当方27歳、今日、吉原で卒業してきました。
店は120分、55Kのところ。
記憶が鮮明なうちにと思い、無駄に長いのはご容赦を。

以前から気になっていた姫を勇気を出して予約。
その後はオナ禁スカイウォーカーになって、暗黒面に陥ることなく、期日までの3日を無事やり過ごす。
今日は朝起きて、爪を切りやすりをかけ、風呂では念入りに体と髪を洗い、歯を丁寧に磨く。
超暑い日で、体臭が気になるので制汗剤を使っておきました。
いざ、電車で鶯谷へ。
鶯谷の駅トイレでモンダミンみたいなので口をすすぎました。

鶯谷から店までは送迎車で行ったんですが、送迎車には他にもお客さんがいるらしく相席でした。
相席になった人が20代前半でそれなりのイケメンだったので、(なんで若くて不自由しなさそうな人がこんなところに来てるんだろう?)と不思議に思うのと同時に、なぜか意味のない嫉妬を覚えました。
もちろん車内は気まずい雰囲気です。
相席の人は携帯を必要以上に弄ってました。
私は挙動不審に街の風景をキョロキョロ。

送迎車が店に着くと即座に店からボーイさんが現れ、店内へ案内される。
店のカウンターで入浴料を払った後に待合室に通され、そこで飲み物を頼んで5分ほど過ごしました。
待合室から出ると姫が待っていました。
姫は特別美人というわけではなく、おっとりした感じの子。
喋り方がゆっくりしていて、いわゆるお仕事系ではなくて恋人系。

姫から手を繋いできて部屋に通されました。
そこで、風俗が初めてなことと、童貞であることを告げる。
童貞は大変珍しいらしく、「私でいいの?」と言ってくれました。

室内はかなり暗かったので、明るくしてくれようにお願いしたら、嫌がることもなく明るくしてくれました。
姫が三つ指をついて、「今日はよろしくお願いします」と言ってきたので、「初めてですがよろしくお願いします」と返してプレイ開始。
ベッドに座ると服を脱がしてくれて、パンツを脱いだら姫からキス。
キスが終わると乳首や体の各部を舐められつつ舌は徐々に下腹部へ。
舌の先はためらうことなく洗ってもいないチンチンへ。
そしてパクっ。

(こ・・・これは!!)

今まで生きてきて味わったことのない感覚。
吸われると熱い。
カリの部分を舐められると何かが取れちゃいそう。

その後、「じゃあ挿れるね」って言われてベッドに横になると、姫が上にのし掛かかってきて、位置を合わせてきていきなり生挿入。
感覚としては、最初に熱っ&ヌルヌル、そして次にあったかい。
これも今までにない感覚だけど、フェラと少し似ているかも。
姫は一生懸命動いてくれてる間、私が手持ち無沙汰だったのを察したのか、私の手を掴んで胸に手を伸ばしてくれた。

(あ~や~らかいな、コレ)

「揉んでもいいの?」って一応聞いてから軽く揉む。
その間もキスされたり、抱き締められたりもしながらガンガン動かれる。
マンコの感触は特にミミズが複雑に蠢いているというわけでもなく、出し入れされる際に奥に入ると熱く、入り口付近では気持ち良いという大雑把な感覚。
私の感度が鈍いだけかも知れませんが。
そんなこんなで姫の喘ぎ(確実に気遣いの演技)を聞きながら1分ほど出し入れされると、背筋の当たりが突っ張ってきて、耐え切れず中に出してフィニッシュ。

「出たよ」って伝えると「良かったね」と言ってくれました。

中に出した精液をすぐにティッシュで処理(放っておくと垂れてくるらしい)した後、お清めフェラ。
出したばっかで萎えてるけど感覚は敏感。
だけど、やっぱり挿入と似てるなあ・・・。

その後、お風呂へ移動。
先にお風呂にお湯を入れている間、なんか謎の形の椅子(スケベ椅子ではない)に座らされ、体や肛門を軽く洗われる。
その後、私は椅子に座り、姫は跪いた状態でフェラ。
初発射から3分くらいしかしてないのにも関わらず、すぐに勃起。

チンチンが臨戦体勢になると姫がいきなり立ち上がり、風呂の壁に手をついた状態で、「バックでして」とお尻を向けられる。
どこら辺に入れていいのかよく分からないが、とにかくチンチンの先を適当にお尻に近づけると、姫が誘導してマンコに入れてくれた。
立ちバックは簡単に入れられるものの、立ったままでは腰も上手く振れないし、なんか安定せずにすぐ抜けてしまう。
とりあえず、立ちバックは諦めて風呂へ。
風呂の中に入り、イソジンを薄めたカップを渡されたのでその場でうがい。
姫もお風呂に入ってきて潜望鏡をしてもらい、気持ちよく立ったところで風呂から一旦上がる。

風呂から上がったら体を拭いてまたベッドへ。
マンコを見たかったので、「見てもいい?」って聞いたらOKとのことなので、超接近して見せてもらう。
初めて肉眼で見るマンコは特に黒ずみもなくヒダヒダがあって複雑な感じ。
クリトリスは凄い小さい。

