妻は48歳。
小柄で若く見えるほうです。
普段は私の会社の手伝いをしています。
会社と言っても、妻の他に従業員は3人の小さな会社です。

従業員の中に、アルバイトのA君がいます。
彼は20歳で私達の家の近くに住んでいます。
たまたまうちには求人で来たのですが、働き始めて3ヶ月ほど経ったある日、会社でA君と妻が残業で2人っきりなった時、彼の身の上話を妻が聞く機会がありました。
その中で彼女がまだいないこと、いつも家でオナニーをしていること、そしてA君は妻のことを気に入っていることがわかりました。
妻も若いA君から好意を持たれていることがわかり、少し嬉しかったようです。
帰宅後、その話を私にしてきたので、「彼女ができるまで、彼の性欲処理をしてあげれば」と私が言うと、妻も少しはその気だったらしく、少し戸惑いながらも承諾しました。

それから数日後、私はわざとA君と妻に残業するように言いました。
その夜は10時頃になって妻は帰宅しました。

私「どうだった?」

妻「エッチしたよ」

私はすぐさま妻をソファーに押し倒しました。
なんと、下着はつけていません。
彼が持って帰ったそうです。
彼の精液の垂れた跡が太ももにこびりついていました。
花弁に顔を近づけると彼の匂いがしました。

私「どこでしたんだ?」

妻「事務所の机の上」

私「何回したんだ?」

妻「2回。一度は中出し、一度はお口でごっくんしたよ」

妻が、「これから定期的に彼に抱かれてもいい?」と聞いてきたので、私はもちろん頷きました。

妻は翌日、産婦人科に出かけました。
彼のためにピルを処方してもらいに。
それから程なく妻が彼に、夫の私も公認であり、私の目を気にすることなく楽しんでいいと彼に告げました。

昼間でも、他の従業員がいない時は、私の前で妻にディープキスしたり、スカートの中に手を入れたりします。
妻も嫌がりながらも、それに応えています。
普段から妻には、いつでも彼に嵌めてもらえるように、出来るだけ下着はつけないように言っています。
なので、残業で私と妻とA君だけになった時などは、彼は私の目の前でいきなりスカートを捲って尻を出すように妻に命令すると、机に手をつかせてバックから挿入します。
そしてブラウスとブラをたくし上げ、少し垂れた乳を揉みしだきながら、そのまま妻の中で果てることもあります。
私はその光景に、この上なく興奮します。

妻とA君はカラダの相性がいいようで、私とはめったにイカないないのに、A君には毎回イカされているようです。
妻に言わせると、彼のペニスは私より一回り大きく、形が妻の感じる場所に上手く当たるので、最近はすぐにイクらしいです。
A君に抱かれるのは平日の就業後がほとんどで、場所は事務所のこともありますが、会社で借りている倉庫の中が多いようです。
ここの鍵は私と妻しか持っていませんので、誰か来ることもなくて安心です。

実は2ヶ月ほど前、アルバイトが1人辞めたので、A君に誰か知り合いはいないかと頼んだところ、高校の1年後輩のT君を連れて来ました。
まだ20歳前の童顔で可愛い男の子です。
A君と同じように、よく仕事を頑張ってくれます。

ある日、A君から頼み事をされたと妻が話してきました。
どうやらA君が妻とのことをT君に話したらしく、T君も妻とエッチがしたいと言っているとのこと。
T君は童貞なので、筆下ろしをしてやってくれないかと妻に頼んできたようです。

妻「どうしようか?」

私「お前さえ良ければ、いいんじゃないか」

私は妻に任せました。
内心、これから2人の若者に精子を注ぎ込まれるのかと思うと興奮はMAXです。
それから程なく、仕事中に妻からメールで、『今日の仕事が終わった後、T君に倉庫に来るように言ったわ』と連絡がありました。
私はあらかじめ倉庫に隠れて覗き見ることにしました。
倉庫に隠れていると、まず妻が、そして間もなくT君が入ってきました。
ドキドキものです。

T君は少し緊張しているようで俯き加減です。
妻は小柄なT君を抱き寄せるとキスをしました。
かなり長い、途中から舌を絡めた大人のキスでした。
少しT君の緊張も和らいだようです。

妻はT君のベルトに手をかけながら、「この事はA君と私達夫婦の間だけの秘密だからね」と念を押すように言うと、彼はそれにしっかりと頷きながら素早く自分でズボンとパンツを脱ぎました。

まだ誰にも触れられたことのない私より大きなペニスが、もうそそり立っています。
妻も急いでスカートを脱ぎ、ブラウスのボタンを外して前をはだけます。
下着はつけていません。
T君の前に、少し緩んだ熟女のカラダが晒されます。

妻は少し恥ずかしそうにしながらT君の手を引いて、作業台の上に脚を開いて座ります。
T君は妻の垂れ気味の乳房を揉みながら、しばらくキスをします。
先程より上手いディープキスです。
やがて黒ずんだ乳首に吸い付き、さらに妻の花弁を舐め始めました。
妻は思わず声をあげています。

しばらくT君は妻のカラダを味わうと、いよいよ挿入の体勢に入ります。
大きく脚を開いた妻はT君のペニスを自分の膣穴に導きます。
妻とT君のカラダが重なります。
程なく妻は彼のリズミカルな腰の動きに自分も合わせながら、次第に大きくなりそうな声を手を口に当てて懸命に我慢しています。

T「イキそうです」

T君が妻に告げます。

妻「いいよ、そのままイッて」

妻の声がします。
T君のペニスが脈打ち始めると、妻も熱いものを子宮に感じて絶頂に達したようです。
T君がペニスが抜くと、彼の精子が妻の膣から垂れているのが見えます。
妻はT君の足元にしゃがむと、ペニスを愛しいモノのように頬張り、お掃除フェラをしています。

妻「またしたくなったら言いなさいね」

妻がT君に言いました。
私はこれから始まるであろう妻と若者2人の複数交尾を想像しながら、そっと裏口から抜け出しました。