去年の7月のことです。
暇に任せてインターネットの懸賞サイトに適当に応募していたら、懸賞が当たりました。
先に郵便を受け取った母が、「『プレゼント係』って書いてあるけど、何か当たったみたいよ」と言って持ってきました。
中を開けてみると、高級リゾートホテルのペア宿泊ご招待券でした。
父はマレーシアの現地法人に出向中だったので、暇を持て余していた母は、「お父さんのBMWで行こうよ」とはしゃいで大喜びでした。
母と2人でリゾートなんか行っても盛り上がらないなと思いながらも、まあ母がその他の費用は全部出してくれることだし、行くことにしました。

私は25歳のフリーターで、母は49歳。
顔立ちは鈴木京香にそっくりですが、体はもう少し痩せ型のタイプです。
しかしホテルのプールで初めて母の水着姿を見たのですが、胸も大きくてかなりイケていることを知りました。
水着から伸びる剥き出しの白い脚、その太ももの付け根にあるもっこりとした肉土手、水着からはみ出している柔らかそうな乳房の谷間、ハッキリと見てとれる乳首の形などをチラチラと見ていると、妙に母に女を感じてしまいました。
プールを出て人気の少ない浜辺で母と遊びながらじゃれているときなんか、ちょっとドキドキしてしまいました。

夜のディナーの後、対岸の街の灯りと漁火がとても綺麗だったので、母と2人、ソファーに並んで座って、夜景を見ながらワインを楽しみました。

「こうしていると、なんだか不倫旅行みたいだね」

私が冗談で言うと母も少し酔っていて、「そうね・・・」と笑って言いました。

楽しく飲みながらも、母の白いバスローブの胸元で息づいている谷間につい目が行ってしまい、だんだん興奮してきている自分に気づきました。
新しくワインを注ぐ度にグラスを高らかに上げて乾杯し、母の肩に手を回して談笑しているうちに母もかなり酔ってきたのか、心持ち私にもたれかかってきました。
私が昼間に見た母の水着スタイルを褒めると、母はとても嬉しそうに、「あ・り・が・と」と言って私のおでこにチュッと軽くキスをしてくれました。
私も調子に乗って冗談っぽく母の頬に軽くキスをしたりしました。
母も最初は笑っていたのですが、そのうちなんとなく会話が途切れてしまい、気がついたら私は母の唇にキスをしていました。
母は拒否することもなく、じっとしていました。

「母さん・・・」

私が小さな声で言うと、母は私の気持ちを探るような眼差しを向けたあと、そっと目を閉じました。
私はそれを見て、再び母の唇に吸い付きました。
母もそれに応えて唇を吸いあい、舌を絡めて、激しい接吻を返してくれました。
私はキスをしながら母のバスローブの中にそっと手を入れて、直に乳房を揉んでしまいました。
それでも母は拒みませんでした。
私の指が乳首をなぞったとき母が、「ああ・・・」と溜め息をつきました。
それは母が女の声を発した瞬間でした。

私はもうたまらなくなりましたが、その時になって母が、「だめよ・・・もうやめて・・・」と私の手を払いのけようとしました。
しかし理性を失っていた私は母をソファーに押し倒し、バスローブを捲り上げて、乱暴に乳首を吸いました。
母は呼吸を荒げながらも、「お願い・・・ヒロシ・・・やめて・・・」と声を上げました。

「母さん・・・したいんだ」

私は強引に母の下着を剥ぎ取りました。
そして素早く自分も裸になり、母の上にのしかかり、母に挿入しようとしました。
そのときは、ただただ挿入したいという気持ちでいっぱいだったのです。

「お願いっ!本当に・・・そこはやめて!だめよ・・・そこは親子では本当にいけないの!」

母は必死で私の肩を押し返しながら、泣きそうな声で言いました。
私は興奮した声で、「じゃあ・・・ここだったら親子でも関係ないよね」と言い放つと、母のアヌスに指をあてがって、母の表情を窺いました。
母は髪を乱して荒い呼吸をしながら私を黙って見つめていました。
私は肩を掴んで押し返そうとしている母の手を片手で払いのけると、中指をそっと母のアヌスの中に沈め込みました。
母は不思議な感触に浸っているのか、黙って目を閉じてじっとしていました。
私は静かに母の直腸の内側から膣壁に圧迫を加えるようにグリグリと刺激を与えました。
母は肛門を触らせるだけなら近親相姦にはならないと思っているのか、アヌスの不思議な快感を得たいと思っているのか、私のなすがままになっていました。

私は母の表情を注意深く見ながら、徐々に指を母の直腸の奥深くへと挿入しました。
母の膣口からは、かなりの愛液が伝って肛門に流れ込んできて、指の出し入れもスムーズになってきたので、指を2本にして挿入してみました。
2本の指を動かしていると、指の間から母のピンク色の綺麗な直腸壁が見えてきてとても興奮しました。
私はその美しい穴に引き込まれるように、勃起したペニスを肛門に近付けていきました。
もう母は逃げもしませんでした。
それどころか母は首を起こして、別人のように興奮しきった顔で、私の勃起したペニスが母の肛門に挿入されようとしている有様を見つめていました。

