ゴルフに行ったときのことを話します。

私は小さな会社を経営している42歳の既婚者ですが、友人と2人で趣味のゴルフに行きました。
組み合わせの関係で、30代前半ぐらいの女性2人組と一緒に回ることになりました。
2人とも膝上20センチのミニスカートで、結構きれいな女性でした。
天気も良くて、今日のゴルフは楽しいものになりそうな予感でいっぱいでした。

私たちがシングルの腕前だとわかると、彼女たちは指導をお願いしてきました。

「ドライバーを打つ時は椅子に軽く腰を落とすような感じでね」

そんな感じで優しく教えました。
私が指導した女性は肩まである髪を後ろで結った鈴木京香似の桂子さんでした。
身長は160センチぐらいで、かなりメリハリのある身体をしていました。
ドライバーを打つ時は、背後に回って自然な感じで肉付きのいいお尻を支えて型を教え、打たせました。
私のペニスはそれだけでいきり立ち、真っ直ぐに歩きづらい状態でした。

そんな楽しいプレイも終わり、精算も済まして一息ついていると、先程の彼女たちがシャワーを浴びて化粧を直し現れました。

「キレイ!」

思わず言ってしまうほど2人ともいい女でした。

「お礼に食事を一緒にいかがですか?」

桂子さんが私に言ってきました。
断る理由もなく、4人でレストランに出かけました。
お酒が入り桂子さんは少し解放されたのか、ゴルフの話から男と女の話になっていきました。

「主人とは最近ご無沙汰なの」
「いい男がいたらアバンチュールを楽しみたいわ」

などと私にモーションをかけてきます。
私は自分の気持ちを抑えながら、「桂子さん、だいぶ酔ったんじゃないですか?」とかわしました。

その後、自然とゴルフの組み合わせと同じになり、私がタクシーで桂子さんを送っていくことになりました。
桂子さんが自宅の前で、「今日は主人が不在なのでお茶でもどうぞ。少し酔いを醒ましたら・・」と誘ってきます。

「それじゃあ」と上がりました。

お茶ではなくウイスキーが出てきて、ソファーに並んで腰掛けてグラスを傾けました。

そして、いいムードになって・・・。
桂子さんを床に押し倒し、Tシャツの上から乳房を揉みます。
それを脱がし、現れたセクシーなブラに興奮して剥ぎ取りました。
乳房を揉みながら乳首を舐め回し、片方の手でミニスカートのホックを探し当てて外し、ミニスカートを腰から引き下ろしました。
薄い透き通ったようなパンストに包まれたパンティ。
その中心部は別の生き物のように息づいていました。

パンストとパンティを一気にずり下ろし、指をヌレヌレのマンコに差し入れます。
敏感な部分をこねまわされ、桂子さんは、「いや、恥ずかしい」と声を出します。
私は桂子さんの両足を大きく開き、マンコに顔をうずめて舌を使いました。

「いや、ああっ、だめっ、あああ」

最初からかなり感じているようでした。

「もうダメ、お願い、もう入れて!」と懇願します。

私は「まだ、まだ」と焦らしながらマンコのビラビラを舐めるようになぞり続けました。
そろそろ入れようかと身体を起こし、「入るよ!」と言って濡れそぼって欲情しているマンコめがけて、最近では見ないほど硬く反り返った肉棒をぶち入れました。

「あうっ、凄い!凄い!こんなの初めて!」

桂子さんは叫びます。
私はズンズン突きまくりました。
微妙に強弱をつけながら。
桂子さんの耳元で、「素敵だよ」と言いながら。

「イッちゃいそう、だめ、あああああ、イク、イク!」

桂子さんは私の下で泣くように叫び、抱きついてきました。

「このまま出していい?」

「危ないかもしれないけど、このまま出して!イッて!」

私はラストスパートをかけて、引き絞った弓から矢を放つように桂子さんのマンコに射精しました。

「ね、また会って!これきりなんて嫌っ」

とてもいい女でしたので、「もちろん」と言って濃厚なキスをしました。
すると年甲斐もなく、たちまち勃起してしまって・・・。

「本当に私の身体を気に入ってくれたのね。嬉しい!」

そう言って桂子さんは、再び私の肉棒を口に含んでくれたのでした。