだったけど、母が服を脱いでいく様子がはっきりと映ってた。
横向きの母が服を脱ぎ下着姿になっていく。
母が手を背中に回してブラを外す瞬間、俺は異常に興奮した。
大きさは普通より小さめだったけど母の胸は綺麗だった。
乳輪も乳首も少し色は茶色っぽい感じで小さめ。
次の瞬間、なぜか母は片手で胸を少し持ち上げるように揉んだ。
潰れるように形を変える母の胸と、強調されるような母の乳首に、勃起したモノをしごいていた俺は我慢できなかった。

俺はこの日、何回オナニーしたか分からない。
一度射精した後、少しするとまた我慢できなくなって、母の裸でオナニーするってことを繰り返した。
この日から母を盗撮することが止められなくなってしまって、何度も繰り返した。
でも俺の様子が変だったらしくカメラが見つかってしまい、それがきっかけで母との関係は大きく変わってしまうことになった。
これが母と俺との母子相姦の始まりだった。