20年ほど前の話。
ある開業医に当直に行ったら院長に、「お風呂のときは背中を流しに行かせますから。ははは」と言われ、冗談だと思っていた。

看護婦が風呂の場所を案内してくれたので1人で入っていると、10分ほどしてからさっきの看護婦が外から、「お湯加減、どうですか?」と聞いてきた。
さらには、「お背中流しましょうか?」と聞いてきたので、「い、いや・・・いいですよ。もう上がりますから」と言ったが戸が開いて入ってきた。

白衣を脱いで下着姿だった。
20歳くらいのぽっちゃりした可愛い子だった。
湯船の中であたふたしていると、「どうぞどうぞ」と言うので洗い場にあがった。

「洗うのは仕事で慣れてますから・・・」

そう言って体中を隈なく洗ってくれた。
さすがに半起ち状態になってしまったが、「うふふ、いいですよ。男の人は皆そうですよ」と言ってペニスもしっかり洗ってくれた。
洗ったというか、明らかにシコシコとしごきだしたのでなんか頭が混乱してきて、下着の上から看護婦のオッパイを触ってしまった。
看護婦は「あっ」って言ったが、抵抗しなかったので下着をまくってみた・・・。

「先生、ちょっと待ってくださいね。下着が濡れるから脱いじゃいますね」

そう言って一度脱衣所に戻り、再び全裸で入ってきた。

「じゃあ湯船に入ってて下さい」

「あ、はい」

そう言って湯船に浸かると、看護婦は自分の体をさっと洗い出した。
そこの院長は医局の大先輩で、その日が初めての当直だった。
俺は湯船の中で、(どこまでやっていいんだろう・・・?)と悩んでしまった。

「私も入っていいですか?」

そこの風呂はセメントにタイルを張った大きな湯船だった。
看護婦が湯船に入ってきてからお互いに自己紹介みたいな話になった。

「先生、ちょっと立って下さい」

俺は湯船の中に立った。
ペニスも仁王立ちだった。

「嫌だったら言って下さいね」

彼女はペニスを口に含んだ。
俺は院長の顔が頭に浮かびながらも、彼女の肩に手を置いてされるがままになった。

(この子は院長に何て言われたんだろう・・・?)

もうどうでも良くなった。
彼女を立たせて、キスしてオッパイを揉んで、乳首を舐めて・・・。
最後は湯船の中で立ちバックの状態でペニスをちょっとあてがってみた。

「いいの?」

「あ、いいですよ。お願いします」

もう20年も前のことなのに昨日のことのように覚えている・・・。