俺は旦那しか男を知らない人妻を犯すことに非常に興奮する。
しかも旦那や子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちを感じ取るのが非常に好きだ。
たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。
俺はかなりの寝取られ好きだが、他の人妻を寝取り、その気持ちの変化を見るのがたまらなく好きなんだ。
もちろん、旦那しか知らなくて、しかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。
俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。

その時に会った人妻の名前は千秋、その頃36歳だった。
ちなみに俺はその時40歳。
千秋と出会ったのは書道教室だった。
俺は長年通っていたのだが、千秋は旦那の出張で引っ越して来たらしく、新しく通い始めたんだ。

初めて千秋を見たときは衝撃が走ったのを覚えてる。
顔はどこにでもいるような主婦なのだが、タレントの優香に少し似ており、背も150センチ前半と低く可愛らしい感じで、胸が異様にデカいのだ。
初めて見たときの彼女の服装は書道教室に合った地味なジーパン、濃い青色の薄手のカットソーだったのだが、胸はパンっとカットソーを持ちあげており、ジーパンはピチピチと少し大きめの尻を強調していて、何とも言えない30代の人妻の色気が満載だった。
雰囲気はかなりおっとりとした感じで、いかにも読書や書道が好きそうな真面目な主婦という感じだ。

書道教室は生徒が少なく、同世代は数人しかいないということもあって、俺は会った初日に千秋に話しかけられた。

「はじめまして」とか「どれぐらい続けているんですか?」とか他愛もない会話だったと思う。

ただ、俺の意識は話よりも千秋の身体のエロさや人妻らしい色気に集中していた。
書道教室の時間は土曜の午前中だったこともあり、同世代が私しかいなかったこともあり、千秋と一緒にたまに昼食をとったり、子供の話をするようになった。
千秋はかなり大人しくシャイな性格で、昼食程度でも2人きりだと人の目や旦那を気にし、尻込みするような素振りを見せていた。
ただ、千秋の自宅から書道教室は遠いのと(車で30分ぐらいかかる)、私の押しの強さに負けて、書道教室の後で私が誘うと昼食をとるようになった。

千秋と初めて会ってから3ヶ月ほど経った初夏、書道の後に昼食をしに行った。
その時は居酒屋のランチタイムに行ったのだが、そこは半個室の作りで他の席とは隔離されたような感じがあった。
少し照明が暗めで、結構いいムードの居酒屋だった。
夏ということもあり千秋はTシャツを着ていたのだが、それが少し小さめなせいで、かなり胸が強調されていた。
しかも胸の大きい人にありがちだが、ブラのレースの形がTシャツ越しにくっきりと浮かび上がっていたのだ。
その日はとてもムラムラしていたのを覚えている。
ランチセットを食べながら千秋の胸ばかりに注目していた。
また、かなり興奮していたので、その日は少しエッチな話をいやらしくない程度にしようと決心していた。

私は千秋の男性歴を少しずつ聞いていった。
恥ずかしがったりしてなかなか話してくれないこともあったが、千秋によると旦那とは大学1年生の頃に出会い、付き合い始めたそうだ。
そして大学を出て2年経ったときに結婚したと言っていた。
そこで、ふと疑問がよぎった。

(千秋は旦那しか知らないんじゃないか?)と。

そこで千秋に、「高校生の頃に付き合ったことはなかったの?」と聞いてみた。

「旦那が初めての彼なんです。で、5年付き合って結婚したんです」

私はこの言葉を聞いた時、何かどす黒い欲望が身体の中で湧き起こったような感覚を覚えた。
もちろん、付き合っている時、結婚してから他の男とセックスをした可能性もある。
だが私は千秋の性格上、そんなことはないはずだと断定していた。

旦那の身体、ペニス、テクニックしか知らない千秋を犯してみたい。
旦那のペニスしか入ったことのない綺麗なヴァギナに私のペニスを入れて、精子を流し込んでみたい。
何よりも、旦那に染められた千秋の心を私色に染めてみたい・・・。

