ずいぶん昔の話で、俺がまだ中学生の時のことだった。
確か俺が中3で妹は中1だった。

俺は中高一貫の男子校で、俺の中で女がどんどん神格化していた。
基本、妹には興味がないというスタンスだったんだけど、リビングで家族みんなでいる時にパジャマ姿やTシャツで屈んだ時に服の隙間から覗く胸の谷間に目を奪われてしまうことが増えてきた。
その時は妹の乳房の一部を見てしまったことに(ああ、嫌だ嫌だ)と思う気持ちと、男性校だったせいで見る機会の減った同年代の女の乳房を少し見てしまったという悦びが入り混じって、とても複雑な気持ちになっていた。

で、最初は軽い気持ちで、当時はシミュレーションのつもりだったんだと思う。
少なくとも最初は何が何でも妹の身体を触りたいという衝動はなかった。
寝る前に妹の服の隙間から揺れる乳房を少し見てしまい、(バレないようにちょっと触ってみようか・・・)という程度で、妹の部屋に忍び込んだ。

バレなければ何もしていないのと同じ。
妹の身体などそう何度も触らない。
一度だけだ。

そんな軽い気持ちだったのだが、一度触ると想像以上に興奮してすっかり癖になってしまい、毎晩のように触りに行くようになってしまった。
親が寝室に入ってから1時間待つ。
妹の部屋に忍び込む時はいつもそうしていた。

初めて触った時のことは今でも鮮明に覚えている。
ベッドの横に膝立ちになり、ゆっくり妹の布団の中に手を入れると、中は妹の体温で凄く温かかった。
そっと身体に当たらないように乳房の位置を探り当て、被せるように乳房に手を置いた。

(女のオッパイだ!とうとう触ったぞ!)

その感動は想像以上だった。
その時は例え相手が妹だろうと関係なかった。
パジャマの上から触る乳房の感触は、ただの肉に過ぎなかった。
しかし自分が触れている肉塊が、写真やまたは服の上からしか見れない女の乳房であるというシチュエーションが俺を興奮させた。
俺は起きないようにゆっくり力を入れてみたり、モミモミしたりして、妹が起きそうになるまで触り続けた。
部屋に帰ってからも妹の乳房の感触は手に残り、触った手にはまだ乳房の何かが残っているような気がして、その手で自分のチンコを擦ると物凄く興奮した。
まるで自分のチンコを妹のオッパイで擦っているような気がしたからだ。

その快感が忘れられず、毎晩のように妹の部屋に行った。
妹の乳房の感触を思い出すと昼間の授業中だろうと勃起してきて、帰ってからすぐオナニーをしたかったが、ずっと夜中になるまで我慢していた。
その頃、夜になるのがとても楽しみだったのを覚えている。
乳首を引っ張ったり指でピコピコすると乳首がどんどん硬く大きくなるのも興奮した。

そうしているうち、その時のことを思い出すと、今でも妹でオナニーしてしまうほどのことがあった日がやって来た。
夜中とは思えないくらい部屋が明るかったので、満月だったんだろうと思う。
いつものようにパジャマの上から乳房をゆっくり揉み、乳首を立たせて指で弄んだ後・・・。

(ちょっとマンコも触ってみようかな)

そう思った。

身体の他の部分に触れないよう、ゆっくり布団の中を進み股間に向かう。
そしてパジャマの上から中指を足の間に少し這わせ、いつも乳房を触るくらいの、そっとした感じでゆっくりグニグニした。
その途端に妹は、ビクッッ!!と激しく動いた。
俺は物凄く焦り、いつも妹が起きそうになると隠れている押入れに避難した。
いつも触る前にいつでも隠れられるように、ベッドのそばにある押入れを開けていたのだ。

(ヤバイ、完全に起きた。どうしよう。当分部屋に戻れない)

そう思って押入れの中に隠れ続けた。
押入れからドアまでは結構あり、ベッドのそばを通るので、妹が起きていれば完全に忍び込んだことがばれる。
微妙に月明かりが押入れの中に入り込み、顔に当たるのが気になったが、妹が起きているのなら全く音を立てられない。
俺は数時間、そこに息を潜めて隠れる覚悟を決めた。

