私には2歳年上の姉がいます。
中学3年の時、受験勉強をしていたら、姉が高校の友達2人を連れて私の部屋に来て、「ヒロキ、お小遣いあげるからオナニーして見せてよ」と言われました。
姉は私のベッドの下からスポーツバッグを取り出し、隠していたエロ本を出して・・・。

「全く、セーラー服の女の子のエッチな写真でオナッてるの知ってるんだからね。ここに本物のセーラー服の女子高生が3人いるんだから、やって見せてよ。1人500円、1500円でどう?」

中学生にとって1500円は魅力的でした。
それだけでなく姉の友達の由佳さんがとても可愛いお姉様で、(由佳さんに射精を見てもらいたい)というマゾめいた気持ちがありました。
私はエロ本を開くと、ティッシュを数枚床に広げて、パンツを脱いでペニスを扱き始めました。

「うわ~、ずいぶんデカくなるんだね・・・」

可愛い由佳さんにペニスを凝視されながら射精したときは痺れるような快感でした。
それ以降、射精を見られることに興奮を覚えた私は、月に1、2回、1人500円でオナニーを見せるバイトをしていました。

ある日、由佳さんが・・・。

「ねえ、私にやらせて」

そう言って、私の右に座ってペニスを握って扱き始めました。
由佳さんの甘い女の子の匂いが私を包み、ペニスははち切れんばかりに硬くなり、そのうち由佳さんの胸が私の右腕に当たりだして、もう限界でした。
ビクンと射精が始まると、由佳さんはティッシュに向かってペニスをギュッと下げ、ビュビュビュビュと激しく出る精液にキャッキャキャッキャ喜んでいました。
恥ずかしさと嬉しさで顔が真っ赤になっていたら・・・。

「ヒロキ、真っ赤になって・・・もしかして由佳のことが好きなんじゃない?」

姉に図星を突かれて、ペニスをブラブラさせながら更に赤くなってしまいました。
その後、私が高校生になると、姉たちは進学に向けて勉強が始まり、バイトオナニーはフェードアウトするようになくなりました。

姉は地元の大学に進み、彼氏ができて初体験を済ませたようで、私が大学受験勉強をしている時に、「息抜きさせたげようか?」とコンドームを持ちながら言うと、私の童貞を奪いました。

「姉弟でってマズいよね?」

「だからコンドームしてんでしょ。子供を作っちゃダメだから結婚はできないけど、セックスしたらダメなんてどこにも書いてないよ」

姉はそう言って、彼氏との欲求不満を私で発散していました。

やがて私は都会の大学へ進み、様々な女性と性体験をして、4年後、地元に帰って就職しました。
その就職先にいた会社のアイドルが、あの由佳さんでした。
驚いて少し怯えた表情をした私を見つけると由佳さんが寄って来て・・・。

「ヒーローキー君!何怯えてるの。大丈夫よ、昔のことなんか言わないから。ずいぶん男らしくなったわね」

相変わらず女子高生みたいに可愛い由佳さんでした。

「由佳さんは変わらないですね。姉と同い年だなんて信じられないですよ」

そう言うと満更でもない顔で、「ふふ、アリガト。でも忙しくて合コンも行けなくて、今は彼氏がいないのよね~」と言います。

「じゃあ俺が立候補しちゃおうかな。昔、手コキしてくれたお姉さんの彼氏に!」

「あら、嬉しいこと言ってくれるじゃない。私ね、実はヒロキ君のこと好きだったんだよ。でも友達の弟が好きだなんて言えないじゃない」

こうして私は姉の友達の2歳年上の由佳さんと付き合うことになり、さそくラブホに誘いました。

「あ~あ・・・ヒロキ君とこうなるんだったら、大学の彼氏に処女をあげるんじゃなかったなあ・・・」

「由佳さんは可愛いからモテたでしょう。仕方ないですよ」

「まあモテたっていえばモテたかな(笑)」

「何人とエッチしたんですか?」

「3人・・・大学時代に・・・でも・・・」

「でも?」

「何でもない。結局、私が嫌われて終わったんだ。『お前は変態だ』って言われて・・・」

「何したんですか?」

「私が生理の時、エッチ出来ないから、『私の前でオナニーしてみて』って言ったり、『手で扱いて出してあげる』って言ったの。ヒロキ君とそんなことしてたから麻痺しちゃってたんだね」

由佳さんは7年ぶりに私のペニスを見て・・・。

「やっぱり!私、大学の時代に彼氏3人と付き合って、ヒロキ君のチンチンはもっと大きかったような気がしたんだ。私の記憶違いじゃなかった。デカチンゲットだぜ!」

そう言うと美味しそうにしゃぶって、私を押し倒すように騎乗位になると激しく腰を振って、「うわー凄い凄い、これは凄い、あ、あ、あ、あああ~~」と淫らに悶えていました。
会社のアイドルが髪を振り乱して新入社員に跨がって喘ぎ乱れる姿は絶景でした。

そして、私25歳、由佳さん27歳で結婚しました。

「えーっ!幼な妻かと思ったら姉さん女房なんですか?」

そう言って驚く人もたくさんいるほど由佳さんは可愛いお嫁さんでした。
残念ながら姉は臨月で私と由佳さんの結婚式に出られませんでしたが、姉もとても喜んでくれました。

結婚生活はご想像通り、由佳さんがS、私がMで、幸せなマゾ夫してます。
特に生理が来てエッチ出来ないときは・・・。

「チンチン出して。はい、股開いて」

そんな感じで私のペニスを苛めます。
妊娠して長期のセックス禁止状態になった時は、ネットでペニス責めのグッズを購入して、私のペニスを支配しました。
射精焦らしの快感地獄に、私は何度、「イカせて」と懇願したでしょう。
コックリング、ボールリング程度はまだ可愛い方なのですが、ブジーと言う尿道責めの道具だけは苦手です。
しかし、萎えてくるとエネマグラをアナルに入れられて強制勃起させられ、結局尿道に挿し込まれてしまいます。
由佳さんはとても可愛いですが、かなりサディスティックな姉さん女房です。

第一子出産で入院した時だけは由佳さんからペニスを解放されましたが、今度はアパートに姉がやってきて・・・。

「由佳は病院だろ?不自由してんだろ?やらせてやるからありがたく思え」

そう言ってコンドームを取り出し、9年ぶりの姉弟セックスをしました。

「姉ちゃん、ずいぶん使い込んだオマンコだね」

「バカ、二児の母だぞ。このくらいにはなるよ。夫婦円満の証だよ。ああん・・・本当にお前はデカチンだな。由佳はこのデカチン狙いでお前を誘惑したんだな・・・あ、ああっ・・・」

由佳が出産して、その後2ヶ月ほど実家に戻っている間、姉と50回くらいセックスしました。

間もなく子供が2歳になります。
そろそろ2人目を考えています。
また姉とセックスできるかもしれません。
でもその時は、さすがに最後の姉弟セックスになるでしょう。