そういう欲望が私の中で渦巻き始めていた。
そして決心していた。
この女を犯そうと。

だが、どんなに考えても千秋を犯すいい考えは浮かばなかった。
無理やりは嫌だったからだ。
仕方なく、直接的にアプローチをかけることを考えた。
全てを正直に話し、お願いしようと。
失敗したら書道教室を辞めればいいだけだ。
長年通った書道教室を辞めるのは少し気が引けたが、それだけ千秋を犯したかった。

実行の日、私はいつものように千秋を昼食に誘った。
私の車で出かけ、その日はパスタを食べに行った。
なぜかその日は千秋のテンションが高く戸惑ったが、その日彼女が着ていた紫のTシャツの胸に目が行き、ムラムラを抑えきれなかった。
その日までほとんど下ネタらしい下ネタは話したことがなかった。
昼食の帰りに車を走らせて、ちょうど良い休憩所があったので車を停め、千秋に思い切って聞いた。

「旦那とは仲いいの?」

「仲は良い方だと思いますよ」

「そうなんだ・・・。千秋さんのところは夜はどれぐらいある?」

千秋はびっくりしたような顔をこちらに向けて「えっ」と言ったが、ようやく私の言葉の意味を理解したらしく、はにかみながら「そんなこと聞かないで下さいよー」とほほ笑んでいた。
たぶんこういった話は苦手なんだろう。
露骨にいやな感情を表に出さないのが千秋らしく、こういったところが好きだ。

私は続けた。

「正直な話、うちはもうほとんどなくて・・・」

千秋は笑いをやめて俯いている。
私は千秋の手を掴み、早口で言った。

初めて千秋を見たときから好きだった。
心の底から君を愛していて、どうしようもないぐらい苦しい。
お互いパートナーがいるのは分かっている、でも気持ちが抑えきれない。
君と一つになりたい。
君が愛してくれなくてもいい、とにかく一つになりたい。
君も旦那しか知らないなんて勿体無いだろう。
絶対に秘密を守るから、私の彼女になって欲しい。
もし断られたら書道教室を辞める覚悟もある。

千秋は非常にびっくりしたような顔で、私から離れるように身体をドア側にずらした。
どんな事を考えているのかは分かりかねた。
ただ俯いているだけだ。
私は思い切って手をスカートを穿いている下半身にずらし、太ももを触ろうとした。
しばらく千秋は悲しそうな顔で触られていたが、優しく私の手をどけた。
彼女の車が置いてある書道教室の近くに行くと、彼女は何も言わずに降りた。
そしてこちらを振り返ることなく降りていった。
私は完全に振られたと思った。

彼女に振られた翌週、私は書道教室に顔を出した。
千秋がいる。
私はどんな顔をされるんだろうと少し緊張していた。
だが・・・。
千秋は私と目が合うと、少し笑いかけてくれた。
私は猛烈に感動した。
また千秋と話ができる。
それだけでも嬉しかった。
ただ私の心の中としては、彼女を愛するというよりも彼女を犯したいという気持ちの方が強かったのは事実だ。

無謀かもしれないが、書道教室が終わった後、私は千秋をまた食事に誘った。
彼女はちょっと戸惑っていたが了承してくれ、私の車に乗り込んだ。
だが車の中でも、店の中でも全く会話は無かった。
お互い緊張していたのもあるだろう。
今日の彼女はなんだか人妻の色気が一層強いように感じる。

店から出た後、私は車を書道教室とは逆の方に走らせた。
ラブホテルに向かうためだ。
私の頭の中はそれしかなかった。
千秋がどんな顔をしていたのかは知らない。
ただ彼女は何も言わなかった。
ラブホテルの駐車場に着いて5分ほど車を停めていた。
何をするでもなくお互い前を向いていた。
私はおもむろに彼女の手に触れる。
何も反応がない。
顔はいつものように俯いているだけだ。
手をスカートの方にずらす。
何も反応がない。

「いいってことだね?」

私は聞いた。
彼女の反応は無い。
私は車を降り、助手席のドアを開けた。
千秋は少し戸惑っていたが、車を降りて私についてホテルに入ったのだ。
もう私は勝利を確信していた。

ホテルに入るなり彼女の肩を抱き、尻を触った。
彼女は俯いたまま恥ずかしそうな顔をするだけだ。
その顔が私を一層興奮させた。

(このウブな女が、もうすぐ私の身体を知るのだ・・・)

