結婚して10年、8歳年下の妻は34歳、木村文乃に似た美形だ。
そんな美人妻の裕子が俺以外に知っている男はただ一人。
それは、処女を奪われた上にマゾ調教された、俺が昔勤めていた工務店の社長だ。

家が貧しく、奨学金を借りて大学に通っていた裕子は、大学2年になってアルバイトだけでは家賃が滞りそうになり、社長に口説かれて愛人になったのだ。
毎月10万円のお手当で社長に抱かれる裕子を初めて見たとき、俺は恋に落ちてしまった。
こんなにもピュアで透明感溢れる20歳のお嬢さんが、金のために55歳のオヤジに股を開くとは・・・ショックだった。
しかし社長が裕子を愛人にするとき、俺は社長の奥様のご指名で奥様の愛人にあてがわれたので、俺と裕子は共に愛人上がりだった。
社長は、裕子が2年生の時までは、処女を奪ってから性感を教え込む普通のセックスをしていた。
一方で俺は・・・、椅子の肘掛けに膝をかけるようにして股を開かれて縛られ、51歳の社長の奥様にチンポとキンタマとアナルをいじめられていた。

「達ちゃん、あなたずいぶんデカチンね。まあ18センチもあるわ・・・そして若いからカチカチ」

俺はキンタマを麻紐で縛られ、アナルにゴルフボール大のアナルボールを捻じ込まれ、先走り液を垂らしてゼイゼイしていた。
そこに奥様のどす黒いマンコが迫り、生のままチンポが呑み込まれていった。
腰を振る奥さんが喘ぎながら言ってくる。

「達ちゃん、私、達ちゃんの子供が欲しいのよ・・・中に出して孕ませて・・・」

必死で我慢しても、最後、キンタマを縛る紐が解かれると一気に血流が戻って、精液が奥様の子宮へと注がれていった。
結局妊娠はしなかったが、51歳でも奥様にはまだ生理があったので、精液を搾り取られるとき、俺は気が気ではなかった。

裕子が大学3年の後半になると、俺は社長に連れられて、社長が裕子をマゾ調教する様子を撮影する係にさせられた。
裕子は全裸でM字開脚に緊縛されていた。
最初に俺が部屋に入ったときは・・・。

「いやっ!人を連れて来るなんて・・・」

恥ずかしがっていた裕子だが、クリトリスを専用の責めグッズで徹底的に嬲られると、絶叫しながら連続イキをして激しい痙攣を繰り返していた。
俺はその様子を撮影しながら、チンポをはち切れそうに腫らしていた。
社長はクリ責め器具を裕子のクリトリスから離さない。

「ヒィーーー!イグーーッ!」

裕子は白目を剥いて、口をパクパクさせて動かなくなった。
M字に開かれた足の中心には、社長の奥さんのそれとはまったく違うピンクのワレメがクパァと開き、真っ赤に充血して膨れたクリが震えていた。
裕子が覚醒すると、容赦ないクリ責めが再開された。

「ヒギィィィィィィィィーーーー!ダメーーーッ!イクッイクーーーーーッ!」

激しく潮を噴きながら裕子は縄を白い肌に食い込ませて痙攣して、再び気を失った。

「達也君、見ておれよ・・・」

社長はパンツを脱いで、半起ちの赤黒いチンポを裕子のマンコへ入れて腰を振った。

「情けねえ話だが、ここまで綺麗な娘を辱めてもやっと半起ちなんだ・・・。オウウッ・・・はあはあ・・・もう出ちまった・・・。チンポの立ちが悪くなっただけでなく、早く出ちまうようになってな・・・」

挿入から僅か2分、ポッカリ開いた裕子のマンコから萎えた社長のチンポがズルリと吐き出され、ダラダラと社長の精液が流れ出ていた。

「ああ・・・この娘にはピルを飲ませているから大丈夫だ」

美しい清楚な女子大生が56歳のオヤジの精液に汚されていく様子を撮影した俺は、いつまでもその光景が忘れられないでいた。

その数週間後・・・。

「新しいクリ責め器具を手に入れたんだ。また達也君に撮影をお願いしたいんだが・・・」

裕子をM字開脚に縛り上げると、社長は裕子のクリトリスにローションを塗り始めた。
社長は、吸引器とローターが一つになった『クリバキューマー』と言う赤い透明な責め具を取り出し、電池を入れて裕子のクリトリスへ吸い付かせた。

「ウウッ・・・」

裕子のクリトリスはみるみる吸われて巨大化したと思ったら、ヴィーンとクリトリスを振動させ始めた。

「キャーーーッ!ダメーーーッ!イグゥーーーッ!」

あっという間に裕子は気絶してしまった。
クリトリスってこんなにデカくなるんだ・・・というくらい、筒の中で吸われて膨らんだ状態のところを振動させられたら女はたまらないだろう。

「次は、このスティック状のバイブで、デカチンを入れられたときのポルチオ性感を引き出して、中イキの感度を上げてやるよ」

社長は、20センチはありそうなスティック状のバイブを裕子のマンコの奥まで挿入した。
きっと先端は裕子の子宮口に当たっていると思われた。
社長がバイブのスイッチを入れるとローターが激しく唸る音が聞こえ、気絶していた裕子が体をヒクつかせて感じ始めた。

