私が初めてソープに行った頃はまだ『トルコ風呂』と呼ばれている時代で、半分以上がノンスキンで当時は中出しが当たり前だったように思います。
ちょうど付き合っていた彼女に振られて、寂しい心と体を埋めるために通ったように思います。
たいてい終わった後は虚しい思いを噛みしめていましたが(例え中出しでも)、稀に心から楽しませてくれる子もいました。
その中でも忘れられない嬢がいます。

まだ若かった私は結構早漏でした。
しかし50半ばの今でも週に3日は女性が欲しくなるほど性欲が強いタイプですので、当時は2、3度射精しても硬度を失うことは稀でした。
調子のいい時は抜かずの5発くらいはできたものです。
もちろん、1回1回は早いわけですが・・・。

ある時、容姿も好みで話も合う嬢に当たり、全裸になって洗い場で体を洗ってもらって、フェラからバックの形で挿入。
締まりの良い肉壷にたまらず射精。
そのまま抜かずに気分良く腰を振り続け、数分で2度目の射精。
さらに、今度は少し長持ちして3度目の射精。
とりあえず満足して一度抜いて、一緒に浴槽に。

そこで潜望鏡の技を仕掛けられて簡単に再勃起。
その勃起した男茎をねっとりしゃぶりながら嬢が、「強いのねえ。さっき3度もイッたのに、もうこんなになって」と言われて、若かった私は驚きました。
だって振られた彼女ともいつも生中出しでしたが、そんなことを言われたことはありませんでした。
今考えれば、ベテランソープ嬢が、客の射精がわからないはずはありません。
ましてや若い分、量も勢いもすごいわけですから。

驚いている私を可笑しそうに見てた彼女は、「じゃあ上がろうか。いいこと教えてあげるからベッドに行こう」と言うと、私の体をバスタオルで丁寧に拭きベッドへ誘います。

「仰向けになって」

言われた通りにすると全身に舌を這わされ、簡単にギンギンになります。
念入りにフェラしてくれますが、イキそうになると絶妙にタイミングをずらされ、無限の気持ち良さが続くように思いました。
声にならない声をあげながら目を瞑って呻いていると、騎乗位でいつの間にか挿入されていました。

「どう?こうしたら、ほら、イッちゃいそうでしょ?」

彼女が腰を上下に振り、軽く肉壷を締めながら囁きます。

「うん・・・」

私が余裕なさげに頷くと、「でも、これなら大丈夫でしょ?」と腰の動きを変えました。
すると射精感が少し遠のきます。

「私がやったみたいに、今度はあなたが動いてみて」

そう言われて同じように腰を動かすと、彼女は少し眉を寄せて、「そうそう、それでいいの。これなら大丈夫でしょ」と聞かれ、私が頷くと、「女はこれで十分気持ちいいのよ」と言われました。
その日は腰の動かし方を色々と教わって、最後に彼女の自慢の技で秒殺されました。

その後、通うと言っても若い時分でしたのでお金もなく月に2回程度ですが、お店に行くたびにセックスのレッスンをしてくれました。
女性の入り口に近いポイント(今で言うGスポット)や、奥のポイント(ポルチオ)は、上手くなるまでにかなりかかりましたが、根気良く指導してくれました。
思えば、なぜこんなにも私に教えてくれたのか不思議でしたし、聞いても笑って答えてくれなかったように思います。
いつもレッスンの終わりには・・・。

「今日はこれで終わり。後はプロのテクを楽しんでね」

そう言ってソープテクで満足するまでイカせてくれました。
もちろん生入れ中出しです。
当時ではそれが主流でしたから。

ある日のこと。

「今日はまだお客さんに付いてないから、クンニの勉強をしよっか?」

ほとんどの女性の喜ぶ、あらゆる舐め方の指導がはじまりました。

「絶対に覚えておいて損はないから。舐められるのが嫌いな女なんていないからね」

その言葉は今でもよく覚えています。
そして初めて、彼女が私の拙いクンニでイッてもくれたので物凄く感動しました。

そんな感じで2年近くが過ぎたと思いますが、ある時、彼女が騎乗位でガンガン腰を振り、ギュウギュウと締めあげてくるのに応戦していると・・・。

「長く持つようになったし、上手くなったわね。私の方がイカされちゃいそうよ。今日で免許皆伝かな」

そう言うと、「もうダメ、イッちゃう」と激しく痙攣し、私の上に覆いかぶさってきました。
私にとって、初めてセックスで女性をイカせた瞬間です。
振られた彼女は、たぶん中でイッたことはなかったはずです。

その後、店に行くと、「今日はソープに来たの?それとも私に会いに来たの?」と尋ねてきて、私が「ソープ」と答えると、即尺、潜望鏡、マットプレイ、ベッドとフルコースで楽しませてくれて、「会いに来た」と答えると、恋人のようにディープキスしながら脱がせあい、お風呂でイチャイチャした後、ベッドで獣のようなセックスを楽しませてくれました。
だんだん、「会いに来た」と答える回数が増えていきました。
一度も「外で会おう」とか「連絡先を教えて」とか、私も彼女も言ったことはありませんでしたが、いつも会う前からウキウキして、会っている間は心から楽しませてくれる嬢でした。

そのうち私にも彼女ができ、結婚してからは完全に足が遠のいて店に行くこともなくなりましたが、ある日ふと思い出して店に電話すると、数ヶ月前に退店したとのことでした。
今でも時々どうしてるのかなと思い出す、忘れられない女性の1人です。