少しすると妹の寝息がおかしいことに気付いた。
普通は静かな中に「スー、スー」という妹の寝息が聞こえるのだが、その「スー、スー」がどことなく意図的で、しかも微かに震えていた。
最初は自分の息を殺すことばかり気を使っていたが、妹の寝息の異常に気づいてから、(まさか・・・)という期待で頭がボーっとしてきた。
どんどん妹の寝息が強くなり、いつの間にか「フーッ、フーッ」という荒い息に変わっていった。
俺はあまりにも自分の予想通りに妹の寝息が変わっていくので夢を見ているようなフワフワした気持ちになった。
息が荒くなるとともに、気付けば、ギッ!ギッ!とベッドがしきりに音を立てている。

俺はもちろん童貞だったので、女のオナニーなどAVの世界のみに存在し、実際にするなど都市伝説だろうくらいのスタンスだった。
しかし目の前で、しかも実の妹がどうやらオナニーをしている。
しばらく信じられない気持ちでその場にいた。

ベッドの軋み、衣擦れ、妹の息がどんどん激しくなっていった。
何もかもが自分の予想通りになっていく。
そして、「かっ!・・・かはっ!」と水につけた顔をやっと上げて息をしたような、苦しそうな声を上げて静かになった。

しかし妹の息はまだ荒い。
俺はそんな音を聴いても、まだ今起きたことが信じられなかった。
頭に血が上りフワフワした気持ちになった俺は、(今のはオナニーだよな。たぶんオナニーだよな)と頭の中で状況を判断しようとした。
今の俺ならすぐオナニーだと判断できるが、その時はまだ妹の乳首が硬くなるだけで大喜びしていたレベルなので、妹がそんな事をするとは想像もしていなかった。

そして、(今のは間違いなくオナニーだ)と思った瞬間、俺は押入れを出て、ベッドのそばに行って膝立ちした。
これから自分が何をしようとしているのか、どういう流れになるのか、まったく判らなかった。
ただ本能のまま行動した。

「おい、◯◯。おい、起きろ」

俺はヒソヒソ声で妹に声をかけた。
よく覚えていないのだが、妹は特に驚く様子はなかったと思う。

「ん~?なぁに?」

甘ったるい笑顔で喋るような、そして普段は絶対出さないような優しい声で応えた。

「お前、今ちょっとおかしかったぞ。大丈夫か?」

考えて出た言葉ではなかった。

「うふふ、どこもおかしくないよ?」

妹が相変わらず優しい声で応えた。

「ちょっと待てよ。本当に大丈夫か?」

俺はそう言いながら妹の掛け布団をそっと取ると、「ん?ふふふ、寒いかも」と言った。
俺が、「ええと、ここは問題ないな」と言いながら二の腕をゆっくり掴み上げて、調べるようにスススと触った。

「ふふ、どうしたの?大丈夫だよ?」

妹は相変わらず優しい声で言っている。
そして俺はそのまま二の腕からスススと上がっていき乳房の横の辺りに手を這わし、そのまま覆うように乳房に手を当てた。
すると今まで優しい声だった妹の声色が変わった。

「え?ちょっと!」

ヒソヒソ声だったのが、責めるような強い口調に変わった。

「いいから!そのまま!」

俺も妹の声に被せるように強い口調で言葉を遮り、当たり前のように乳房を揉んだり、乳首を引っ張って立たせた。
今までバレないように触っていたが、今は存分に触れる。
妹は何も言わなくなり、俺に乳房を弄ばれていた。

俺はそのままパジャマのボタンを外した。
妹は直立不動の姿勢で微動だにしなかった。
月明かりで妹の乳房が薄っすら見えた。
妹は服の上から見るとぽっちゃりしている感じなのだが、薄明かりの中で白く浮かび上がっている裸体はエロ画像のように綺麗な女の身体をしていた。

俺は妹の生の乳房を両方の手で揉みしだいた。
物凄く柔らかかった。
自分が何をしているかイマイチ実感がなかった。
ただ本能のまま乳房を揉んだ。
柔らかく熱い乳房を揉み、乳首を摘んで立たせる。
それだけでは物足りなくなり、俺は乳房を揉みながらAVでやっているように舌でレロレロした。
すると妹の息がみるみる荒くなった。

(妹が俺に舐められて興奮している!初めて女を俺の手で感じさせている!)

