これは僕が小学生(12歳)の時のお話です。
今から10年以上も前の出来事です。

この年の夏、僕は都内の某学習塾の夏季講習に通っていました。
塾に行くには山手線と中央線を利用するのですが、この路線は非常に混む!
この時、生まれて初めてラッシュアワーというものを体験したのですが、小学生だった僕は毎回本気で死ぬかと思いました。
まあ数週間で慣れることができましたが、やはり体が小さいと大変です。

さて、ある日のことです。
いつものように電車に乗ろうとしたところ通常よりもさらに1.5倍くらい車内が混み合っていました。
近くの駅で人身事故があったようでした。
さすがに乗るのを躊躇していたら、後ろから来た乗客の波に巻き込まれて強制的に車内に。

ぐあっ~!

こうなると子供の力ではどうすることもできず、ただ流されるままに車内に押し込まれました。

この時すでに僕の体は押しつぶされていましたが、一瞬ちらっとセーラー服の女子高生が見えました。
そして(ヤバイ!)と思った次の瞬間には、見事に彼女の胸に顔から突っ込んでいました。
当時の僕の身長だと、彼女の胸の高さと顔の位置がちょうどピッタリだったのです。
もちろんすぐに離れようとしましたが、背後から物凄い力で押されていて動けず、ついにはその姿勢のまま完全に身動きが取れなくなってしまいました。
完璧にハマってしまって体をズラすことすらできません。
僕が女子高生の胸の谷間で藻掻いている間に電車は動き出してしまいました。

発車してからしばらくは、(何とかして離れなくては)と思って体を動かしていましたが、すぐに諦めました。
無駄な努力であることに加えて、僕が動くたびに柔らかい胸の感触が頬に伝わってくるからです。
仕方なくじっとしていたのですが、電車の振動に合わせて、ふにゅんふにゅんと柔らかな弾力が伝わってきます。
後頭部は誰かに押されてゴリゴリと痛いのですが、押されるたびに柔らかな女子高生のおっぱいに顔が埋まります。
かなり息苦しい状態でしたが、不思議と苦しくはありませんでした。
むしろ息をするたびに女子高生の甘酸っぱい匂いが鼻腔に流れ込んでくるので、このままいつまでも胸の谷間に顔を埋めていたい気分でした。

しばらくして電車がカーブで大きく揺れました。
その拍子に遠心力で後ろに引っ張られて、僕は数分ぶりに女子高生の胸の谷間から脱出できました。
もう10年以上前の出来事なので彼女の顔は忘れてしまいましたが、とてもキレイな女性でした。
こんな美人の胸に顔を埋めていたのかと思うと申し訳なくて、謝ろうとした瞬間、背後から物凄い圧力が襲いかかってきました。
逆カーブです。
このままではまた同じ状態になると思った僕は、焦って右腕を目の前にかざしました。
その結果、顔から突っ込みはしなかったものの、今度は彼女の胸を思い切り触ってしまいました。

「ご、ごめんなさい」

もう頭の中はパニックです。
腕を引き抜こうとしましたが、自分の体と女子高生の体に挟まって、ちっとも動きません。
顔を突っ込んでいた時は柔らかいとしか感じられなかった胸も、手で触ると違います。
セーラー服の生地の感触。
夏服の下のブラジャーはカップのデザインまで緻密に分かります。
そして柔らかな乳房は電車が揺れるたびに震え、指で押すたびにビックリするくらいの弾力が伝わってくるのです。

もしも現在の僕が車内で女子高生の胸を揉んだら問答無用で痴漢です。
しかし相手が小学生で、しかもわざとじゃないことが分かっていたので、彼女は何も言わずに黙っていました。
僕もしばらくすると落ち着いてきて、不可抗力だと割り切っておっぱいの感触を楽しみました。
最初は電車の揺れに任せていましたが、最後のほうは揺れに紛れておっぱいを揉んでいました(笑)
彼女は次の駅で降りてしまいました・・・。

この事件(?)の後、僕は電車に乗るときはできるだけ女性の近くに立つことにしました。
おかげで夏期講習の間、同年代の女の子に抱きついたり、女子高生のお尻に触ったり、色々と悪いことをしました。
もちろん今は反省しています。
本当です!