一番高い部屋を取った。
ベッドがシモンズ製のかなりデカいやつらしい。
彼女の尻を触りながらエレベータに乗った。
エレベーターの中で聞いてみた。
どうしても聞いてみたかったことだ。

「旦那以外の人とエッチしたことあるの?」

千秋は黙っていたが、しつこく聞くと顔を横に振った。
私の考え通りである。
その清楚で自分の体を守ってきた千秋に異常に興奮し、後ろから抱き締めてしまった。
柔らかい体が気持ちいい。
千秋は身体を小さくして何かに耐えている。

部屋に入ると少し高いブティックホテルらしく、あまりいやらしい雰囲気はない。
黒と白を基調とした洗練された部屋だ。
ただ少し暗かったので、ベッドがら最も遠い窓のカーテンを開けた。
まだ2時前ということもあり、日差しが部屋全体を明るくする。
私は冷蔵庫からミネラルウォーターを出し、ベッドに腰掛けて飲み始めた。
シャツを脱ぎ、上はタンクトップになる。
一方千秋は、部屋の入り口でハンドバッグを前で下げたまま立ち尽くしている。
俯いている顔はなぜか悲しそうであり切なそうな様子を見せ、落ち着かないのか少し震えているようにも見える。
このリアクションが最高なのだ。
おそらく罪悪感や恐怖心と戦っているんだろう。
本当にこんなことをしていいのか、今ならまだ引き返せるんじゃないか、と。
それが私の心を余計にくすぐる。

私は千秋の後ろに回り、肩を抱いてベッドの方へと誘った。
千秋は俯いたまま何か言いたそうに口を動かそうとするが何も言えないようだ。
千秋を私の横に座らせ、またミネラルウォーターを飲み始める。
ひどく緊張しているのか、千秋は私の横で俯いたまま深刻そうな顔をしている。
明らかに罪悪感を感じて後悔しているようだった、私と一緒にここに来たことを。
性行為をするための場所であるラブホテルに来たことを。
私に「やっぱり無理です」と言いたいのが見え見えだった。
まだ千秋のどこかに後戻りできるという思いがあったのだろうか。
だが、私はそれを打ち崩す。

「シャワー浴びてきたら?」

俯く角度が増し、千秋の後悔の念がさらに強くなったように思えた。
彼女とは対照的に私は、彼女の鎖骨や綺麗で柔らかそうな腕を見て興奮していた。

千秋が動かないまま30秒ぐらいが過ぎた。
そして何か言おうと口を開きかけたが、私はすかさず彼女の首を抱きキスをした。
千秋はびっくりして何か言おうとしたが、私が口で塞いでそれを阻止した。
そして顔中を舐め回した。
自分で自分を変態だと思った。
ファンデーションの味と匂いがする。

その後すかさず千秋の後ろに回り、右手を襟元からのカットソーの中に侵入させ、ブラの中に直接手を入れた。
温かく豊満な胸だ。
手のひらに収まりきらず、溢れている。
緊張のためか少し汗をかいているが、ムニムニとした柔らかい感触が伝わってくる。
左手は同時に千秋の背中這わせてブラのホックを外した。
支えを失った胸が少し下がったように感じた。
両手で後ろから千秋の胸をゆっくり揉み始める。
千秋は俯いたままされるがままだ。
外側から徐々に内側に手を這わせ乳首に到達したときに、千秋の体が少しびくっと動いた。
やはり感じているのだ・・・。
もう顔は真っ赤で一生懸命に目を瞑っている。
千秋の横に回り、音を立てて乳首を舐めた。
2人の子供を育てた乳首、旦那と2人の子供しか舐めたことのない乳首を他人である私に舐めさせている。
少し大きめの乳輪が非常にいやらしく、甘噛をすると身体をびくんと動かしている。

これだから他の男を知らない女はいい。
一生懸命に自分の中の理性と戦っているんだろうか。

しばらく舐めた後、私は千秋の前に立ち、服を脱ぎ始めた。
はっきり言って私の身体は美しくない。
むしろ醜い方だと思う。
腹は出ているし、だらしない体である。
ただ自分的には、こんな醜い男に犯される女の気持ちを考えるだけで興奮するのである。
黒のビキニパンツの中でペニスはギンギンに勃起していた。