いい気になった俺は妹のズボンとパンツに手をかけて、ズッズッとずらした。
妹は足をピッチリ閉じていたが、俺は構わず妹をスッポンポンにした。
ピッチリ閉じた足の間に指を押し込む。
その時、手のひらに陰毛のサワサワとした感触を感じた。
俺は意外だった。
俺にも生えているのだから、妹にもそろそろ生えていてもおかしくなかったのだが、その時は想像していなかった。
俺は妹に欲情はしているが、基本的に妹はまだ子供の部類だと思っていたからだ。
俺は手を離し、暗がりの中で顔を近づけてじっくり見てみると、確かにサワサワと生えていた。
そして妹の顔を見ると、妹はなんとなく放心状態のような顔になって壁を見ていた。

俺は陰毛を確認した後、また股間に指を潜りこませた。
すると、ニュルリと指が股の間に滑り込んだ。
まるで唾を溜めた口の中に指を突っ込んだ感触だった。
俺は片手で股間のニュルニュルの部分で指を動かしながら、両の乳房を満遍なく舐め回した。
しばらくそうしていると、ピッチリ閉じていた妹の足が徐々に緩んできた。

(よし、マンコを舐めてみるか!)

いい加減乳房を舐めるのも飽きてきた俺はそう思って妹の足を広げて足の間に入ろうとした。
すると妹が再び足を閉じて、「お兄ちゃん、やめて・・・」と泣きそうな声で言った。
しかし息は荒いままだった。
俺は妹のオナニー行為を知って、(なんだ、妹もエロいんじゃん)と、なんだか免罪符を与えられたような気分になっていた。
だから俺は妹に、「大丈夫、悪いことはしない。気持ちよくさせてやるだけだ。早く!足を広げて」と強めの口調で言って、当たり前のように足を広げ、股間に顔を埋めた。

舌にヌルリとした感触を感じた。
俺はどうやって舐めればいいのか判らなかったので、本能のまま舌と唇を押し付けてベロンベロンと舐めた。
妹はまったく動かなかったし、俺の興味が下半身に向かったあたりからは、「フーッフーッ」という荒い息も出さなくなっていたが、ずっと舐め続けていると無言のまま微かに腰をカクンッカクンッと動かし始めた。
そして硬くなっているクリトリスに舌をベタッとひっつけてベロンベロンと円を描くようにすると、静かだった妹が「くっ」と声を漏らし、腰を引くようにビクッビクッと動かし始めた。
最後のほうは小さく絞り出すように、「かっ!かはっ!はっ!」と言いながら身体をクネクネとしていた。
妹がしきりに腰を動かすので俺の顔はビチョビチョになった。
目の前のサワサワと月明かりに照らされた陰毛が印象的だった。

(なんだか汚い行為だな)と思ったが、興奮のほうが勝っていたので関係なかった。

しばらくそうした後、俺は射精したくなり、自分のパジャマを半分ずらし、ビヨンッと勃起して今にも射精しそうなチンコを出した。
そして妹のマンコから顔を離してベッドの側に戻り、妹の手を取って俺のチンコを握るようにさせた。
妹が力をまったく入れなかったので、「ちゃんと持って」と当たり前のように命令した。
すると妹は少しだけ力を入れてチンコを持った。
俺は片手で妹のオッパイを揉んだり、マンコをグリグリしたりしながら、もう片方で妹の手首を持って妹にチンコを擦らせた。

しばらくは妹の手コキを愉しむつもりだったが、少し擦っただけでグググッと精液が上がってきて我慢できなくなった。
俺は急いでベッドに上がり、妹に跨がって、妹の手に自分の手を添えて素早く擦って、妹の裸に射精した。
正確には間に合わず、寝ている妹に跨がる姿勢を取る途中から射精が始まった。
そのため妹の裸だけじゃなく、結構色んなところに飛び散ったと思う。

俺は暗がりの中、確認できる精液をできるだけ拭き取り、脱がせたパジャマを妹に着せてから部屋に戻った。
射精後はできるだけ優しくしたものの、妹は相当ショックだったようだ。
パジャマを着せてやる時も何も言わず放心したようになり、まるで人形に服を着せているようだった。

次の日、元気がない妹を両親がやたら心配していた。
俺もさすがに可哀想に思ったのと、親に言いつけられそうな気がして怖かったので、もう2度と妹に悪戯はしないと心に誓った。
しかし、その時の記憶は中学生の俺にとっては物凄くインパクトのあるものであり、そうそう妹の感触を忘れることなどできなかった。
しかも、それから何度か、夜中に隣の妹の部屋からやたらと軋むベッドの音などが聞こえてきた。
両親が外泊している時などは明らかにオナニーと思われる、「あっ!あっ!」という大きめの声が聞こえてきた。

