俺とトモコはいわゆる幼なじみというやつで、俺が小3の時に引っ越した先の隣の家に住んでいました。
トモコの見た目は、広末をロングヘアーにした感じです。
トモコの家は父子家庭で父親は郵便局員で時々帰りが遅いこともあり、その時はうちの親が家に呼んで一緒にご飯を食べたりすることもあり、逆に俺がトモコの家に行ってご飯を呼ばれたりすることもありました。
そういう幼なじみな間柄も高校生になるまで。
トモコはちょっとした有名進学校へ、俺は商業高校へ進学したので、お互いに日曜日とかで顔を合わすくらいに。

その日は部活とバイトが終わって自転車で家に帰っていると、徒歩の女の子がいて、ちらっと顔を見たらトモコでした。
俺は自転車を降りて、「おう、久しぶり」と声をかけました。

「あ、久しぶりだね」

「あぶねーから送ってくよ」

もう辺りは真っ暗だったので、家まで一緒に歩いていくことに。
家が隣同士なんで当然だけど家の前まで送っていくと、「ちょっと寄ってく?」と言われて、この時間なら父親もいるだろうからいいかと思って遠慮なくお邪魔することに。

「じゃあ寄ってくよ。帰っても夕食ないし」

「え、夕食ないの?」

「バイトでこれくらいの時間になる時は適当に食べるんで夕食はないんだ。あとでコンビニ行ってくるつもり」

「私も今から夕食なんだけど、良かったら一緒に食べる?」

手料理でドキドキとかそういうのはなくて(昔っからこういうのは普通にあったから)、これまた遠慮なく「じゃあ、呼ばれようかな」と。
家に上がると真っ暗で(あれ?)と思ったんだけど、どうもトモコの父親は夜勤でいないみたい。

(いいのかなぁ)

と思いつつ、勝手知ったる馴染みの家ってことで居間に上がらせてもらう。

「ちょっと着替えてくるから待っててね」

隣の部屋に行って着替えている模様。
パサパサと着替える音が聞こえてきて、さすがに意識する。
しばらくしてラフなトレーナー姿で戻ってきたトモコは、「軽く作るから、テレビでも観て待っててね」と言ってキッチンの方へ。
俺は言われるままテレビを観ながら料理ができるのを待っていました。
しばらくしてトモコが出来上がった料理をテーブルに並べて隣に座る。

(なんで隣に?)と思ったけど、単にテレビが観れる角度だったからでした。

夕食も食べ終わって、まったりと2人でテレビを観ながら学校の話とか部活の話とかをした。
トモコは中学の頃から吹奏楽部に入っていたから高校も吹奏楽部でしたが、俺が弓道部に入ったのが意外(前はバスケ部)だったらしく、「また渋い部活に入ったね」と笑っていたのが今でも印象に残ってます。
トモコは平然としていましたが、俺の方はというとさっきの着替えや隣に座っているやらで表面こそ普通の顔をしていましたが心臓バクバク状態。
さらに話している最中に手やら肩を触られるので、嫌でも異性として意識してしまうというか・・・。
そんなこんなで話をしていたのですが、ちょっと姿勢を変えようと手の位置を動かしたら、ちょうどそこにトモコの手があって、その上に乗せてしまう。

「あ、わりぃ」

すぐに手をどけたんだけど、そのとき緊張で手のひら汗びっしょりで、「暑いの?」と。

「いや、暑くはない」と答えた後、頭の中で、(じゃあ、なんで汗かいてんだ、俺!)と後悔。

「ふーん」と言った後、急に沈黙。

やばいなと思ってトモコを見ると、テレビの方を向いているけど耳が真っ赤だった。
たぶん俺もそうだったと思う。

度胸を出して、再びトモコの手の上に俺の手を乗っけてみる。
ちょっと反応したけど別に拒絶されることもなかったので、そのままお互い黙ってテレビの方を見ていました。
5分くらいそのまま黙ってテレビを見ていたのですが、意を決して肩に手をまわすと、トモコが肩にもたれかかってきて、またお互い硬直状態に。
顔を覗き込もうとすると気がついたらしく、目を閉じたので迷わずキスしました。
しばらくキスをしていると、トモコが身をよじってしっかりとこっちに向いたので、身体に手を回してまたキス。
トモコも俺の首に手をまわしてきて何度もキスをしました。

少ししてトモコが身体を離した時にトレーナーの上から胸を触ってみました。
ちょっとビクッとしていましたが嫌がっている様子もないので、そのまま胸を触りながらキスを続行。
だんだんとトモコの息が荒くなっている様子に俺もどんどん興奮してきて、ちょっと震える手でブラを外そうとするものの、構造がどうなっているのかもわからずまったく外せない。
背中でモゾモゾやっていると、キスしたままトモコが自分での後ろに手を回してブラを外してくれました。
トレーナーの裾から手を入れて生乳を揉みつつ乳首を触っていると・・・。

「そんなに・・・触ると痛いよ」

そう言われて、それならとトレーナとブラを脱がし、舌で乳首を転がしてみた。
トモコは俺の頭をギュッと抱いて、頭の上では荒い息と、時々「あっ・・・んっ」と声が。
もうここで止めるのは絶対に無理だったので、俺も上半身裸になって抱き締めながらキスをしたり胸を触っていたりしていると・・・。

「最後までしてもいいよ」

トモコが喘ぎながら言いました。
それから一旦身体を離し、トモコの部屋に移って、ベッドの上でお互いに全部服を脱いで布団の中へ。
キスしながらお互いのを触ってみると、トモコのあそこはもうぐっしょりでしたし、俺のあれもパンパン状態で準備OK状態。
もう触っているだけで気持ちよすぎて(ちなみに俺はこの時が初、トモコは経験済みでした)ずっと触っていたかったのですが、「もういいよ・・・」と言われてトモコの中へ一気に。

「あぅっ!」

喘ぎ声をあげるトモコにまた興奮して、一気に果てそうなのをグッと我慢して動けない俺。
1分くらいそのままの体勢でしたが、少し落ち着いたのでゆっくりと動かしました。
動かすたびに水音とトモコの喘ぎ声が俺の耳に入ってきます。
動かしては休み、休んでは動かしを繰り返していると、トモコも最後に達しようとしているらしく・・・。

「ね・・・ねぇ、キスして、キス・・・」

そう言って背中に手を回してグッと引き寄せてくる。
俺もトモコの首に手を回してグーーっとキスをしながら一気に腰を動かして・・・!
やばいと思いつつも、我慢できずにトモコの中で果ててしまいました。
(幸いにも妊娠はしませんでした)

こうして思い出しながら書いてみると、終始リードされていた感じが(苦笑)
付き合うとかはなくて1回だけの関係でした。
残念ながら今は音信不通になってしまっているのですが、高校の時の唯一のエッチな思い出です。