千秋の目の前でパンツに手をかけ、脱いだ。
千秋は伏目がちで私のペニスは見ていない。
私のペニスは大きさは普通だが、カリが他の人よりも大きいと自覚している。

「見てよ」

私は千秋に声をかけた。
顔を上げたと思ったら顔を背ける仕草がまた可愛い。
興奮状態が最高に達していたので、もちろん先っぽからは我慢汁がダラダラ出ていた。
亀頭をこするとぐちゅぐちゅと音がする。
そのあと、千秋が思い切ったように声を出した。

「やっぱり、やめたらだめですか・・・」

俯いて思いつめたような顔をしている。
千秋を見ると捲りあげた胸が見える。
いわゆるロケット型という形だ。
私の唾液で濡れていて非常に艶かしい。
私はたまらなくなって千秋を押し倒し、同時にカットソーを脱がした。

「いやっ」と声にならない叫び声をあげたが、千秋の大きな胸が重力で潰れている。

このとき気付いたのだが、改めて見ると非常に色が白い。
千秋は胸を右手で隠そうとするが完全に隠れていない。
私は千秋の上に馬乗りになりキスをした。
いやらしい大人のキス、千秋は恥ずかしがっていたが抵抗などはせず、身体を固くしていただけだった。

柔らかい唇に私の舌が触れ、入り込もうとする。
だが千秋はその侵入を許さない。
私は千秋の身につけているスカートとパンツが邪魔になり、スカートに手をかけた。
このときは本気で抵抗されたのを覚えている。
ただ私は男で千秋は女。
この腕力の差はどうにもならず、私は破くような力で乱暴に下着を剥ぎ取ると、仰向けになっている彼女の股の間に顔をうずめた。
明るい部屋なのであそこの形がよく見える。
千秋は片手で顔を覆い、右手で私の頭を押さえつけ、舐められないように抵抗している。
子供を2人も産んでいて年も30代後半なのに結構きれいなあそこ。
かなり薄く柔らかい陰毛があそこを守るように申し訳なさそうに生えているだけである。
シャワーを浴びてないからか少し汗と女の匂いがする。
あそこはもう熱くドロドロに濡れていて、千秋が興奮しているのが分かる。
初めての浮気、旦那以外の初めての男に触られて、見られて興奮しているんだろう。

「とても濡れているね」

私が囁くと両手で顔を覆って固まってしまった。
千秋の体勢は出産のときの格好だった。
あそこに口をつけて舐め始めるといやらしい女の味がした。
また千秋は感じ始めた。
どうやら入口の横辺りが感じるらしく、そこを舐めると、「んっ、ふっ」と声にはならない息遣いがした。
おそらくクンにぐらいは旦那にもされているだろう。
でも旦那とは違う舌使い、攻め方に新鮮さを感じ、ドキドキしているはずである。
時々、「だめ」と声を出す。
もう後戻りはできないと自分でもわかっているはずなのに・・・。

クンニで十分舐めた後、私はもうたまらなくなってペニスを入れようと思った。
一番興奮するのは、旦那しか知らない人妻に自分の性器の味を知ってもらうことだから、たまらなく興奮していた。
本当はフェラやアナル舐めもしたかったが、初めてでは無理だろうと思ったのもあった。

千秋の股の間にぐいと入り込むと、千秋は何かを察したのか覆っていた両手をどけ、私の方を見た。
おそらく千秋の目には私のギンギンになって先からダラダラと我慢汁が出ているペニスが映っただろう。
千秋の表情は少し怯えて切なそうな顔であったが、覚悟を決したような表情でもあったように思えた。
旦那以外の初めてのペニス。
旦那や子供を裏切り、他人である私の肉体の一部を身体の中に受け入れるのだから、生涯私のことを忘れられないだろう。

私は右手で千秋の腰を持ち、左手でペニスを持って千秋のあそこに導き、そっとあそこに接触させた。
亀頭と千秋のあそこを接触させると、お互いの粘膜が擦れてくちゅくちゅと音が出る。