「触ってもいい?」って聞いたらこれもOKとのことなので、指を1本入れてみる。

ヌルヌルした感触で柔らかく弾力性もある。
指では奥まで届かない感じ。
さっきのお風呂で洗ったからかマンコも匂いは特にせず、舐めても大丈夫そうだと思ったので、右手の中指でマンコを弄りつつ、思い切ってクリトリスや陰唇の部分を舐めてみました。
特に味も何もしませんが、少し勢いをつけて吸うと一応演技で姫が喘いでくれました。
何回も指を出し入れしてると少し濡れてきた気がしましたが、舐めたり指で弄るのも飽きてきたのでやめると、すぐにフェラをしてくれました。

フェラで臨戦体勢になると、今度は初の正常位で生挿入。
入れる瞬間は気持ちいいけど、入れた後にどう動いたらいいか分からない。
とりあえず姫を抱き締めながら適当に動いたら、キス求めてきてくれました。

自分の想像するままの正常位を続けていると腰が疲れてきたので「疲れた」と言ったら、騎乗位に変更してくれて出し入れ続行。
おっぱい揉んだりキスしながら2分ほどして2発目を発射。
2発目を出した後、姫がティッシュでマンコを拭う前にたらりと垂れてくるのが見えてちょっと興奮しました。
その後、またお清めフェラ。

頼んでおいたドリンクを飲みながら雑談。
話下手なので、姫の振る話題に適当に合わせつつ10分ほどまったり過ごす。
姫は話をしつつも適当なタイミングでチンチン触ってきたりサービスを忘れない。

その後、またお風呂へ。
また潜望鏡をしてもらう。
フェラされるとすぐに勃起。
その後、体を拭いてもらいベッドへ。
最初は騎乗位でしたが、チンチンをマンコに出し入れしているところが見たかったので、「入れてるところをじっくり見たい」と言うと、「じゃあバックで入れてみようか」と提案される。
ベッドの上で膝立ちになり、今度はバックで入れさせてもらう。
立ちバックと違って安定していて、腰を動かすのが楽でした。
チンチンを入れて抜き動作に入る時に、マンコの皮か膜の部分が引っ張られて来るのが凄くいやらしくて印象的でした。
結構な勢いでバックで突くものの、なんでだかイクことができず、疲れてもいたのでチンチンを引き抜くと、髭剃りのシェービングクリームのように泡立ってました。

その後、体位を正常位へ変更。
腰の動かし方や角度などを教えてもらう。
でも正常位はイケないし疲れるので、やっぱり上になってもらいました。
姫にマンコの入り口付近での小刻みな出し入れや奥まで挿入等の技を披露してもらい、どっちが気持ちいいか聞かれたので、迷わず「奥まで挿入」を希望。
マグロになってイケるように頑張って意識を集中して3発目を中出し発射。
その後、シェービングクリームのようになっている泡をティッシュで拭った後にお清めフェラ。

またお風呂に入り、今度はお風呂の中で軽く雑談。
この時も適度にチンチンを刺激してくれましたが、流石に疲れてました。
ややここで時間を使い、軽く潜望鏡をされるとやっぱり勃起しました。
んで体を拭いて、またベッドへ。
疲れてたので結局騎乗位。
動くのは姫に任せて、おっぱいを揉んだり、キスしたりを繰り返しながら、2分ほど頑張って4発目を中に発射。
イッた感覚はあるけど、たぶん精液はほとんど出てなかったと思います。
姫に聞くと、1発目はドクドクと精液が流れるのが分かるけど、2発目以降は分からない時があるとのこと。

その後、お風呂で体を洗い、服を着て終了。
最後にキスをしてもらい、手を繋いで退室。
姫と別れた後、店の人に他の子のアルバムを見せられ、今回の姫の感想や好みなどを聞かれました。
その後は退店し、送迎車で鶯谷駅へ。

<感想>
・ボーイさんや店長は、やたらと丁寧。
・挿入やフェラは右手では味わえない感覚。
・騎乗位で姫の技を感じるのが一番気持ちよかった。
・匂いや味のしないクンニは別に面白くない。
・120分は長いけど、それ以下だと短いと感じると思う。
・童貞卒業に関して殊更に感動といった物はなかった。

卒業はしたものの、騎乗位でしかイケなかったため、なんか自分の力でイッたという達成感がありません。
ただ、正直セックスってこんなもんかと思ってしまうとともに、姫の反応や息遣い、肌が触れ合ったときの温かさを意識してセックスすると、また違った感想になるだろうなと思います。
また下世話な話、(他のマンコは感覚が違うのか?)という興味も湧いてきました。

ソープは究極のサービス業だけあって、姫やお店のサービス精神、気持ちよく楽しんで帰ってもらおうという意識には感服しました。
まだ未卒の人は、お財布と相談して、一度体験してみるのがいいと思います。

以上、長文・乱文失礼致しました。
卒業にあたっての参考になれば幸いです。