「母さん・・・入れるよ・・・」

私は正常位で母の肛門にペニスを押し当てて、ゆっくりと挿入を始めました。
亀頭の部分だけが中に入った瞬間、母は、「あっ」と声をあげました。
母の肛門の入り口はきつくて抵抗がありましたが、肛門の中は広くて温かくて柔らかくて、ペニスを包み込むように感じました。
母は目を閉じて、すぐに荒い呼吸をしはじめました。
私はゆっくりと時間をかけてペニスを根元まで挿入しました。

「母さん・・・全部、中に入ったよ・・・」

すると母は、「中に・・・出しても・・・いいわよ・・・」と上擦った声で催促するように言いました。

私は母の肛門にペニスを挿入したまま片手を伸ばして、母の膣穴に指を突っ込みました。
母は肛門に私のペニスを挿入されたまま前の膣穴には指を入れられて快感を感じたのか、シーツや枕を掴んで悶え始めました。
クリトリスを摘むように刺激すると母は体をくねらせて、ますますのたうち回りました。
いつの間にか母は自分で腰を動かして、声は殺していましたが、かなり感じているようでした。
私も、母の肛門に挿入したペニスを2、30回もピストンをすると頂点に到達してしまって、あっという間に大量の精液を母の直腸内に放出してしまいました。
母にもその瞬間の感触が伝わったのか、「あぁ・・・」と言うとギュッと肛門を締めつけてきました。

全部出し切って、しばらくしてペニスを母の肛門から抜くと、肛門から白い精液がダラリと流れ出てきました。
母はまだ物足りないのか、目を閉じたまま私の頭や背中をずっと撫でていました。
私は、もう一度、母の膣に指を挿入して、優しく慰めてやりました。
今度は落ち着いて、親指でクリトリスを刺激しながら、他の指は膣の中をゆっくりと愛撫しました。
母の膣穴はびしょびしょに濡れていて、グチョグチョという音がしました。
そして乳房を揉んだり、時折乳首を吸ったりしていると母の体がくねりだして、母はとうとう喘ぎ声を漏らし、私の精液を肛門からジュルジュルと音を立てて排泄し始めました。
そして夢中で、「ヒロシ・・・、ヒロシ・・・」と私にしがみついてきました。
私も、「母さん・・・」と返事をしました。

母は虚ろな目つきで上体を起こすと、私を仰向けになるように促し、片脚を開いて私に被さってきました。
そして火照った肉土手を私のペニスに宛てがうと、挿入するのではなくて、クリトリスを擦るように体を動かし始めました。
私の目の前は、白く豊かな乳房が妖しく揺れ動いていました。
時折、私の表情を確かめるように見る母の瞳の輝きがドキリとさせるほど異様に思えました。
私も腰を動かすと、母もクリトリスをもっと擦りつけるように腰を動かしてきて、徐々にお互いの唇を重ね、舌を絡ませました。

私はもう母の膣穴に挿入したくて我慢できなくなってきて、母の体を持ち上げるようにして浮かせると、黙って勃起したペニスを母の膣穴に突き刺して母の体を引き下ろしました。
母の膣穴を一気に貫いた瞬間、母は、「あッ・・・あぁ・・・」と観念したように言いました。
母はついに禁断の膣穴に息子のペニスを迎え入れてしまって、少し恐怖を感じたのでしょうか、両手を私の肩にかけてギュッと抱き締めてきました。
しばらくそのままでいると、母は繋がったまま、まるでダンスをするように腰をゆっくりとグラインドしてきました。
私がピストンをしようとして腰を動かすと、母は、「じっとしてて」と制止してきました。
私は母の動きに身を任せて受け身になりました。
母の腰の動きは絶妙でした。
母自身も快感を深く感じながら、体内にある私のペニスを膣で締め上げ、器用に腰を使ってグラインドしてきました。
私は、母が与えてくれる絶妙な快感に5分も経たないうちにイキそうになりました。
母の膣穴に中出ししようと脚を絡ませると、ガッチリと抱き寄せて思いっきり膣穴に射精をはじめました。
その瞬間、母は「あッ・・・ダメ、あぁ・・・」と言いましたが、諦めてしまったのか、母も私の精液をしっかりと受け止めるように私を抱き締めてきました。

終わったあとの母のおだやかな表情から、私の求めをすべて許して受け入れてくれたことがわかりました。
その晩はさらにもう1回交じり合い、次の日も、夜遅く自宅に戻ってから、また激しくお互いの身体を求め合いました。

それからの日々は、もうずっと・・・。
私も母も、お互いの身体なしでは過ごせなくなってしまいました。