しばらくはその声を聞き、妹の感触を思い出しながらオナニーで我慢していたが、ある日我慢できずにまた妹の部屋に行ってしまった。
その日も両親は外泊しており、「あっ!あっ!」という声が聞こえた。
俺はその時、もともと悶々としていた上にその声を聞いてしまったために我慢できなくなったのだ。

(よし、行こう!今日だけだ)

そう思い、自分の部屋で全裸になり、妹の部屋に忍び込んだ。
明らかにオナニーしていた声を聴いたため、気持ちが大きくなっていたのだろう。
しかも一度は俺の愛撫で妹は悶えたのだ。
一度やれば何度やっても同じという気持ちがあった。

俺はベッドのそばに行き、前回のように、「おい、起きて」と声を掛けながら布団の中に手を入れて妹の乳房を撫で回した。
すると妹は、「もう!また?この前、お兄ちゃんのせいで全然寝れなかったんだからね!」と怒った声で言ってきた。
しかし俺はその時すでに全裸で、しかも乳房を撫で回していたため後には引けなかった。

「今日だけだ。もうしない」

俺はパジャマのボタンを外し、荒い息をしながら妹の乳首に吸いついた。
妹は呆れたのか諦めたのか、また無言になり、俺に身体を貪られるままになった。
しかし、しばらく俺が本能のまま乳房を揉んだり体中舐め回していると、静かだった妹の息がだんだん荒くなった。
たぶん快感を我慢していたのだろう。
身体を固くしていたが、息が震えていたし、時折ため息のように深く「ふぅーー」と息を吐いた。
しかしマンコを舐め始めると我慢できなくなったのか、前回のように身体をクネクネしだし、腰をカクンカクンとしだした。
しかも途中からどうでも良くなったのか、我慢することなく腰をビクッビクッを俺の顔に押し付けだした。
そしてクリトリスをベロンベロンと舐めると、その時はまだ中1の癖に、AV女優のように、「あっあっあっ!」と結構大きな喘ぎ声を上げ始めた。

俺は妹も息を荒くして、しかも前回よりも激しく感じているため、妹の承諾を得たと思った。
そして前と同じように妹にチンコを持たせた。
そして妹の手に俺の手を添えて妹に跨がった。
親がいないのでチンコを擦って妹の身体に遠慮なく声を上げて射精した。
実の妹の前で遠慮なく情けない声を上げると自分が変態なことをしている気分になり、凄く興奮して、ドクンドクンと結構な量が出た感触があった。

射精した後、妹は冷静な声で、「顔にかかった・・・」と言いながら精液まみれになっていないほうの手で顔を拭っていた。
両親がいないので俺は電気を点けて妹の身体にまき散らした精液をティッシュで拭いた。
ティッシュで拭きながら、(これから俺達はこういう関係でやっていくんだろうな)とか考えていた。
しかも射精して冷静になっているので、(いや、それはそれで面倒くさいな。妹だし、ずっとやるのは嫌だな)などと都合のいいことばかり考えていた。

しかし、世の中そんなに都合良くはいかない。
裸の妹の顔を見ると、どうやら怒っているようだった。
そして精液を拭いている裸の俺に向かって、妹はぼそっと、「お母さんに言うからね」と言った。
俺は物凄く焦った。
(終わった・・・)と思った。

「ごめん、もう絶対しない」

俺はムチャクチャ謝った。
そして、「凄く気持ち良さそうだったから、◯◯がして欲しいと思ったんだ」とか「今日も、そういう声が聞こえたから来て、やらなきゃと思って」とか、どう考えても身勝手で卑怯な言い分を展開した。

「嫌ならもう絶対しないから」と何度も繰り返し言った。

最後には妹も、「本当にもう絶対にしない?次にしてきたら絶対に言うからね!」と言って、なんとか納得したようだった。

本当にあの時は怖かった。
しかし妹は裸のままだったので、俺は妹の揺れる乳房を見て、部屋に戻る時はまた自然と勃起し、興奮していた。
そして部屋に戻ってから、まだ耳に残っている妹の喘ぎ声と明るい部屋で見た怒った妹の裸、揺れる乳房を思い出してオナニーした。