「だめ・・・お願い」

千秋が声を出した。
だが、もう抵抗するような素振りはない。
たぶん旦那や子供に対する罪悪感で自然と出た言葉なんだろう。
身体はもう完全に私のペニスを受け入れる状態になっている。
なんて可愛いんだろう。
少し腰を前に出すと、千秋は腰を引く。

「だめ」

もう一度言ったときに、ぐいと腰を突き、千秋のあそこに私のペニスがわずかな抵抗で入っていった。
千秋はびくんと身体を揺らし、「ふぅー」と大きなため息をついた後、諦めたように力を抜いた。
私のペニスが千秋の中に入った瞬間、千秋は他の男を知ってしまった。
これは彼女が死ぬまで消えることがない事実なのだ。
千秋はどんな気持ちだったんだろう。
他の男の生殖器が自分の中に入ってくるのだ。
旦那や子供とも仲が良いはずなのにそれを裏切って・・・。

気づけば千秋の胸の辺りがピンク色に変化している。
興奮し、気持ちが高揚しているのだろう。
私は入れたまま動かずにべっとりと身体を千秋の上に預け、キスを求めた。
だが口を閉じて私の舌を受け入れてはくれない。
私は腰をゆっくりと大きく動かし始める。
感じる場所を探しながら・・・。
どうやら入口の上の方が感じるらしい。
大きな声は出さないが、両手でシーツを掴み、我慢しているようにも見える。
私は感じるポイントに重点を絞り、徐々に速く動き始めた。
千秋は泣きそうな顔で何かを我慢している・・・。
私にはなぜか判らなかったが、旦那に少しでも誠意を示そうとしていたのだろうか。

「声を出してもいいよ、旦那とは違う感覚で気持ちいいでしょ?」

あえて旦那のことを思い出させるようなことを言った。
その途端、彼女が堰を切ったように声を上げ始めたのだ。
おそらく我慢してたんだろう、甲高いそそる声で感じ始めた。

「ねえ、旦那とは違うでしょ?」

意地悪に囁くと膣が締まる。
罪悪感に興奮しているのだろう。
30秒ぐらいだろうか、腰の動きを一定に保っていると、千秋が顔を枕にうずめるように横を向き、身体を4度5度びくびくっとさせた。
足もピンと反っている。
膣も締まるような感覚だった。
私もびっくりしたのだが、わずか1、2分で千秋はイッてしまったのだ。
私の中にものすごい優越感が生まれた。
旦那以外の男のペニスで思い通りに感じさせられているんだから・・・。

千秋の顔は赤く高揚している。
私も興奮していたが、まだまだ射精までには余裕があったので、さらに速く突き始めた。
千秋はもう恥じらいもなく声をあげている。
何度千秋はイッただろうか?
さすがに私も少し疲れ、べったりと千秋の胸に身体を預けてキスを求めた。
完全に私に支配された千秋は私の舌を難なく受け入れ、長い長い大人のキスをした。
キスを許すことは完全に私に心を奪われたことを意味する。

私は千秋を四つん這いにして後ろから突き始めた。
私はこの体位が好きだ。
女を完全に支配している気になるからだ。
動物本来の交尾のような気がして、受精することを許した者のみとする行為だという感覚になれる。
たぶん千秋もそのようなことを考えていたのだろう。
後ろから突くといい声で鳴いた。
千秋は尻が大きいので肉の感触がたまらなく良かった。
そのまま動いていると射精感が出てきたので、体位を正常位に戻した。
本当は中出しをしたかったのだが、最初ということもあり、千秋の大きな胸にかけた。

2時間ぐらい寝て、一緒に風呂に入り、家に帰った。
シャワーの時、千秋は思い詰めたような顔をしていた。
やってしまった・・・みたいな。
それにもまた興奮した。

服を着ると元の清楚な千秋に戻った。
でも私はいやらしい彼女を知っている。
彼女の体の隅々を知り、私の性器で彼女を絶頂まで昇らせ、身体を支配した。

どんな顔をして子供と会うんだろう?
どんな気持ちで旦那に抱かれるんだろう?

そんな事を想像するとゾクゾクしてたまらなかった。