「アァ・・・アァ・・・アァン・・・アアッ・・・」

裕子の腰がいやらしく動き出し、少しでも良いポイントに当てようとしていて、喘ぎ声も激しく、息遣いも荒々しくなっていった。
社長はクリトリスに吸い付いているクリバキューマーのスイッチも入れた。

「ヒギィィィィィィィィ~~ダメェーーーーッ!イクッ!!イッちゃうっ!イクーーーッ!イクイクイクイクーーーーーッ!」

縛られて身動きできない不自由な体を仰け反らせて、裕子は激しくイキまくった。
さらに社長はスティックバイブの振動を最強にして、裕子のマンコの中を責め立てた。
ポルチオ性感が刺激されて連続イキっぱなし状態の裕子・・・。

「ダメェーーーーーーッ!ダメダメェーーーーッ!イ、イグーーーーッ!」

全身汗だくでイキ続ける裕子は、快感が苦痛になるほどの快楽地獄を味わっていた。
イキまくって力の入らない裕子の体を自由にしてやった社長は、裕子をベッドに寝かせた。
マンコにはスティックバイブが刺さったままだったが、半分出てきていた。
そのバイブを再び社長に押し込まれて、その強烈な快感で裕子は半狂乱になっていた。
しかしマンコはヨダレを流して更なる快楽を求めているようだった。

意識が朦朧としてきた裕子は清楚さも羞恥も忘れて、自由な身体で感じていることを素直に表現していた。
だらしなく開いた裕子の口に社長が半起ちのチンポを突っ込み、イラマチオで強引に犯しても裕子は従順に舌で奉仕していた。
社長はチンポを裕子に咥えさせたまま69の体勢になり、裕子をマングリ返しにしてマンコをスティックバイブで弄り回した。
裕子がえずくと、手が滑ってバイブから外れて指がアナルに当たった。

「アァン・・・」

それは明らかに感じたときの声だった。

「なんだ・・・お前はケツも感じるのか?ケツ穴を弄られて喜ぶ変態だな」

社長はローションをアナルに流し込むと、コンドームを被せた中指を裕子のアナルに捻じり込み、ゆっくりと穿りだした。

「アアァ~~・・・そ、そこはダメェーーーッ!」

マンコからバイブを抜いてマンコにも親指を入れて、膣壁と腸壁越しに指を擦り合わせるようにすると裕子は潮を吹き上げた。
更に激しく指を擦り合わせ、バキューマーで肥大したクリトリスをもう一つの手の指で激しく擦ってやると・・・。

「イクイクイクイクイクーーーーッ!イックゥゥゥゥゥゥ・・・」

裕子は痙攣して激しいイキっぷりを見せた。
ぐったりした裕子に正常位でチンポを入れた社長は、クルリと回転して裕子を腹に乗せて尻を割り・・・。

「達也君、君に裕子のアナルヴァージンをプレゼントしよう。女房から聞いているが、デカいらしいじゃないか。さあ、デカチンをアナルに入れてやれ」

俺はギンギンに勃起したチンポを裕子のローションまみれのアナルに当てて、ゆっくりと入れた。

「フィガッ!」

裕子が覚醒して仰け反った。
ズブズブと根元まで、俺の18センチ砲が裕子のアナルに呑み込まれていった。

「ウガガガ・・・イヤ・・・お尻に何か入って・・・イヤアァァァァァ!」

後ろからアナルを俺のチンポで貫かれていることに気付き、裕子は悲鳴を上げた。

「ウオオッ!し、締まる・・・こりゃあスゲェ・・・」

裕子の下になって裕子のマンコに半起ちチンポを入れていた社長が唸った。
社長のチンポと俺のチンポが膣壁と腸壁を隔ててぶつかり合った。

「ヒィィィィーーーーッ!イ、イクーーーーッ!イクーーーーッ!」

裕子は仰け反ってイキ果てた。

裕子が大学を卒業すると社長は・・・。

「もう俺のチンポも役に立たなくなった・・・。達也君、裕子はなあ、君のチンポをマンコで味わってみたいと言うんだ。何度かアナルに入れられ君のチンポを前で味わってみたいと・・・」

こうして俺は裕子のマンコにペニスを突き立てて裕子を狂わせた。
その2年後に社長が・・・。

「悪いな、達也君・・・。俺も来年還暦だ。会社は畳むことにした。退職金は少ないが、その代わりに裕子をくれてやるよ」

こうして俺は10年前、裕子を連れて故郷に帰った。
今は木村文乃に似た綺麗なお母さんになって、田舎のオヤジ達の舐めるような視線を浴びている。
毎日のように変態三昧の性生活を送るうち、2人の子供を産んだマンコはドドメ色になり、クリトリスは割れ目からはみ出て真っ赤に腫れっぱなしになっている。
2度の出産とアナルセックスでガバガバになり、俺のペニスを根元まで呑み込んで喘いでいる。
若い頃に撮影したマゾ調教ビデオは処分してしまったが、俺の脳裏には今でも淫らな裕子の姿が刻まれている。
普段の裕子しか知らない者には、そんな過去は想像できないかもしれないが、我が妻は変態マゾ女なのだ・・・。