私は今、充実した日々を送っている。
なぜかと言えば、最高に良い女とセフレの関係にあるから・・・。
私にはもちろん妻子があり、いわゆる管理職の立場にある。

昨年秋、私の課に新しく採用した派遣社員(もちろん女性)が配属になったのだが、これが大当たり。
年齢は25歳、美人でスタイル良し、性格良し、仕事も出来るときている。
当然のことながら、周囲の男どもは浮き足立ち、何かにつけて彼女を誘い出そうと努力しているが、彼女は人あしらいが上手く、その様を客観的に観察していた私は、次第に女として興味を持つようになっていった。

そんなある週末、仕事が終わるタイミングが一緒だったので軽く食事に誘ったところ、彼女はあっさりOKしてくれた。
何を食べたいか聞いたところ和食を希望したので、私が長年通っている和食屋で料理と美酒に舌鼓を打ち、その後、私が長年女を落とす場所として使ってきた渋いバーで深夜まで語り合った。
彼女は思いのほか酒に強かったが、2時間ほど飲み続けた頃には、職場の上司を相手にした固さも取れ、私を見つめる眼差しにもその気を感じさせる艶っぽさが滲んできた。

私が「そろそろ行こうか?」と優しく声をかけると、一瞬はっとした様子を見せたが、すぐに何かを覚悟したように彼女は頷き、店をあとにした。
2人でタクシーに乗り、私が「家まで送るよ」と言うと、彼女は再び「えっ」という表情を見せたが、すぐに微笑んで自分の住所を告げた。
彼女のアパートに向かう途中、私は彼女の肩をそっと抱き、もう片方の手を彼女の指に絡ませながら優しく愛の言葉を囁き続けた。

彼女の部屋に入ると、意外なことに彼女の部屋は和風で、畳の部屋に質素なちゃぶ台や座布団があり、ベッドではなく部屋の隅に布団が敷かれていた。
そんな彼女の生活の一端を覗いた私は急に愛おしさが込み上げてきて、彼女を強く抱き締め、激しく舌を絡め合った。
立ったままで彼女の服を一枚ずつ脱がせ、ブラを外すと、想像通り形の良い乳房が露わになった。
私が乳房を揉みしだき、ピンク色の乳首を吸いながら舌で転がすと、「あぁ~っ」と声を漏らして、私にしがみつくように身体を預けてきた。
彼女のパンティーに手を挿し込むと、もうそこはグショ濡れの状態で、我慢できなくなった私が服を脱ぎ始めると、彼女もボタンやベルトを外すのを手伝ってくれた。

部屋の隅にある布団まで彼女を抱えて行き、彼女を寝かせてパンティーを剥ぎ取り、そそり立った愚息を濡れそぼった彼女の生膣へ一気に挿し込んだ。
彼女の膣は程よい狭さと程よい深さで、まさに私の愚息にジャストフィット、絡みつくように我が愚息を締め付けてくれる。
私の腕の中で彼女は、「あぁ~っあっあっあぁ~っ」と歓喜の悲鳴をあげ続け、程なく絶頂を迎えるとビクンビクンと痙攣して、ギューっと愚息の根元を締め付けてきた。
少しの間、彼女が痙攣する様を見て楽しんでから、今度は裏返して尻を高く上げさせ、バックから突き挿して激しく腰を打ち付けると、彼女は再び、「あっあっあっあぁ~っ、またイッちゃう、あっあっあっあぁ~っ」と悲鳴を上げながら、ビクンビクンギューっと愚息を締め付けた。
その後、また仰向けに転がし、愚息を膣深く挿し込んで生膣を掻き回すと、すぐにビクンビクンとイキ始めた。

「もうだめ~っ、もうこれ以上イケない、壊れちゃう」

喘ぎながら懇願する彼女。

「俺はまだイッてないよ」

「ゴメンなさい、頑張るから、お願いだからイッて」

すすり泣くように言う。

「どこに出して欲しい?口の中?お腹の上?それとも君の中?」

「あなたの好きな所に出して」

嬉しいことを言ってくれる。

「それじゃあ君の中に出すよ」

彼女の生膣の中でさらに激しく愚息を動かして、快感が頂点に達したところで大量の精子を彼女の中に注ぎ込んだ。
久々に若くていい女を抱いたことと、しばらく溜まっていたこともあって、痺れるような快感と共に大量の精子が出たようだ。
彼女も私が射精したことが分かったらしく・・・。

「あぁ~っ、中が熱い、あぁ~っ」

そう叫びながら、またビクンビクンギューっと愚息を締め付けてきた。
私の腕の中で痙攣している彼女を見つめながらしばらく動かないでいると、柔らかく小さくなった愚息が、ツルンと彼女の膣から抜け落ちた。
身体を起こして見ると、彼女の膣口からドローと大量の精子が流れ出している。
中出しは過去に色んな女で経験してきたが、やはりいい女への中出しは格別に気持ちいいし、いい女が放心状態でM字開脚の姿勢のまま精子を垂れ流している姿を見るのは至福のひと時だ。

その後、朝までに何度も彼女をイカせて、私自身も合計3回、中出しを達成することができた。
普通なら、この年でこの回数はあり得ないが、私の傍らで眠っている彼女には何度でも愚息を元気にさせる魅力がある。
しばらくはセフレとして楽しませてもらうつもりだ。