ちょっと変わった性癖がある女の子と出会いました。
名前は梨花ちゃん、24歳のOL。
出会い系サイトで見たとき、彼女はこんなことを書いていました。

『梨花です。24歳。リカちゃん人形のように上品な女の子です』

これを読んで急に上品な子とセックスしたくなって、アポを取った。
会ってみると、可愛くて言葉遣いもきれいで、確かに上品な印象がありました。
セックスもまあ、マグロとまでは言わないけど恥じらい気味で、これが上品な女性のセックスなんだなって、僕なりに納得し満足でした。

でも彼女、ちょっと変わった性癖があるんです。
そのことを知ったのは3回目のセックスのとき。
その性癖、別に嫌じゃないですけど、すごく意外で、いまだに信じられません。
女性には色んな側面があるんだって思います。

場所は横浜は伊勢佐木町のいつものラブホ。

「今日は、なんか刺激的なことをしてみたいな」

「刺激的なことって、なんですか?」

最初に断っとくけど、梨花ちゃんの言葉は基本的に敬語が多いんです。
僕が5歳年上ってこともあるけど、会社でお客様と接する機会が多いので、自然とこうなっちゃったらしいです。
くだけた言葉よりも敬語の方が使いやすいんだとか。
でもその分、無意識的にストレスを溜めてる可能性もあるとか。

「そうだね、何がいいかな?」

セックス前の甘い会話。
2人とも裸でベッドに横になってます。

「何か、いいアイデアはないかな?」
「・・・いんごぜめ、とか」

「いんごぜめ?」
「淫語責めです」

恥ずかしそうに、布団で顔を隠してます。

「そんなこと、梨花ちゃんできんの?」

「少しは」(←布団の中で)

「じゃあ、それやろうか」

どうせ大したものじゃないと思いつつも、他に何もないのでやってもらうことに。

「あのぅ・・・気に障ったらごめんなさい」

「構わないよ」

すると、布団から顔を出していきなりこう言ったんです。

「お前のチンコ、相変わらず臭い?」

「え?・・・」

とても、あの上品な梨花ちゃんが発した言葉とは思えません。

「チンコ臭いかどうか、確かめていい?」

「い、いいけど・・・」

梨花ちゃんは布団を捲って僕の勃起前のチンコを掴みました。

「ぅわあ!」

梨花ちゃんは苦笑い。

「可哀想なチンコ野郎ね。こんなに小さい。さて、匂いはどうかな?うわあ、臭っさー。ちゃんと洗ってんの?」

梨花ちゃんの表情は平然としてます。
いつもと変わりません。

「私が臭いチンコを洗ってあげるから感謝してよね」

そしてフェラ開始。
竿をしごきながら裏筋と亀頭を舐めます。

うぐっ、ちゅっじゅるっ。

たちまち勃起。

「うわあ、臭いチンコがデカくなるの巻。めでたしめでたし」

僕がゴムを取り出すと梨花ちゃんがぱっと取り上げました。

「ゴム着せてあげる。ちょろちょろ我慢汁が出てんだからね。我慢汁にも精子がいるって知ってる?ほんとどうしようもないね、お前のスケベチンコは」

ゴムを装着。

「さあて、お次はそっちの番。私の臭いマンコを舐めてもらましょ。お前、私の臭いマンコの匂いを嗅いでも失神しないでね」

下半身に顔を寄せます。

「ちょっと待って。脚を開いてあげるからそこに正座して」

正座して梨花ちゃんがゆっくりと脚を開きます。

「実況中継!スケベ男が私の臭いマンコを待ちわびてまーす。臭いチンコをビンビンにして、今か今かとマンコが開くのを待ってまーす。臭いマンコ登場!お毛毛も生えてまーす。ほら、舐めなよ。言っとくけど臭いよ」

梨花ちゃんのヴァギナを舐めます。

「はぁ・・・あン。どうだ。臭いか?」
「臭くないです」

「嘘つけ!」
「く、臭いです」

「はぁ・・・ど、んな臭い?」
「ヤギのチーズみたい」

「はぁ・・・はぁ・・・」
「陰唇を開きなさい」

愛液で滑って開けにくいです。

「ちゃんと開く!」

開きました。
ピンクの陰唇の奥に白っぽい穴があります。
ヒクヒクしてます。

「臭いチンコを臭いマンコに挿れたい?」

「挿れたいです」

「そこに土下座して、『臭いチンコを臭いマンコに挿れさせてください』って言いな」

土下座します。

「臭いチンコを臭いマンコに挿れさせてください」

顔を上げたら、いつもの梨花ちゃんの微笑みが待っていました。

「ごめんなさい。悪気はありませんから」

「い、いえ」

「ここからは普通にしましょ?」

僕にMっ気あるのかもしれないけど、結構興奮しちゃいました。
またやってみたいと思ってます。

でも、梨花ちゃんに淫語責めの才能があったなんて知りませんでした。
これも彼女流のストレス解消法なのでしょうか?
出会い系で梨花ちゃんとセフレになれて良かったです。